ツールド猪苗代湖90Kmコースに向けてロードバイクを輪行。

ツールド猪苗代湖90Kmコースに向けてロードバイクを輪行してスタート地点に到着。 ロードバイク
スポンサーリンク

この記事が公開される頃は実際にツールド猪苗代湖に参加してロードバイクで走行している。なんたって今日がイベント当日だから(^^)

ツールド猪苗代湖のゼッケンとパンフレット到着サイクルエイドジャパン郡山。

案内パンフレットとゼッケンが到着した。大会の参加案内には珍しくクリアファイルに入って来た。胸に付けるゼッケンとヘルメットに貼るシールの2種類。

スポンサーリンク

サイクルエイドジャパン郡山ツールド猪苗代湖。

輪行袋でロードバイクを持ち運び!電車移動に必要なサイクリング用品。

イベント当日の申込み時間に間に合わない可能性が高かったので気になっていたのだ。わざわざ書いてあるって事は融通が利くのだろう。ロードバイクをメンテナンスして輪行袋を準備しておかないといけないな。

当日晴れて美しい湖が見れる事を期待する。天気予報によると最高気温20度以上と表示されていたが、当日は17度程度だった。それでも雨が降らなくて良かった。体育の日って本当に雨振らないんだな。

当日は最寄り駅に行ってロードバイクを輪行袋に詰めて電車に乗るわけだが、なんと先客(輪行)が居て置き場所に困った(^^;)

後で気が付いたのだが、輪行中の失敗でフレームが傷だらけになっていた。まあロードバイクはピカピカに磨いて飾られるより傷がついてもガンガン使い込まれる方が輝くだろう。

スポンサーリンク

ツールド猪苗代湖のイベント会場に向かう。

磐梯熱海駅から自転車で5分程度の場所にある郡山スケート場が受付&スタート地点だ。ゼッケン番号順にスタートだが、必ずその時間にスタートしなくても良い。

ツールド猪苗代湖90Kmコースのスタート地点。

最終スタートまでにスタートすればいいので遠方から来るライダーにとっては大助かりだ。また、ツールド猪苗代湖は土曜日開催なので、翌日日曜日も休みでゆっくりしてられる。(日曜日開催だと翌日仕事で憂鬱になる)

トラブル続出でもなんとかなるさ。

強風が吹き荒れて肌寒い。上着として着るはずだったサイクルウェアは持ってきてなかったので、気温上昇に期待する。トラブルはウェアを持ってきてないだけでなく、輪行の影響でサイクルコンピューターの位置がずれた為、計測不能に陥った。

ならばとポラールのランニングウォッチを使用するが、電池が僅かしかない。まあいいさ単純にロードバイクに乗ってツールド猪苗代湖を楽しむのみ。

ロードバイクレースでは常識のドラフティング

F1ならスリップストリーム。風が強いので、単独走行は非常に疲れる。5人以上のグループで走りたいが、なかなかそうも行かない。コース全体として3人程度の集団で走行していた。(ウェアがないので寒いし)

ツールド猪苗代湖90Kmコースの初秋の山景色。

初秋の景色が実に良い。もっと天気が良ければ格別だっただろう。半年前に猪苗代湖一周を試みた時は会津若松駅から郡山駅に向かったが、今回はその逆を走る。郡山市の街中を5Km走行すると(中山宿駅付近)最初のエイドステーションに到着。

アクエリアスと「ゆべし」があった。何の変哲もないゆべしだと思って食べたらなんと!たい焼きの味がする(∩´∀`)∩ワーイこれは美味しかった♪ゆべし恐るべし。

この山登りは歩っている人達が多かったが、クライマーの私は当然ロードバイクで登り切った。(;゚∀゚)=3ハァハァ下りはノーブレーキでぶっちぎったらこれまでのロードバイク歴で最速のスピードが出た。(この速度はプロのロードバイク選手やトライアスリートの世界)

スポンサーリンク

平坦だけでなく登りや下りも適度なコース。

ツールド猪苗代湖のエイドステーションに立ち寄る選手達。

トレイルランでもロードバイクでも下りはノーブレーキが鉄則。突撃するのだ!だが、トレイルランはともかくロードバイクでは程々にした方が良いかも知れんな。膝が痛いのにも関わらず、ダンシングも駆使して登った為、足が急速に疲労して攣りそうだ。

 

普通にペダルを漕ぐのもままならない。回復まで30分はかかっただろう。適度な登りがあって楽しいな♪自然の景色は紅葉が始まったばかり。この山岳地帯を過ぎると車も少なくて田んぼや畑が広がる。

暗くて距離の長いトンネルは速く抜け出したい。

ツールド猪苗代湖のエイドステーション東光寺に立ち寄る選手達。

途中、トンネルが数か所あるが1つ1つの距離が非常に長くて大型車が脇を通るので恐怖。自転車のライト程度では周囲を照らしきれず、トンネル内のライトが便り。一刻も速く出口に向かいたい。

 

場所に寄っては歩道が幅広くてそっちなら楽なんだがと時折思う。そしてエイド7東光寺に到着。(63Km地点)スタートしてから空腹感にさいなまれているので、兎に角食べたい。ここには湘南そばと汁物があり、少しでも空腹を満たす。

イベントは大勢で参加してこそ楽しい♪

ツールド猪苗代湖のエイドステーションで腹ごしらえする選手達。

スタート時間が遅かったので、最後尾を走ってるのかなと思っていたが、そうでもないらしい。折角イベントに参加してるのだから大勢で走ったほうが楽しい。エイドを出て三森トンネルを通過。後ろから車に追突されない事を願って進む。

 

段々と自然の風景から街の景色に変わってきた。エイド9西荒井に到着。(80Km地点)ここでは芋煮とソーセージがあった。気分的にはもっともっと距離を走りたいが、これ以上足を疲れさせると「ハセツネカップ」で走れなくなる。そう言う意味では猪苗代湖一周90Kmは丁度良い距離だ。

ゴールまでの残り少ない距離を惜しみつつ進む。

ツールド猪苗代湖のエイドステーションで芋煮を食べる選手達。
ゴールまではまた田んぼや畑の景色の中を進む。若干の登りの後、見覚えのあるスタート地点が見えてきた。そしてゴール!郡山スケート場に到着。ツールド東北と比べれば小規模ではあるもののこれはこれで楽しめた。

雨も降らなかったし、思いのほか膝の痛みは悪化しなかった。自然の景色を見ながらロードバイクで走行できたのは良かった。次はいよいよ「ハセツネカップ」だ。ロードバイクのクライマーからトレイルランナーとして国内屈指の大会に挑む!

この後、注文してたビアンキのロードバイク(チェレステカラー)が店に到着したと連絡があった(^O^) 注文から2ヶ月で到着とは早過ぎる(^_^;) そもそも予約時は2015年1月入荷予定だったからな。

なので、「ビアンキのビアニローネ7購入!自転車(ロードバイク)通勤開始」に続く。

ロードバイク
スポンサーリンク
関連記事
音楽聴きながらトレーニングするならアマゾンミュージック。

記事を読んだらいいねしよう!
最新情報をお届けします。
この記事を友達とシェアしよう!
美山走希をフォローしよう!
メールマガジン無料登録

ブログ更新をメールでお知らせします。

トレイルランナー
美山走希

UTMFを目指すトレイルランナー。まずはFTR100K・武尊山140Km・阿蘇ラウンドトレイルの完走が目標。

美山走希をフォローしよう!
トレイルランの相談はLINEで!
トレイルラン・フルマラソン・ロードバイク等の趣味ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました