仙台泉ヶ岳トレイルランの疲労はザバスリカバリープロテインで回復。
Sponsored Link

仙台泉ヶ岳トレイルランの疲労はザバスリカバリープロテインで回復。

仙台泉ヶ岳トレイルランを走っているトレイルランナーを見つめる小動物。 トレイルランニング
Sponsored Link

仙台泉ヶ岳トレイルランと同日に開催されていた「ウルトラトレイル・マウントフジ」のリザルトが発表された。

完走率 UTMF男子 41.9% UTMF女子 39.9% 

UTMF全体 41.5%

STY男子 88.6% STY女子 83.7% STY全体 87.7%

UTMFの完走率の低さに唖然Σ(゚Д゚)それに反してSTYは完走率が高い。上位40%の選手しかゴールできないなんて…。地道にトレーニングするしかないと思うのであった。

Sponsored Link

仙台泉ヶ岳トレイルラン前回記事の続き。

仙台泉ヶ岳トレイルランの川を渡るトレイルランナー達。

ある程度コースを進むが、空腹と言うより飢餓状態になってきた(゚A゚;)ゴクリエイドに置いてあった「ブドウ糖」って飴が最後のエネルギー源。ハンガーノックになる訳には行かない。第4エイドに到着。確かに焼きおにぎりがあった。(´~`)モグモグ

更にコカコーラで水分補給。いつもエイドステーションでは5分以内に離脱するのだが、今回は10分は休んだだろう。最後の急登に挑む為に休んでおく必要がある。ちなみにこの休憩によって前後にランナーの姿はなくなり、ほぼ単独走になった。

去年と比べると大分調子が悪い。「無事これ名馬」無事にゴールすればそれで良い。北泉ヶ岳から水神付近は大きな岩がゴロゴロ転がっていて危険。去年この場所で負傷して救護されてるランナーがいた。

黒鼻山から泉ヶ岳付近は急登が続く。

もはや筋力・体力の大半を消耗した。登りでの心肺機能がもたない。登っては休み登っては休みの繰り返し。視界に他のランナーはいない。たまに熊鈴の音が聞こえるだけ。ポラールのM400HRのGPSで高度が計測されてるはずだが入手して間もない為、いまいち使い方がわからん。

ただ距離が解るだけでも救いだ。泉ヶ岳頂上に着いて一息付いているとなんと驚き「スイーパー」出現。つまり最後尾のランナーが来たわけだ。

これにより昨年より通過時間が大分遅いと実感した。※昨年は30Km。しかし、後は下るだけなのでなんとかなる。制限時間も問題ないようだ。そしてゴール!

兎に角「豚汁」食べたい(∩´∀`)∩ワーイ

枯渇した体に糖質を補給した後はタンパク質が必要。サンプルとして送付されていた明治ザバス「プロ」リカバリープロテインを飲む。グレープフルーツの味はいいのだが、「プロ」は高くて買えないな。

ホエイプロテインで筋力強化!トレーニング効果を最大限に高める。
数年前ダンベルでトレーニングするようになってから常にホエイプロテインを摂取している。かつてタイプ1ストレングスを2.5Kgを購入して使っていた(5年くらい) しかし、マラソン大会の試供品で「アクアホエイプロテイン100」を試飲したら中...

なんにせよ糖質とタンパク質の補給完了。後は休養を取ってダメージの回復を計るのみ。

完走時間を見てみると去年の30Kmと今年の25Kmは同時刻にゴールしている。今年は5Km短いのだからゴールまで相当時間がかかった事を表している。次はいよいよハセツネカップへの挑戦。必要装備を改めて検討中。

ハセツネCUPの参加案内と攻略マップ到着71.5Kmの対策」に続く。

コメント

大会前に宿泊先を予約しよう!

大会前の宿予約は楽天トラベル!
日本全国の宿を探せる楽天トラベル。 スポーツ大会にエントリーしたら部屋が空いてるうちに予約しよう。楽天トラベルなら大会会場に近い宿も探せる!
タイトルとURLをコピーしました