トレーニング効果を最大限に発揮するならタンパク質が2倍必要。

トレーニング効果を最大限に発揮するならタンパク質が2倍必要。 ハーフマラソン
スポンサーリンク

運動をすればそれだけエネルギー消費量が多くなる。だから食事で得るエネルギー量も増やす必要がある。消費したエネルギー量と同等かそれ以上のエネルギーを摂取する事で筋肉が作られる。体脂肪を燃焼して筋肉を付けるなら運動と食事は切っても切れない関係だ。

スポンサーリンク

スポーツ選手は2倍のタンパク質が必要。

ロードランナーにもお薦めノースフェイス製マンタレイベストを評価。
トレーニングをすると多くのエネルギーが必要になるが、それは必要な栄養成分が増える事でもある。つまり、ご飯やパンのような炭水化物だけを食べていても筋肉は作られない。食べる量を増やすだけでなく、各種栄養素もしっかり取る必要がある。

長距離走で力を発揮するアミノ酸とは?糖質と蛋白質が豊富な携帯食料。
いよいよUTMF(STY)に挑戦する。3度目の抽選でようやく当選したのだ。UTMF(STY)に出場するには2段階のステップがある。まずは必要ポイント数の獲得。その後の抽選だ。特に2017年大会は開催されなかった為、出場に4年掛かった。 ...

運動(ウエイトトレーニング)をすると筋肉が激しく消耗される。消耗した筋肉を修復して増強させるには一般人の2倍タンパク質が必要。体重50Kgの一般人ならタンパク質は50gで良いが、アスリートなら100gのタンパク質が必要だ。

ビタミンやミネラルも摂取して強い筋肉を作る。

猫背を治す方法は筋力トレーニングにあった!姿勢の悪さが改善。
スポーツ選手なら筋肉を鍛える事がその競技のパフォーマンス向上につながる。だからタンパク質を豊富に摂取する事はとても大事。更に忘れていけないビタミンやミネラルも軽視してはならない。タンパク質と同様に運動で沢山のビタミンやミネラルが消費される。

ボトル装着で快走できる!エンデュランスベルトとマンタレイの収納。
エンデュランスベルトなら水分と補給食を保持したまま快走できる。まさに夏仕様のウエストポーチだ。防水性も高いので、突然の雨にも対処できる。スマートフォンが防水でなくてもジッパーポケットに収納すれば安心。水分と補給食を持って走るのがトレイルランニングの常識。これまで山を走る時はザックだったが、エンデュランスベルトだとより軽い走りができた。

偏った食生活だとビタミンやミネラルが不足しがちなので、意識して摂取する必要がある。プロテインならタンパク質の他にもビタミンやミネラルも配合してある。炭水化物を含んだプロテインからタンパク質を重視したプロテイン等、種類は様々だ。

ザバス・アクアホエイプロテイン。

ダイエットで体脂肪や体重を減らす極意は「筋肉づくり」にあった。
タンパク質の1日あたりの必要量は成人男性で70g女性で60g。これは運動をしない一般人の目安。スポーツやフィットネスを行う人なら体重1Kgにつきタンパク質2g必要。タンパク質を食事だけで摂取するのは難しい。

こんなに違うロードランナーとトレイルランナーの走り方と行動心理。
トレイルランナーは舗装路もある程度走れないと厳しい。そんな事からフルマラソンやウルトラマラソンに出場する事も珍しくない。トレイルランの世界基準(UTMB)は170Kmだからウルトラマラソンを走って鍛えるのだ。大会では必携品と言って必ず持参すべき物が決まってたりする。その他、飲料や食料を揃えるのもトレイルランナーの楽しみなのだ。

ステーキのような肉類でも15%から25%しか含まれていない。つまり、肉を100g食べても含まれるタンパク質は15gから25g程度なのだ。また、高タンパクの食品には脂肪が多く含まれているので、注意が必要。プロテインを利用すれば「脂肪」を気にせずタンパク質を補給できる。

サブ5・サブ4の練習に最適!大会で結果を出せるマラソンシューズ。
シューズのアッパーや、サイド部分には柔らかい素材が使われていて足を保護する。ソールはニューヨーク6に似ていて、滑りにくい。ニューヨーク6を履いてたなら違和感なくDSトレーナー23を履ける。サブ5からサブ4を目指すなら必須のシューズだ。

値段の高いステーキを食べ続けるより遥かに楽で安上がりなのだ。プロテインを選ぶなら「ザバスプロテイン・香るミルク風味」がお薦め。タンパク質の他にもビタミンやミネラルも摂取できる。プロテインでより強い身体(筋肉)を作ろう!

サプリメントのプロテインとかアミノ酸って何なの?栄養補助食品とは」に続く。

マラソン大会情報関連記事。

コメント

タイトルとURLをコピーしました