伊豆トレイルジャーニーと神流マウンテンランを完走してUTMFに挑戦。

伊豆トレイルジャーニーと神流マウンテンランを完走してUTMFに挑戦。 トレイルランニング

ファントレイルズ100KのFTRにエントリーするはずだったが、予想以上に早く受付が締め切られた。まさか開始から2日間で終了するとは思わなかった。折角、楽しみにしていた大会だけに残念。

FTR100を完走してからUTMFに挑戦したかった。そのFTR100にエントリーできなかったから代替の大会を探した。正確には目星を付けていた。

11月には群馬県の神流マウンテンラン&ウォークがある。それのスーパーシングルにエントリーする狙いだ。FTRにエントリーできなかった今年こそ参加するチャンスなのだ。

スポンサーリンク

日本山岳耐久レース(ハセツネCUP)のエントリー。

大阪マラソン2016インテックス大阪にゴール!サブ5の行方は?

気を取り直して次のエントリーへ。2017年6月1日その時は来た。日本山岳耐久レース(長谷川恒男CUP)のエントリー開始日である。このエントリー当日に向けて1周間前から準備していた。

先着順の大会はいかに用意周到に準備するかが勝負の分かれ目。大会に向けてトレーニングする。それと同様に大会のエントリーの為に準備するのだ。用意周到に準備した者がエントリー当日に力を発揮する。

日本山岳耐久レースのような超人気大会は3分以内にエントリーを完了させるのが理想。4分以上経過すると定員に達する可能性が飛躍的に高くなる。今回も無事、3分台でエントリーを済ませた。

伊豆トレイルジャーニーは12月開催になって人気低下?

UTMB2017日本人当選者は303人!土井陵や原良和・松永紘明も参加。

当初3月に開催されていた伊豆トレイルジャーニーは2016年から12月開催になった。12月の寒い時期に走りたくねーと思うランナーが多かったのか、抽選申込者は少なかった。

つまり抽選に応募したランナーは全員当選。募集を再開したものの、定員に達しないまま受付期間終了となった。2017年も高い確率で当選すると見られる。

日本山岳耐久レース(ハセツネCUP)にエントリーできる人達は他のどんな大会でもエントリーできる技術がある。先着順の大会で無類の強さを発揮する。神流マウンテンラン&ウォークもエントリー合戦なので、きっとエントリー完了できるだろう。

神流マウンテンラン&ウォークと伊豆トレイルジャーニー。

あなたは完走できるか?100Km以上のトレイルランニング大会一覧。

だが、万が一の時もあるので、伊豆トレイルジャーニーの抽選にも応募するのだ。10月に日本山岳耐久レース11月に神流マウンテンラン&ウォーク12月伊豆トレイルジャーニー。

これなら11月の神流マウンテンラン&ウォークに失敗しても12月の伊豆トレイルジャーニーに出られる。神流マウンテンラン&ウォークは7月1日エントリー開始。

伊豆トレイルジャーニーの抽選結果が出るのが7月13日だから神流に決まれば伊豆トレイルジャーニーを切る事もできる。2018年はのんびりしてないでファントレイルズ100K(FTR)のエントリーを済ませるぞ!

信越五岳トレイルランが160Kmに延長!

信越五岳トレイルランニングレースが100マイル(160Km)の大会になった。例年なら大会要項を発表し、エントリー時期も判明するのだが、何の発表もないまま2017年5月も終わろうとしていた。あまりの遅さにインターネット上ではもしかして100マイルになるのでは?とささやかれていた。

読めば完璧!トレイルランニングのブログ記事10選(攻略対策情報)
トレイルランニングと言えば背中に背負うザック(バックパック)である。これからトレイルランニングを始める人達はどれを買えば良いのかわからないと思う。トレイルランニング用ザックで世界で1番使われているのはサロモン製品だ。 他にノースフェイ...

間もなく6月になろうとしていた頃、ついに発表された。160Kmに延長し、定員は400人。これまでの110Kmも建材で、定員は500人である。信越五岳トレイルランと言えばハセツネCUP並にエントリーが難しい大会。コースが2つになった事で、少しは改善されるだろう。

信越五岳トレイルランの参加条件は?

女性用トレイルランニングお薦めウェアとシューズの完全ガイド。

3年間の間に100Km以上のトレイルランニング大会を2回完走する事。100Kmのトレイルランニング大会を完走するだけなら問題ない。160Kmの大会に出るトレイルランナーなら当然100Kmも走れるはずだ。問題は100Km以上の大会が限られてる事。

中級者なら挑戦すべき50Km以上のトレイルランニング大会一覧。
トレイルランを続けていて実力が付いたら挑戦したい大会がある。40Kmから80Kmクラスのトレイルランニング大会を完走して更に上を目指すのだ。真のトレイルランナーならUTMFやUTMBを完走したいと思う。 その為にも中距離のトレ...

日本国内100Km以上のトレイルランニング大会はそんなに無い。1番の狙い目は11月開催のファントレイルズ100K(FTR100)である。制限時間が30時間以上あるから完走できる可能性が高い。西日本なら新設された阿蘇ラウンドトレイル(約110Km)がある。

その他100Km以上のトレイルランニング大会。

あなたは完走できるか?100Km以上のトレイルランニング大会一覧。

過酷で知られるOSJ主催の大会ならONTAKE・ITAMURO・KOUMIがある。完走者が1割しかいなかったトレニックワールド彩の国や山田昇メモリアルカップ120Kmもある。100Km以上のトレイルランニング大会は少ないが、これらを2回完走すれば良い。

あなたは完走できるか?100Km以上のトレイルランニング大会一覧。
長らく日本のトレイルランニング大会で長距離と言えばハセツネCUPの72Kmだった。最近は新しい大会が続々と新設されている。それらの中でも国内最高峰のレースがUTMFである。UTMFとは富士山を1周する170Kmのレースである。 ...

UTMFを完走してから信越五岳トレイルランに挑戦するのもいいし、UTMF前に信越五岳トレイルランを完走するのも良い。同じ100マイルレースだから調整レースとしても使える。だが、信越五岳トレイルランは制限時間が厳しいので、最初にUTMFを完走してから信越五岳トレイルランに挑むのが上策だろう。

信越五岳トレイルランニングレース・パタゴニアCUP大会情報。

奥宮俊祐選手のトレイルランニング大会FunTrails100KのFT50体験記。

さてもう1度大会要項を確認。160Kmの部は定員400人で参加費3万8千円。110Kmの部は定員500人で参加費2万5千円。このクラスに挑むトレイルランナーなら多少金額が高くても参加するだろう。だからこそ出走が難しくなる。

アルティメイトディレクションのスコット・ジュレクベストがお得!
既にノースフェイスとサロモンのザックを2つ持ってるので、新しいザックを買う予定はなかった。だが、アマゾンで見たその商品はデザイン性が気に入って欲しくなった。その商品が「JUREK FKT VEST(Obsidian・White)804590...

まずは出走要件を満たしてエントリー合戦に挑もう。160Kmに参加するなら他のランナーが参加条件を満たさない内に2017年から2018年に出場したい。対する110Kmの部は誰でもエントリーできるので、今後もエントリーは困難だろう。

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました