UTMF富士山1周レースウルトラトレイル・マウントフジの舞台裏。

ウルトラトレイル・マウントフジ2015UTMFのコースマップ。 読書・テレビ番組
スポンサーリンク

仙台泉ヶ岳トレイルランと同日に開催されていた「ウルトラトレイル・マウントフジ」のリザルトが発表された。

完走率 UTMF男子 41.9% UTMF女子 39.9% 

UTMF全体 41.5%

STY男子 88.6% STY女子 83.7% STY全体 87.7%

UTMFの完走率の低さに唖然Σ(゚Д゚)それに反してSTYは完走率が高い。上位40%の選手しかゴールできないなんて…。地道にトレーニングするしかないと思うのであった。

スポンサーリンク

ウルトラトレイル・マウントフジ(STY)に挑戦する日。

UTMF2018DVD

参加するとなると給料の大半が消えるな(月収10万円?)その費用をトレイルランの大会に回したい。しかし神戸マラソンは2度と当選しないかも知れない。 より当選確率の高いウルトラトレイル・マウントフジ(STY)に当選して欲しかったな。※トレイルランは無条件で参加。

第7回神流マウンテンラン&ウォーク7月1日21時 からエントリー開始される。 前回抽選だったエントリーが今回は先着順となった。(11月8日開催)私はハセツネカップがあるので参加しないが、とても人気がある大会のようだ。

七時雨トレイルラン34Km美女トレイルランナーと山ガールの応援。
七時雨トレイルランニングレース34Km田代山から不動の滝の続き。

ランスマで放送していた時、串刺しのおでんを持ったままゴールするのが印象的。ゴールする頃は空腹だろうからおでんがあれば即栄養補給できる。

ウルトラトレイル・マウントフジSTY・UTMFのコースマップ公開。

ウルトラトレイル・マウントフジ2015UTMFのコースマップ。

私はSTYの抽選に外れたので参加しないが、今年は80.5Kmで累積標高差は4610mとなった。(当選しても9月まで調整が間に合わないので、落選で良かった)とうとう80Kmを超えたか…。

だが、コースは反時計回りなので天子山を登らなくて良い。UTMFは168.6Kmで累積標高差8337m。富士山を2度往復した距離より長い。救護(医師・看護師・救急救命士)と通訳のボランティアも締め切りとなった。

私も救護ボランティアで大会に協力したい気持ちはあるが、医師・看護師・救急救命士の資格なんて持ってない。社会保険労務士ではどうにもならんしな。大会関係者は割引料金で温泉に入れるようだ。

UTMF選手、コース整備/クリーンアップ・ボランティアを「日帰り温泉」が応援します!ウルトラトレイル・マウントフジ2015 へエントリーした選手の皆さん!コース整備やクリーンアップのボランティアの皆さん!

大会期間中はもちろん、その前後もUTMFコースに訪れた皆さんに、疲れを癒していただきたい!!!そんな気持ちを込めて、今年も料金サービスで皆さんを応援します。ぜひ、日帰り温泉をご利用ください。もちろん、選手のご家族、サポーターもご利用いただけます。

2013年と2014年のウルトラトレイル・マウントフジはDVDで見たが、今年もDVDで見るかも知れない。いずれにしても絶不調の状態が続くので、十分に休息を取ってしっかりトレーニングしたものだ。

[アシックス] ランニングウエア ランニングショートパンツ 2022A004 [レディース]
asics(アシックス) (ASIBR)
SIZE:XL ウエスト:75cm 股上:23.5cm わたり幅:33cm 股下:9.5cm 裾幅:31cm
スポンサーリンク

プロトレイルランナー鏑木毅の本。

OSJ安達太良山トレイルランニング50K和尚山と船明神山の絶景を見るトレイルランナー。

更に借りてきた本が「トレイルランニング・トレーニングブック」鏑木毅。

本にはトレーニングの仕方のみならず、トレーニングメニューの組み方も記載。初心者から中級者まで活用できる。

具体的な内容は書かないが、印象的だったのは心拍計の高機能時計を使ったトレーニング。

心拍数を目安にトレーニングするとはハイテクな感じがする(笑)練習でも大会の時でも計測のたぐいを何も持たず走る私としては新鮮だった。

あと基礎能力はロードで養う事。ロード経験がないままトレイルランを始めた私にとってそろそろ苦手なロードを走れるようにせねばと思うのであった。

富士山1周レースができるまで「ウルトラトレイル・マウントフジの舞台裏」

トレイルランニングと言うスポーツを大いに盛り上げた大会だ。

ウルトラトレイル・マウントフジ(UTMF)を創設し、日本のトレイルシーンに絶大なインパクトを与えたふたりの男によって綴られる同大会の誕生ストーリー!

日本が誇る世界的トレイルランレース「UTMF(ウルトラトレイル・マウントフジ)」。実現不可能と思われた夢のレースを開催させたふたりの男の苦闘の足跡が明かされる。

UTMF実行委員長鏑木毅と副委員長・福田六花による共著。

UTMF・STY2016開催日決定ウルトラトレイル・マウントフジ。
ウルトラトレイル・マウントフジ2016(UTMF・STY)の参加資格と開催日が発表された。2015年は9月末開催で雨と泥のレースだったから今回は変更もありえると思っていたが昨年同様9月末開催となった。●開催日程2016年9月23日(金)~ ...

日本で初めての100マイルレースにして、世界のトレイルランニングシーンからも注目を集めるウルトラ・トレイルマウントフジ(UTMF)2012年に第1回目が開催された。 ?

現役最強選手であった鏑木毅は、なぜ自ら大会プロデュースを買って出たのか??日本には前例の無かった100マイルレースを立ち上げる為にどんな苦労があったのか?

今まで明かされなかった誕生秘話が大会運営のキーパーソンであるふたりの男によって明かされる。

2012年って私がトレイルランナーになった年だ。UTMFが誕生した年にトレイルランナーになっていたなんて初めて知った。お陰で目標とする大会ができた。

世界文化遺産登録前とは言え富士山1周レースを実行するのは相当大変だっただろう。なんたってコース上に土地の所有者が沢山いる訳だから許可を得るだけでもかなりの労力だ。トレイルラン大会を主催する側の視点で書かれた本はこの本だけだろう。絶対に読む(^^♪

トレイルランニング大会関連記事。

コメント

タイトルとURLをコピーしました