トレイルランニング装備はこちら
Sponsored Link
人気記事一覧

UTMF富士山1周レースウルトラトレイル・マウントフジの舞台裏。

笑顔を振りまくツインテールの少女。 読書・その他
Sponsored Link

読書が大好きでよく図書館に行くのだが、以前記事にした「小さな村のウルトラマラソンランナー」重見高好と「一緒に走ろう」ブラインドランナー道下美里があったので借りてきた。

ウルトラマラソンランナー重見高好選手は学生時代に貧しい生活をしながらひたすら走り続けて力を付けていくが、すぐ実業団に入れた訳ではなかった。

売木村専属のウルトラマラソンランナー重見高好とブログ飯。
今回は最近読んだ本、小さな村のウルトラマラソンランナーとブログ飯(個性を収入に変える生き方)について記載。以前明日はどっちだ!と言う番組を見た時、村専属のランナーがいる事を知った。 過疎化の進む「売木村」で走る広告塔となってい...

練習中に出会った人の紹介で実業団に入れたのだ。やがて実業団のエースになるも駅伝には満足できず、フルマラソンを目指して実業団を辞めてしまう。

ブラインドランナー道下美里選手は幼少期に親戚から目に星があると言われた事で人生が急変。目の治療が効果無かったり、手術が失敗したりと不運が続く。

道下美里リオパラリンピック視覚障害ブラインドマラソンランナー。
前回、(アスリートの魂)視覚障害者ランナー道下美里選手について記事を書いたらかなり好評だったので、パラリンピック前に続編となる記事を書いてみる。今回はBS日テレで放送された「ストロングポイント」を見た感想。盲目のランナー道下美里。ストロング...

その後、盲学校に入学した事で光を見つけて走りだす。両ランナーの共通点は計り知れない程練習を積んでいると言う事だ。

Sponsored Link

プロトレイルランナー鏑木毅の本。

OSJ安達太良山トレイルランニング50K和尚山と船明神山の絶景を見るトレイルランナー。

更に借りてきた本が「トレイルランニング・トレーニングブック」鏑木毅。

本にはトレーニングの仕方のみならず、トレーニングメニューの組み方も記載。初心者から中級者まで活用できる。

具体的な内容は書かないが、印象的だったのは心拍計の高機能時計を使ったトレーニング。

心拍数を目安にトレーニングするとはハイテクな感じがする(笑)練習でも大会の時でも計測のたぐいを何も持たず走る私としては新鮮だった。

あと基礎能力はロードで養う事。ロード経験がないままトレイルランを始めた私にとってそろそろ苦手なロードを走れるようにせねばと思うのであった。

富士山1周レースができるまで「ウルトラトレイル・マウントフジの舞台裏」

トレイルランニングと言うスポーツを大いに盛り上げた大会だ。

ウルトラトレイル・マウントフジ(UTMF)を創設し、日本のトレイルシーンに絶大なインパクトを与えたふたりの男によって綴られる同大会の誕生ストーリー!

日本が誇る世界的トレイルランレース「UTMF(ウルトラトレイル・マウントフジ)」。実現不可能と思われた夢のレースを開催させたふたりの男の苦闘の足跡が明かされる。

UTMF実行委員長鏑木毅と副委員長・福田六花による共著。

UTMF・STY2016開催日決定ウルトラトレイル・マウントフジ。
ウルトラトレイル・マウントフジ2016(UTMF・STY)の参加資格と開催日が発表された。2015年は9月末開催で雨と泥のレースだったから今回は変更もありえると思っていたが昨年同様9月末開催となった。●開催日程2016年9月23日(金)~ ...

日本で初めての100マイルレースにして、世界のトレイルランニングシーンからも注目を集めるウルトラ・トレイルマウントフジ(UTMF)2012年に第1回目が開催された。 ?

現役最強選手であった鏑木毅は、なぜ自ら大会プロデュースを買って出たのか??日本には前例の無かった100マイルレースを立ち上げる為にどんな苦労があったのか?

今まで明かされなかった誕生秘話が大会運営のキーパーソンであるふたりの男によって明かされる。

2012年って私がトレイルランナーになった年だ。UTMFが誕生した年にトレイルランナーになっていたなんて初めて知った。お陰で目標とする大会ができた。

世界文化遺産登録前とは言え富士山1周レースを実行するのは相当大変だっただろう。なんたってコース上に土地の所有者が沢山いる訳だから許可を得るだけでもかなりの労力だ。トレイルラン大会を主催する側の視点で書かれた本はこの本だけだろう。絶対に読む(^^♪

コメント

トレイルラン用品紹介

以下の記事を読むとトレイルランニングに詳しくなれます。

山を走るならサロモンのアドバンスドスキン12セットが最適な理由。
世界で最も使用されているトレイルランニング用ザック。それはサロモンのアドバンスドスキン12セットだ。UTMFやUTMBを含むあらゆる大会で使われている。アドバンスドスキン12セットなのは2016年モデルまでで、2017年からは「ADV SK…
速くなるウルトラマラソン・トレイルランのトレーニング方法を紹介。
フルマラソンを完走したら次の目標はウルトラマラソンを目指すランナーもいるだろう。また、ウルトラトレイルランナーとして100マイル(160Km)を目指すランナーもいる。

フルマラソンの教科書は山ほどあるが、これらウルトラ…

トレイルランやロードレースで必須の補給食やサプリメントを紹介。
これまで、トレイルランニングで使える装備品を紹介してきた。バックパック(リュックサック)やシューズ・ヘッドライト・レインウェア等。これらの装備を一通り揃えたら普段使ってる補給食やサプリメントを確認したい。充分な水分と栄養素があるからこそ力を…
最速で水分補給できるサロモンのハイドレーションとソフトフラスク。
トレイルランニングの大会ならいち早く水分補給したいものだ。いちいちバックパックから取り出して給水なんてあり得ない。現在は背中に背負うハイドレーションか、胸に付けるソフトフラスクの2種類がある。そのハイドレーションとソフトフラスクの違いを紹介…
春夏の日差し対策!軽くて涼しい紫外線を防ぐCW-Xのランニング帽子。
日焼けしたくないので、帽子は1年中活用している。特に春から夏は必須の日焼け防止アイテムである。日焼けを帽子で防止するのだ(笑)冬でも帽子があれば暖かいからあって損はない。冬は一般的な帽子とニット帽を併用している。お陰で部屋の中は帽子だらけに…
長距離走で力を発揮するアミノ酸とは?糖質と蛋白質が豊富な携帯食料。
いよいよUTMF(STY)に挑戦する。3度目の抽選でようやく当選したのだ。UTMF(STY)に出場するには2段階のステップがある。まずは必要ポイント数の獲得。その後の抽選だ。特に2017年大会は開催されなかった為、出場に4年掛かった。

Sponsored Link