トレイルランニング装備はこちら
Sponsored Link
人気記事一覧

グレートレース灼熱の大地を疾走せよオーストラリア700km。

草木の生い茂る遊歩道。 読書・その他
Sponsored Link

最近、ブログアクセス数が僅かながら増えてきたので少しデザインを変えようと思った。

だが、実際にやってみるとあれもこれも変更したくなり結果、大幅リニューアルとなった(^^) ※丸一日かかった(・ω<)

これが功を奏したのかわからんが日本ブログ村のランキング「トレイルラン部門」で過去最高の10位を獲得した(記事ランキングでは1位)(^^♪

おまけに上位カテゴリである「アウトドアブログランキング」も88位。 ※100位内に入ったのは初めて。

層の厚い日本ブログ村でランキングを上げるのは本当に大変なんだよな(^_^;)

Sponsored Link

「灼熱の大地を疾走せよ!オーストラリア700km」

アタカマ砂漠マラソンは灼熱の暑さで過酷なレース。

さて今回もNHKで放送していたグレートレース「灼熱の大地を疾走せよ!オーストラリア700km」について。

これはオーストラリア北西部で開催される世界一過酷なマウンテンバイクレースで、9日間で距離700キロ、累積1万3千メートルもの標高差をマウンテンバイクで走行する。

世界で最も古く、最もタフなマウンテンバイク耐久レースが真夏のオーストラリアで開催される。その名も「クロコダイル・トロフィー」。距離も環境の過酷さも桁違いのレース。コースは9ステージ全長770kmに及ぶ。(日本の最長レースは100km)

舞台は200年前、探検家たちを次々に死に追いつめたアウトバック(人口希薄地帯)。気温は摂氏40℃を越え、超乾燥の土漠ではむき出しの太陽がレーサーたちの肌を容赦なく焼き、高湿度のジャングルが体力を奪う。

またほとばしる水流やアップダウンの激しい山道、刺のある植物が茂る藪道が立ちはだかる。さらにコース周辺に宿泊施設はなく、選手は大会本部が用意したテントで野宿を強いられる。夜も気温が下がらず、クーラーのない場所で選手は熱中症とも闘わなければならない。

クロコダイルトロフィーは、今回で20周年を迎える。節目の大会にふさわしくコースを一新するとともに、選手もツールド・フランスなどに出場する強豪ばかり50人が選ばれた。

そんな強者たちに戦いを挑むのがただ一人の日本人レーサー、池田祐樹(34)。今年3月ヒマラヤで行われた高地山岳レースで準優勝するなど、耐久・冒険レースで華々しい実績を残してきた。

通常、1日の走行距離が100kmを超える事がないというマウンテンバイクレース。しかも舞台は、今年の夏、異常気象で連日50度を超える猛暑に襲われたオーストラリア。果して池田はこの炎天下と世界中から集まる強者たちに打ち勝ち、トップでゴールを駆け抜ける事ができるのか。
空撮やオフロード車による追走撮影などを駆使し、選手たちの熱き戦いに迫る!

日本からもプロライダー池田祐樹選手が出場していた。 更にひたすら完走を目指すアマチュアライダー達の姿もあった。

マウンテンバイクなら私も乗っていた。 マウンテンバイクなのにマウンテン(山)を走行せずに終わったが(^_^;)

マウンテンバイク・クロスバイク・ロードバイク等の経歴。

私の自転車経歴はファミリーサイクル(ママチャリ)から始まり、次がシティーサイクル・マウンテンバイク・クロスバイク・ロードバイクである。

ファミリーとシティサイクルはガルパン的に言うと重戦車。 とにかく頑丈で無難な走りができる。その分重い。

クロスバイクは一見万能だが、街を走るだけならシティサイクルでいいし、遠出するならロードバイクがいい。

ツールド猪苗代湖90Kmコースに向けてロードバイクを輪行。
ロードバイクのイベントに参加するのは今年初となる。ツールド東北の走行管理クルーをするはずだったが、気がついた時には募集終了していた。天気予報によると最高気温20度以上と表示されていたが、当日は17度程度だった。それでも雨が降らなくて良かった...

そんな中、これはいいと思った車種が「マウンテンバイク」山ではさぞ活躍するだろうが、中距離移動と街乗りも快適に走行できた。 なにせ多少の段差は物ともしない。

フロントとサドル側にあるサスペンション、更にタイヤの太さが衝撃を大幅に吸収してくれる。 まるで段差が段差でないようだ。

私はロングライド主体なのでロードバイク一択。 それに山は自分の足で走るのが楽しいのだ(^^♪

さすがトレイルランナー(^O^)(自画自賛)

NHKグレートレース「イーストウインドと間瀬ちがや」の記事はこちら
NHKグレートレース「激走! 南海の孤島マダガスカル250km」はこちらNHKグレートレース「女達の熱き一日 ニュージーランド130km」はこちら NHKグレートレース「カナダ・ユーコン700km」の記事はこちら

ドロミテ鉄人レースはこちら アタカマ砂漠マラソンはこちら

コメント

TRAIL RUNNER

UTMFを目指すトレイルランナー。2019年は上州武尊山スカイビュートレイルと日本山岳耐久レースの完走が目標。

TRAIL RUNNERをフォローする

ブログ内検索

マラソンシューズ・ランキング

サブ4を達成する為のシューズ。
余分なクッションを削ぎ落とし、軽量化に成功。
適度なクッションと耐久力で足を守る。
履いた感覚は「GT-2000ニューヨーク」に似ている。
だが、走り安さは格段に向上している。

フルマラソン完走からサブ5まで。
抜群のクッションで足が疲れるのを防ぐ。
しなやかな反発性
さらにしなやかな反発性とへたりにくさをプラス。
かかとのフィット感
カウンターのホールド感はそのままに、柔らかい走りが可能。

安定した走りで、フルマラソンの完走を目指す。
・DYNAMIC DUOMAX(ダイナミックデュオマックス)
上部に凹凸を施し、ミッドソールを挟み込んだデュオマックス構造。ミッドソールの一部分の硬度を高め、安定性を高めた。
・GUIDANCE LINE®(ガイダンスライン)
着地時から蹴り出しまで安定した走りを実現させるために設計された。

フルマラソン人気記事

アシックスニューヨーク5とミズノウェーブライダー20比較レビュー。
現在はアシックスGT2000ニューヨーク6とミズノウェーブライダー21が発売されてるが、旧式のニューヨーク4やウェーブライダー19と基本は変わらない。マラソンランナーとして「GT2000ニューヨーク5」と「ウェーブライダー19」を1年以上履…
完走メダルが貰えるフルマラソン大会一覧や保管方法をまとめて紹介。
上位入賞してメダルを獲得するのは無理でも完走の証として得られるメダルは嬉しいものだ。私が所持している完走メダルはフルマラソン6個・トレイルランニング2個の合計8個だ。

獲得したのは東京マラソン・古河花桃マラソン・千葉アクアライ…

CW-Xジェネレーターとエキスパート比較!ワコールロングタイツ。
数年前にワコールからCW-Xが発売されてからずっと気になっていた。ランナーは膝を怪我しやすいので、膝をサポートしてくれるロングタイツを探していた。ロードバイクなら「セミロング」で良いかも知れないが、トレイルランニング(マラソン)なら日焼けし…
サブ4達成の為にアシックスのライトレーサーTS6を購入した感想。
一般のマラソン用のシューズはアシックス・ニューヨークとミズノ・ウェーブライダーの2足を持ってるのだが、新しい靴が欲しくなった。楽天市場でポイント20倍キャンペーンをしていたからこの機会に買おうと思ったのだ。あまり必要じゃなくてもお得な時期に…
まだ舗装路でマラソンしてるの?山を走るトレイルランを楽しもう!
「走る」と言えば舗装路を走るマラソンが一般的で、競技人口も多い。運動をしてない一般人からすればフルマラソンを完走するだけでも凄い事だ。フルマラソンを完走したらどうするか?もっと速くゴールできるようにトレーニングに励むのか?もっと長い距離を走…
東北宮城復興マラソンは初心者にお勧めの平坦コースで記録も狙える!
第一回の東北・宮城復興マラソンが開催された。宮城県初の公認コースとは言え、参加料金の高さで躊躇してしまう大会。参加料金13000円と言えば東京マラソンの10800円・大阪マラソンの参加料(募金含む)でも11800円だ。

参加料…

ゲルDSトレーナーでサブ4確定?アシックスのマラソンシューズ比較。
初心者からサブ4を目指すランナーへ。マラソン用ランニングシューズはナイキ・アディダス・アンダーアーマー・アシックス・ミズノと主要メーカーがある。ランナーになった当初はナイキとアディダスばかり履いていた。

ある日、国産であるアシ…

GEL-DS TRAINER23評価!アシックス最新作でサブ4目指して走る。
サブ4を達成するにはどの靴を履けば良いのか?フルマラソンはサブ4さえ達成できれば満足だ。と言うか、サブ4.5でも満足だがな(笑)それはさておき、靴を買うならまずはメーカーだ。これまで、ナイキとアディダスを使ってきたが、最近はアシックスとミズ…
春夏の日差し対策!軽くて涼しい紫外線を防ぐCW-Xのランニング帽子。
日焼けしたくないので、帽子は1年中活用している。特に春から夏は必須の日焼け防止アイテムである。日焼けを帽子で防止するのだ(笑)冬でも帽子があれば暖かいからあって損はない。冬は一般的な帽子とニット帽を併用している。お陰で部屋の中は帽子だらけに…
長距離走で力を発揮するアミノ酸とは?糖質と蛋白質が豊富な携帯食料。
いよいよUTMF(STY)に挑戦する。3度目の抽選でようやく当選したのだ。UTMF(STY)に出場するには2段階のステップがある。まずは必要ポイント数の獲得。その後の抽選だ。特に2017年大会は開催されなかった為、出場に4年掛かった。

紫外線や日焼けを防ぐアーム&レッグカバーで灼熱の夏も快適に走る。
どんなに日差しの強い日でも日焼けしたくない。日焼け止めを塗っても汗で投げれてしまう。なので、アームカバーとレッグカバーを購入した。太陽に焼かれるような「ジリジリ」した感じは嫌だし、皮膚が焼けた後にボロボロと剥がれるのは嫌だ。

やっぱり参加できなくなった!エントリー後でもキャンセルする方法。
どんな大会でもエントリーした全員が参加する事はあり得ない。エントリー者の8割参加が平均だろう。大会への参加エントリーは数ヶ月前から始まるが、大会当日になると仕事や怪我で参加できなくなる事もある。高額な参加費用を捻出したのに全てが無駄になる。…
音楽を聴いて走るならこれを選択!高音質・長時間の無線イヤホン。
ロードランナーのトレーニングに使いたいのがスマートフォンとイヤホン。音楽を聴きながら走れば苦しいトレーニングも楽しく走れる。最近はブルートゥース対応のイヤホンで走りに集中できる。ブルートゥースの仕組みを使えばスマートフォンとイヤホンを無線で…
ボトル装着で快走できる!エンデュランスベルトとマンタレイの収納。
エンデュランスベルトなら水分と補給食を保持したまま快走できる。まさに夏仕様のウエストポーチだ。防水性も高いので、突然の雨にも対処できる。スマートフォンが防水でなくてもジッパーポケットに収納すれば安心。水分と補給食を持って走るのがトレイルランニングの常識。これまで山を走る時はザックだったが、エンデュランスベルトだとより軽い走りができた。
こんなに違うロードランナーとトレイルランナーの走り方と行動心理。
トレイルランナーは舗装路もある程度走れないと厳しい。そんな事からフルマラソンやウルトラマラソンに出場する事も珍しくない。トレイルランの世界基準(UTMB)は170Kmだからウルトラマラソンを走って鍛えるのだ。大会では必携品と言って必ず持参すべき物が決まってたりする。その他、飲料や食料を揃えるのもトレイルランナーの楽しみなのだ。
サブ5・サブ4の練習に最適!大会で結果を出せるマラソンシューズ。
シューズのアッパーや、サイド部分には柔らかい素材が使われていて足を保護する。ソールはニューヨーク6に似ていて、滑りにくい。ニューヨーク6を履いてたなら違和感なくDSトレーナー23を履ける。サブ5からサブ4を目指すなら必須のシューズだ。
Sponsored Link
タイトルとURLをコピーしました