奥久慈トレイルラン東金砂神社から釜の平でも私設エイド登場。
スポンサーリンク

奥久慈トレイルラン東金砂神社から釜の平でも私設エイド登場。

奥久慈トレイルレース東金砂神社 トレイルランニング
スポンサーリンク

テレビアニメ放送されていた「艦隊これくしょん」を全話見た。艦娘の金剛って金色の髪飾りや性格からして涼宮ハルヒを思い浮かべる。艦コレはガールズ&パンツァーと違ってリアルバトルなんだな。

艦隊これくしょん・ガールズ&パンツァー・ソードアート・オンラインと続編が楽しみだ。前回の奥久慈トレイルレース30Kの続き。これまで何度もトレイルランの大会に出場してきたが、この奥久慈トレイルランはまた違った大会だ。

スポンサーリンク

奥久慈トレイルランはアドベンチャーコース。

と言うのも鎖場やロープでの移動がかなりあるのだ。暑いから素手で走ってきたのだが、手が痛くなるので軍手を装着した。そして思った「このコースは楽しい」ワーイヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワーイ最初の約10kmがアドベンチャー要素満載で楽しいのだ(^^♪

奥久慈トレイルレース山の中

まるで東京ディズニーランドやユニバーサルスタジオのテーマパークに居るようだ。同じトレイルランでも奥久慈トレイルランは独特のコース設定で独自トレイルランって感じだった(笑)これだけでも遠路はるばる来た甲斐があった(^^)

また、このコースはトレランシューズのグリップ力が強く求められる。

奥久慈トレイルレース東金砂神社

前回のハセツネ30Kから使用したサロモン・スピードクロスで悪路を乗り越えた。更に今回初めてフルーツ味の飴とグミを持参した。普段はチョコレートを持つが、暑さで溶けるのでグミを選んだのだ。

結果、グミも溶けるし腹の足しにもならなかった(笑)一方で飴は役に立った。平坦で疲労を回復している時、味わう事で良い刺激になった。このレースは私設エイドが複数回出現するのだが、個人的にこのエイドがなければ非常に厳しい状況に置かれる。

さてアドベンチャー区間を抜けると開けた場所に到着した。

ちょっとした食べ物や飲み物があるのと無いのとでは天地の差だ。ハセツネ30Kもコースそのものは何の変哲もないが、一番つらいのはエイドステーションで補給ができない事(T_T)補給ができなければ全て背負って走るしかない。

大会公式エイドがある東金砂神社である。この段階では大した疲労はない。しかし、難コースで有名な奥久慈トレイルレースだから今後どんな難所が現れるかわからない慎重に慎重を心掛けて進む。この東金砂神社直後に急登がある。

休んでストレッチした後だから登れるが、そうでなければ大変な場所である。第1関門釜の平を目指して走り続けるのであった。「奥久慈トレイルラン主力はマーティンウイングとスピードクロス」に続く。

コメント

タイトルとURLをコピーしました