トレイルランニング装備はこちら
Sponsored Link
人気記事一覧

福島県開催の東北六魂際と山ガール四角友里の登山本について。

自作の缶バッチ 読書・その他
Sponsored Link

昨日は「東北六魂際」に行って来た!(・・と言ってもロードバイクではなく電車だが) パレード会場は人が多すぎて歩行者であっても交通規制で通れない。

見る為にはあらかじめ場所取りが必要だった(*_*) 結局、祭りを見る事なく「行って来た」だけで終わってしまった。

Sponsored Link

東北六魂際で缶バッジ作成。

しかし会場ブースで缶バッチ作成というのがあった。 これは数種類ある雛形(テンプレート)を自身で選び、それに色ペンなどでデザイン。

その後、スタッフに渡すと缶バッチを作成してくれると言うものだ。 と言うわけで作成。

女性スタッフは「トレイルランやってるんですか?」「福島県にも走りに来てください」と言っていた」 (この3年後の2016年にOSJ安達太良山トレイルランを走る事になった)

OSJ安達太良山トレイルランニング50Kへの無謀な挑戦前日。
セミが鳴いていた夏からトンボが飛ぶ秋へと季節は変わる。春と夏が好きなんだが、この季節が終わってしまうのは寂しいものだ。春夏の季節はランニングしても着替えは簡単だから気軽に走りに行ける。水分補給して日焼け止め塗ってれば案外快適。OSJ安達太良...

自分の最大の目標であるUTMF(ウルトラトレイルマウント富士)160Km完走を目指す!という内容を書いた。

祭りは見れなかったが、世界で1つだけの「目標入り缶バッチ」を入手できたのは良かった♪ ※後日このオリジナルバッジはどこかに行ってしまった(^_^;)次は最近読んだ本について。

一歩ずつの山歩き入門・四角友里。

本屋に行くと一際目立つ本があった。それが下の本。

まず表紙が美人。この本「一歩ずつの山歩き入門」著者の四角友里である。 内容 “山スカート”の発案者、四角友里さんが、10年間かけて失敗を重ねながら培ってきたノウハウを丁寧に解説! 山歩きデビューから2泊3日の山小屋泊トレッキングまでを応援します!

Chapter1 憧れの山へ一歩ずつ近づく計画を立てる
Chapter2 山への敬意をこめたウエアを身につける Chapter3 山歩きをサポートしてくれる道具を相棒にする
Chapter4 疲れず、笑顔で歩く工夫をする
Chapter5 山小屋に泊まって、新しい世界を見る 読んでみる

なるほど、画像が多くて内容も良い。 着物の着こなしまで書いてある。この本は売れるだろうな。 山スカートは山ガール達に人気ですぐに売り切れるようだ。 秋に登山やトレッキングを楽しむなら早めに購入したほうが良いだろう。

コメント

トレイルラン用品紹介

以下の記事を読むとトレイルランニングに詳しくなれます。

山を走るならサロモンのアドバンスドスキン12セットが最適な理由。
世界で最も使用されているトレイルランニング用ザック。それはサロモンのアドバンスドスキン12セットだ。UTMFやUTMBを含むあらゆる大会で使われている。アドバンスドスキン12セットなのは2016年モデルまでで、2017年からは「ADV SK…
速くなるウルトラマラソン・トレイルランのトレーニング方法を紹介。
フルマラソンを完走したら次の目標はウルトラマラソンを目指すランナーもいるだろう。また、ウルトラトレイルランナーとして100マイル(160Km)を目指すランナーもいる。

フルマラソンの教科書は山ほどあるが、これらウルトラ…

トレイルランやロードレースで必須の補給食やサプリメントを紹介。
これまで、トレイルランニングで使える装備品を紹介してきた。バックパック(リュックサック)やシューズ・ヘッドライト・レインウェア等。これらの装備を一通り揃えたら普段使ってる補給食やサプリメントを確認したい。充分な水分と栄養素があるからこそ力を…
最速で水分補給できるサロモンのハイドレーションとソフトフラスク。
トレイルランニングの大会ならいち早く水分補給したいものだ。いちいちバックパックから取り出して給水なんてあり得ない。現在は背中に背負うハイドレーションか、胸に付けるソフトフラスクの2種類がある。そのハイドレーションとソフトフラスクの違いを紹介…
春夏の日差し対策!軽くて涼しい紫外線を防ぐCW-Xのランニング帽子。
日焼けしたくないので、帽子は1年中活用している。特に春から夏は必須の日焼け防止アイテムである。日焼けを帽子で防止するのだ(笑)冬でも帽子があれば暖かいからあって損はない。冬は一般的な帽子とニット帽を併用している。お陰で部屋の中は帽子だらけに…
長距離走で力を発揮するアミノ酸とは?糖質と蛋白質が豊富な携帯食料。
いよいよUTMF(STY)に挑戦する。3度目の抽選でようやく当選したのだ。UTMF(STY)に出場するには2段階のステップがある。まずは必要ポイント数の獲得。その後の抽選だ。特に2017年大会は開催されなかった為、出場に4年掛かった。

Sponsored Link