トレイルランニング装備はこちら
Sponsored Link
人気記事一覧

トレイルランナー山本健一とプロサイクルロードレーサー新城幸也。

デローザのピンクロードバイク ロードバイク
Sponsored Link

陸でプロサイクルロードレーサー新城幸也と言うのを放送していた。 ツール・ド・フランスにも参戦した強者らしい。 日本では自転車レース(サイクルレース)は滅多に放送されないので、これは良かった。 過去の放送ではトレイルランナー山本健一も放送されている。 まずはそちらから。

Sponsored Link

世界が注目する山岳レースの超人!

日本トレイルランナー・オブ・ザ・イヤー2015を受賞した女性。

160キロの山道を激走する野生児の素顔は高校の体育教師トレイルランナー・山本健一に密着 ここ数年のマラソンや登山ブームの影響で、いま急激に競技人口が増え注目を集めているスポーツが「トレイルランニング」だ。

トレイルランナー山本健一UTMF3位ハセツネCUP優勝者。
情熱大陸での放送は見たが、「アスリートの魂・野生へ駆けろトレイルランナー山本健一」は録画したまま見てなかった(笑)年末年始に連休はなかったが、図書館で「トレイルランナーヤマケンは笑う」を借りてきたのでこの機会にアスリートの魂も視聴した。プロ...

山道を走り抜けるワイルドなアウトドアスポーツだが、その中でも不眠不休で100マイル(160キロ)を激走する過酷な山岳レースの分野で、去年日本人として初めて海外の大会で優勝の快挙を成し遂げたのが“ヤマケン”こと山本健一。

フルマラソンを4回連続する程の長い道のりで、「登り」の総計はエベレスト並みという過酷な競技にもかかわらず、レース中も常に笑顔を絶やさず、その爽やかな姿が多くのファンに支持されるヤマケン。

トレイルランナー山本健一仕様のザイゴス2.0

普段は、地元山梨の高校で体育教師を務める33歳だ。 番組では山岳部の顧問として生徒たちをインターハイ出場に導く腕前を持つ教師としての素顔や、今月スペインで開催される山岳レースに挑むトップアスリートとしての姿に密着する。

極限と対峙しながら何故160キロもの山道を走り続けるのか?男が、山に駆り立てられる理由に迫る。

山本健一1979年山梨県生まれ(トレイルランナー) 高校の体育教師をする両親の元で幼い頃から山遊びに親しみ、信州大学時代は「モーグル」選手として活躍。 そのトレーニングの一環として山を走っていた事がきっかけでトレイルランニングの世界へ。

2012年に日本国内で初めて開催された100マイルレース「ウルトラトレイル・マウントフジ(UTMF)」で日本人最高の3位に入賞。 8月末のフランス「グラン・レイド・デ・ピレネー(ピレネー大耐久レース)」では日本人初の優勝という快挙を果たす。妻と二人の娘を持つ33歳。

新城幸也日本人初の連覇へ!

ビアンキのロードバイクピンクとホワイトカラー。

2012年8月ヨーロッパ・ツアー最高峰のレース『ツール・ド・リムザン』において、日本人サイクルロードレーサーとしては初となる総合優勝を果たした新城幸也。 名実ともに日本のエースとなった新城が、今年8月に行われた『ツール・ド・リムザン2013』で2連覇をかけた戦いに挑む4日間に密着した。

初日、最後のスプリント勝負で惜しくも僅差の2位だった新城は、残りの3日間で逆転をはかる。 今回は、最新の機器を使って、サークルロードレーサーの脚力と無駄のないぺダリング、そして筋力などを解析。 本人すらも気付かなかった肉体の秘密にも迫る。」

新城幸也1984年9月22日生まれ(ロードバイクライダー) 沖縄県石垣市出身 所属チーム:ヨーロッパカー(フランス) 世界最高峰のサイクルロードレース『ツール・ド・フランス』に、2009年から今年まで4度出場。

2012年の第4ステージに於いて敢闘賞を獲得し日本人で初めてグランツールの表彰台に上がった。 2013年は6月の全日本自転車競技選手権大会(大分)ロードに於いて優勝を果たし、今シーズンは日の丸をあしらったチャンピオンジャージを着て世界中のレースに参戦している。

ペダルを回す筋肉と地面を蹴って歩く筋肉とは違うと言ってた。 いくら足を鍛えてもそうゆうものなのか。 これらロードバイクのレースはまるで車のような速さ(゜o゜) 春になったらまた少し乗ってみたい。

コメント