第6回ハセツネ30K力を振り絞って第3関門を目指したら予想外の展開。
Sponsored Link

第6回ハセツネ30K力を振り絞って第3関門を目指したら予想外の展開。

第6回ハセツネ30K力を振り絞って第3関門を目指す。 ハセツネCUP(50Km超)
Sponsored Link

前回記事「第6回ハセツネ30Kスタート後の渋滞でエネルギー補給しつつ休憩」の続き。第2関門通過後はトレイル区間となり、山登りが続く。 体力・足・食料・水のいずれも消耗しきっていたので、ストックが無ければ到底無理な状態だった。 特に水とゼリーがあと少しなのは厳しい(-_-;)

奥宮俊祐と北島良子選手が優勝したハセツネCUP2015参加体験記。
第23回日本山岳耐久レースは奥宮俊祐選手と北島良子(女子)選手が優勝した。1000mを超える山々を全コース走り切るだけでも凄いのに7時間から10時間でゴールするとはなんて超人的能力の持ち主なんだ( ゚д゚)ポカーン 大会当日...

なにせ2Lあったのをレース前に消費していたからな。急な山を登るといつも思う「蔵王トレイルラン」よりましだと。 蔵王トレイルランは序盤に急登があり、洒落にならない。 場所によっては1人通過するのがやっとで、更に道のまんなかには水が流れている。(当時)

Sponsored Link

ハセツネ30Kでの急登や危険箇所。

ハセツネ30kスタート地点

外秩父トレイルラン21km地点の急登でも思っていた。 トレイルランをしているとこのように他の山での出来事が別の山で走る時に役立ったりする。実際、このハセツネのトレイル区間(地形)はこれまで練習してきた山に一部似ていた。

そんな時は通過しやすいものだ。このハセツネ30kでは危険な箇所がいくつかある。転倒したら重症を負うだろう。 レース中はスタッフが注意を呼びかけていたので回避できたが、そうでなければどうなっていた事か・・。

歩いて進んで行くと次の関門まで4kmと聞く。 この4kmが途方もなく長い(T_T) 厳しい状態が続くので、このレースが終わったら何を食べるか考える♪ いつもはケーキを食べたいと思うが、この時はラーメンを食べたいと思った。

ラーメン・ラーメンと言った感じで移動していた(笑)

ハセツネ30kの渋滞。

あと水とゼリーもなくなっていたので、コーラ・オレンジ・グレープ(黄色と紫の両方)が飲みたいと思っていた。 別のスタッフから第3関門まであと15分と聞く。しかしタイムリミットも15分だそうだ(T_T)

ただでさえ歩くのがやっとなのに急がねばならんとは・・。ここで撤退する事もできたのだが、挑戦者である私が自分の意思でリタイアする事はありえない。 やれるだけの事はやるのだ(^^)「第6回ハセツネ30K入山峠第3関門閉鎖へのカウントダウンで限界突破?」に続く。

コメント

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
タイトルとURLをコピーしました