第6回ハセツネ30K(日本山岳耐久レース)を走った感想とコース特徴。
Sponsored Link

第6回ハセツネ30K(日本山岳耐久レース)を走った感想とコース特徴。

ピンクと白の花が咲き乱れる ハセツネCUP(50Km超)
Sponsored Link

この記事は「完走」について書いたのではなく、ハセツネ30Kを走った「感想」について書いた。 ちなみにレース中は水がなくなり、乾燥しそうだった(笑)

奥宮俊祐と北島良子選手が優勝したハセツネCUP2015参加体験記。
第23回日本山岳耐久レースは奥宮俊祐選手と北島良子(女子)選手が優勝した。1000mを超える山々を全コース走り切るだけでも凄いのに7時間から10時間でゴールするとはなんて超人的能力の持ち主なんだ( ゚д゚)ポカーン 大会当日...

このレースは前半はロード、後半はトレイルとなる。 実際に走ってロード区間はきつい一方だったが、トレイル区間は木々の間を走る新鮮さがあった。

Sponsored Link

トレイルランニングは本当に楽しい。

OSJ安達太良山トレイルランニング50K和尚山と船明神山の絶景を見るトレイルランナー。

それでレース中に思っていた事がある。 ロード区間では足への負担は大きく、蓄積した疲労は回復しない。 しかしトレイル区間では足への負担は少なく、少しだが疲労回復する。

トレイル区間では森林に癒やされるのか「リジェネ」の効果を感じていた。 そもそもロードでは同じ部位を酷使するが、トレイルでは同じ部位を使う方が少ないだろう。

ハセツネのホームページで完走率・完走者数が書いてあった。

ソネット0SIM・RM02のスマホとM400HR・MZ500の時計を評価した少女。

完走率約92%。 そんなに高い完走率だったのか~。 私は少数派の8%に入った事になる。(ちょっとショック^^;) しかし下の方を読んでみると「※Finishは制限時間後も含む」と書いてある。とすると私の集計は完走した方に入っている(^^♪

ランネット上でも確認したが、しっかりゴール時のタイムが記録されている。 ささいな事だがこれは嬉しい(^^) そして感想。レース中は苦しくて厳しくて辛かった(T_T) でもゴールしたら達成感と充実感があった。

結果、参戦して良かったし、今後の戦いに更なる闘志を燃やすようになった。 2015年ハセツネ30K2度目の挑戦に続く。

コメント

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
タイトルとURLをコピーしました