二本松岳温泉を観光後、安達太良山で猛特訓?アミノバリュークラブ。

チューリップ トレイルランニング
スポンサーリンク

安達太良山登山前回の続き。安達太良山の山頂を見てきたわけだが、この前後で岳温泉を観光していた。観光の記事を書くなんて極めて稀だ(笑)まずは翌日に開催される復興マラニックの受付会場を下調べ。

途中、目についたのはこのチューリップらしき機械!?ソーラーパネルのような物が備わっている。謎だ。続いて鏡ヶ池公園。憩いの場と言った感じ。花も咲いていて景色が良い。

これはゴールデンウィーク中の話なのだが、「リアル宝探しF-4」を親子連れでしている人々が多かった。子供達があちらこちらと地図らしき紙を持って走り回っていた。

スポンサーリンク

アミノバリューランニングクラブの復興マラニック。

2014蔵王温泉国際トレイルランニング大会標高1700m。

そして安達太良山から下山後の話だが、早速宿泊の準備にとりかかる。準備とはテントを貼る事だが、とてつもない強風が吹き荒れる(T_T)テントを張ろうにも風で飛ばされるを何度も繰り返す。特にフライシートは軽い為、悪戦苦闘。

テントは買ってから練習して、その後一度だけ実践していた。しかしその時はコンクリート上に「置いた」だけ。つまりペグを打った事が無かった。強風の為、ペグ打ちは必須。前回のように適当に場所を決めて、適当に設置とはいかない。

初めてのテント設営。

奥宮俊祐選手とハイタッチしてトレイルランニング大会FT50を走る。

説明書をじっくり見ている暇もないので、大体の感覚で設置。それでも風で飛ばなかったのだからある意味適切だったと言えよう。その後、テント内で説明書をじっくり読み、適正にテントを張ることが出来た。・・と言っても翌朝の事だが。

当日遠征では受付に間に合わないので、前日にテント泊。当日参加者は30人程度だった。千葉県や東京都から来る人もいるとは・・。ファンランで数千円の参加料はいかがなものかとも思ったが、ある程度の粗品を進呈されたので良しとする。

大塚製薬の試供品。

アミノバリュー顆粒スティックセット。

大塚製薬の人は「これらを全て取れば万全なので、本日中に使って下さい」と言っていた。聞こえはいいが、商品の賞味期限が短い物ばかりで最短は2週間後。貰い物なので別に構わないが、必然的にすぐ消費するようになる。

特にランニング手袋は使える!最近は日差しが強くなってきたから。昨日19日はアミノバリューランニングクラブで安達太良山に行くはずだったが雨の為里山でのトレーニングとなった(T_T)練習開始前に念願だった!?

雨で安達太良山には登らない事に。

世界一過酷なアドベンチャーレースとは?大会の全貌を記録したDVD。

エイドステーション用アミノバリュー1・5Lが進呈された♪1・5L入りは非売品で特殊な存在なのだ(笑)当初安達太良山に登る予定だったが、雨で下記の練習内容に変更された。前半は俊敏な動きを養成するラダートレーニング。

その後、里山を3周。約10kmのランとなった。これで今月走った距離は60kmほど。梅雨明けしてないので、雨でもしょうがない。それなりの極意を伝授してもらった。「アミノバリューランニングクラブの福島県復興マラニックは雨開催」に続く。

コメント

タイトルとURLをコピーしました