スポンサーリンク

第2回外秩父トレイルラン43大満農業集落からゆうパーク越生まで

チューリップが沢山咲いている トレイルランニング
スポンサーリンク

一度やってみたかったロードバイク通勤。 今回、会社までの道のりを試走。 慎重に走行すればなんとかなりそうだが、雨天時が問題(^_^;)外秩父トレイルラン43前回記事の続き。

最終エイド大満農業集落センターを通過してゴールを目指す! エイドでの情報では参加者約500名中300名が通過したそうだ。いつも最後方(ビリ)を走る私としては上出来だ(^^)

足はだいぶ消耗したが、長い下りで心肺機能は回復したようだ。 怪我や故障といった事も無く、どこまでも走れそうな気分(^^♪ ここまで順調に進んだレースは他にない。前後にランナーが居ない為、まるでトレイルランのトレーニングで山に来たような気分だ。

スポンサーリンク

この最後の一山は横倒しになった大木をしゃがんで回避しながら急登を登る。

辺りに木々が多いのと夕方近くになってきた為、周囲は暗く感じる。 迷いそうな場所には案内があるので問題なく進めた。 (この大会後、一方通行の標識を見るとコースの案内に見えてしまう(笑)

そして山を登り終えて再び下り。 この下りで若干ランナーに遭遇したが、後ろに近づいてきたら即座に道を譲るスタイルはいつもと変わらない。律儀にお礼を言って行くランナーさえいる。 どんどんゴールに近づくのがわかる。

4月に参戦したハセツネ30kでは全く走れず終了したのに、今回それとは対称的だ。 たった1ヶ月で変わるものだな。 やがて広場に出てゴール!ゆうパークおごせのゴールに到着したのは16時30分頃。 当

初のゴール予定時間が17時30分だったので、1時間早くゴールした。この段階でも余力は残っていて少しなら走れそうだった。 思ったよりしょぼい(簡素な)完走証にガッカリしたが、気を取り直して温泉へ。 戦いの疲れを癒して帰路につくのであった。

本来、帰りはメガマックを食べたかったが販売開始が翌日からだったので断念。

この大会はエイドでの食べ物は豊富だ。 場合によっては水が無い事もあったが、今回は数分待ちで補給できた。 アミノバイタルゼリー2個とブラックサンダー数個を持ってったが、案外水だけで間に合ったかもしれんな。

長距離遠征する者にとってスタート地点に更衣室が無いのは残念。(女性は有り) でも存分に楽しめた(^^♪ レース中は野生児とかモンキーになった気分も味わえた(笑)

外秩父トレイルランのリザルト。

トレニックワールドのホームページに大会結果が掲載されていた。 (エントリー:536名 出走:459名 完走:449名 完走率:97.8%) 前大会は灼熱の暑さで完走率70%代だったが、これが本来の数字だろう。

初めて(僅かながら)フルマラソン以上の距離で完走できたし、STYのポイントも取得できた。

前は2014年中に2ポイント取得して翌年春にSTY参戦予定だったが、(善は急げ作戦)実力が伴ってから出場した方が楽しめるので急がば回れ作戦に変更。 次戦はヒュッテ・ヤレン杯/第一回 蔵王温泉国際トレイルランニング大会。

コメント

タイトルとURLをコピーしました