スタートからゴールまで完全放置の蔵王温泉国際トレイルランに参加。
スポンサーリンク

スタートからゴールまで完全放置の蔵王温泉国際トレイルランに参加。

山形県で開催された蔵王トレイルランニングのコース上の景色。 トレイルランニング
スポンサーリンク

通常の大会では使わないのだが、熊鈴必携だったので所持。 コース図ではあまり高低差がなさそうだったのでストックをどうするか考えた。 ルールでは全コース使用可能だったので、遠慮なく使用。

この日の早朝は肌寒かったので、薄いジャケットを装備してレース開始を待った。 この時、計測チップを支給されてない事に気づいた。 計測チップ・タグを付けずに大会に参加するのは初めてだ。さて大会当日には持ち物チェックをした。

スポンサーリンク

山形蔵王が舞台のトレイルランニング大会。

蔵王トレイルランニングは雨と泥の過酷な大会!烏帽子岳での急登。

昨年(2013年)無念のリタイアとなった第1回蔵王トレイルラン。蔵王での失態は蔵王で返す! そしてこの後の蔵王温泉スカイトレイルに繋げるのだ!! 闘志は燃え上がっていた(・∀・) スタート直後に衝撃(´・ω・`)いきなりの急登である。

しばらくストックは使わない予定だったのに即使用となった。おかげで画像撮影はほんのわずか。ハセツネ30kの時は1km地点で終わったと思ったが、今回はスタート直後に思った(笑)

スタート直後からの急登に耐え抜け!

ロードランナーのウエストポーチはワコールHYO060が最適な理由。

これにより指定席である最後方を走る事になる。スタート直後はひたすら登りが続く。これを乗り越え、中盤以降挽回したいと思っていた。蔵王大権現・水神様といった地点をいつの間にか通りすぎてうつぼ沼付近に到着。

この大会は全くと行っていい程道案内がないので、道に迷う(T_T)幸い前後のトレイルランナーが集まり、地図を見ながら正規コースを進む。その後、ザンゲ坂・地蔵山・ワサ小屋跡と進む。この付近から標高も1700m付近となり、強風が吹き荒れる。

コース案内がないから道に迷った。

UTMF・STYの抽選で落選して追加募集のエントリーに挑戦した女性。

霧が多くて視界も狭くなる。これでは蔵王名物のお釜は見えまい。地蔵山頂駅に着いたものの霧で視界が限られる。チェックポイントを通過して折り返してきた選手たちとすれ違う。選手が走って来た方角に向かって進む。

やがてチェックポイントに到着。帰りが更に大変(T_T)大半のランナーが通過した後なので、前後に選手はほとんどいない。ワサ小屋跡 ⇒ 地蔵山 ⇒ 蔵王ロープウェイ地蔵山頂駅。この大会自体コース案内がないので何度も道に迷いながら進む。

エイドもなければ道案内もない完全放置状態。

ウルトラトレイル・デュ・モンブラン(UTMB)2016のエントリーが開始してトレイルランナー達が走る風景。

強風が吹いてかなり寒い。凍るかと思った(^_^;)幸い軽量シェルを装備していたので強風と寒さをしのげた(^^)ここから⇒ザンゲ坂 ⇒ ユートピアゲレンデ ⇒ 蔵王ロープウェイ:樹氷高原駅(中間駅)と進む。

山形県で開催された蔵王トレイルランニングのコース上の景色。

相変わらず選手たちの最後方を走るが、制限時間には余裕あるようだ。山を下ってゴールである蔵王体育館に向かう!山よりも街中の方が迷いやすかったが、無事ゴール。ゴールした選手に昼飯が出るはずだったが、どれだけ待っても出てこない。

長い時間走ってきて空腹なんだが出てくる気配もない。大会の運営やコース案内、その他を総合してかなりの不評だった大会。その後、蔵王温泉国際トレイルランニング大会が開催される事はなかった。

山形県の 蔵王温泉国際トレイルランニング大会かなりの不評で終了」に続く。

コメント

大会前に宿泊先を予約しよう!

大会前の宿予約は楽天トラベル!
日本全国の宿を探せる楽天トラベル。スポーツ大会にエントリーしたら部屋が空いてるうちに予約しよう。楽天トラベルなら大会会場に近い宿も探せる!
タイトルとURLをコピーしました