スポンサーリンク

東和ロードレース2014スイカとメロンを食べ続けろ!暑さには水分だ。

東和ロードレースの景色 ハーフマラソン
スポンサーリンク

七夕翌日の今日はロードバイクで約70km走行。時間にして6時間30分ペダルをこぎ続けた(^^)v日差しが強くてSPF30ではなく50を塗るべきだったな(^_^;)

蔵王温泉スカイトレイル(タフDEスカイ)にエントリーしようと思っていたが、よくよく考えると前回の蔵王温泉国際トレイルランニング大会と似たようなコースだ。

スポンサーリンク

大会は参加費と遠征宿泊費で決める。

完走者0のトレイルランニング大会トレニックワールド100マイル彩の国。

第1回なので参加するつもりだったが、参加費と遠征費で計算すると埼玉県のトレニックワールドイン越生40km30kmにかかる費用と同等だ。

同じようなコースを走るより未知のトレイルを走った方が進化できる(^^♪と言う事で越生40kmを完走してSTY2ポイント目をゲットするのであった。2015年STY走る可能性あるな。

暑い時の水分と紫外線対策。

最速で水分補給できるサロモンのハイドレーションとソフトフラスク。

この日も30度近い温度だったので頻繁に給水所が出てくるのは助かる。しかもスポンジの品切れはどのエイドでもなかった。おかげで暑さはほとんど感じなかった。次々に現れるスポンジと水のお陰でもある。

だが、2013年に出走した第1回外秩父トレイルランで40度近い暑さの中走ったので暑さへの耐性が高まったようだ。スタート後は一つ一つの坂道を確実にクリアして行くのみ。地獄坂が楽しみだ。次から次へと現れる坂道を無難にこなして行く。

マラソンシャワー不発。

大阪マラソン2016抽選結果発表!3度目の応募で当選を期待する女性ランナー達。

同じように次から次へと現れる水・スポンジ・スイカ・メロンも使用して行く。 前回の記事で書いたように暑さは問題ない。地獄坂とはなんぞや!?と思いながら進む。 やがてパンフレットに載っていたマラソンシャワー出現。

「・・・」 少ししか水出てない(^_^;) これは見て涼しさを感じる為の物か? 2箇所あるマラソンシャワーはいずれも水量が少ない。 淡々と進む。疲れは無い。やがて折り返し地点が見えてきた。

重装備のコスプレランナー。

大阪マラソンEXPOの受付後にナンバーカードを入手して大会当日は大阪城観光。

この折り返し地点の少し手前から消防士の格好をしたランナーが走っていた。周辺のランナー達を応援しながら走っている。 それだけではなく、次々とランナー達を抜かして前に進んでいる。 超人か!? ?私はあくまでマイペースで進む。

折り返し地点の時間は1時間10分と表示されていた。 そして大会スタッフはあと5分と叫んでいる。いつも時計は見ないし、関門や制限時間も不明のまま走ってるのでここが関門なのかな!?ぐらいにしか思わなかった。

地獄坂はいつの間にか通過してた。

大阪マラソン2016サブ5目指して大阪城公園前から御堂筋を走る女性。

地獄坂に会わないままここまできたぞ。どこにあるんだ。 (スタート直後にあると知るのはレース終了後であった)折り返しを過ぎる頃には周辺の景色も見れるようになっていた。後半の方が精神的に余裕があるなんて初めてだ(^^)

この時に思ったのは松島ハーフマラソンを坂の難易度と自然の景色をアップした様なコースだと思った。今の所坂道は問題ない。「第45回東和ロードレース2014自然一杯の景色と紫陽花」に続く。

コメント

タイトルとURLをコピーしました