トレイルランニング装備はこちら
Sponsored Link
人気記事一覧

第67回富士登山競走藤北麓公園でスペシャルクーポン入手。

トレイルランの装備にオーケーサインを出す若い女性 トレイルランニング
Sponsored Link

富士登山競走前回記事の続き。予め大会当日の天気を確認するとかなり暑くなりそうだ。 第1回外秩父トレイルランで灼熱の暑さの中走ってから暑さに強くなった。

情報を収集するとそれなりに水分補給できる場所があるようなので、今回大会で初めて無装備で走る事にした。 (スピードレースになりそうだし)補給食や飲料は持たないので心細い。 (普段はゼリー1個かチョコレート菓子を持参する)

Sponsored Link

高速バスなのに高速道路が使えないだと!

ワードプレスのブログが403Forbiddenでログインできなくて悲しむ少女。

しかしこの「富士登山競走」大会そのものよりその前後の移動が大変であった(T_T)大会前日の予定時間に出発して高速バスAに乗車。

しばらくして高速道路が通行止めになってるとの事。迂回して一般道路へ。まるでツアーバスだな。 次の高速バスBに間に合わないので、予約時間を変更。 やっと乗り換え地点新宿に到着。

出発から10時間後に山梨県富士吉田市に到着。

UTMF・STYの参加案内を準備して大会当日、富士山子どもの国で受付。

べつにプレイベント会場「藤北麓公園」に行かなくても良いのだが、吉田のうどんとスペシャルクーポンに惹かれてシャトルバスで向かう。早速食べた吉田のうどんの味は・・。 スープは良いのだが、うどんはだいぶ硬くて「とりあえず作りました」的な感じ。

アマチュアが作った物だからな。 日進のどん兵衛でも良かったぞ。心のこもったうどんを食べた後は追加でビッグマックセットを食し、空腹を満たした。

その後はあらかじめ決めておいた場所でテント泊。 テント泊だと周辺の音や人の気配であまり眠れないのだが、それでも2時間寝て目を覚まし、更に2時間寝て目を覚まし、プラス1時間寝て(計5時間)朝が来た。

富士登山競走五合目コースのスタート。

広大な草原を走っている幼い少女。

蚊に集中攻撃されるかと思ったが、テント内に入ってくる事はなかったので助かった。 (テントの外は蚊だらけ) 五合目コースは8時30分開始。準備をしていると7時に号砲が鳴った。 山頂コースのスタートである。

さっさとテントを片付けて富士吉田市役所に向かう。 道はよくわからんが進んでたら五合目コースの選手達と遭遇したので付いていく事にした。 そして富士吉田市役所に到着。そして五合目コースもスタート。最初は街中を走る。

普段トレイルランの大会でロード(舗装路)が現れるとガッカリするが、ずっとロードを走ってきてトレイルが出現すると砂漠のオアシスのように感じる(^^♪スタート直後にゴボウ抜きして途中でゴボウ抜かれしてトレイルでまたゴボウ抜き。富士登山競走次回記事に続く。

コメント