ビンディングシューズRP4と5比較!シマノSPD-SL幅広ワイドサイズ。

ビンディングシューズRP4と5比較!シマノSPD-SL幅広ワイドサイズ。 ロードバイク
この記事は約5分で読めます。
ブログ作者
スポーツライター
美山走希

UTMFを目指すトレイルランナー。その前に彩の国100Kmを完走したい。ロードバイクはブルベ200Kmが目標。

美山走希をフォローしよう!

よくシマノRP5はサイズが小さいと言われる。実際に買ったら小さかった。アマゾンのレビューで小さいとか小さくないとか書かれてるが、結論が出た。

ビンディングシューズのサイズ選び!通信販売で買う時の注意点。
ビンディングシューズを買うと言っても地方ではなかなか売ってない。ランニングシューズなら何処でも売ってるが、ビンディングシューズとなるとそうは行かない。規模の大きい自転車屋とかロードバイク専門店でもなければ実物を見れない。 そん...

小さいと言っても足にしっかりフィットするからあえて小さく作ってるのだろう。シマノのビンディングシューズRP4と同じサイズでもRP5は小さかった

美山学長
美山学長

いつもアマゾンで買ってるからサイズはね…。

スポンサーリンク

シマノ・ビンディングシューズRP4とRP5の違い。

RP5 SPD-SL Binding shoes

RP4はワイドサイズを購入してた。若干、余裕がある感じが好きなので購入したのだ。横幅が広いと楽にペダリングできる。

SPD-SLに初挑戦!シマノRP4と着脱簡単なライトアクションペダル。
SPDペダルを使用して4年5ヶ月が経過した。最初に購入したのはシマノ・クリッカーのペダルとシューズだった。特に不満はなかったが、新車購入と同時にペダルも変えたくなった。じゃあSPD-SLに変えよう。 だが、そう簡単には変えられ...

RP4が適切なサイズだったので、RP5も同じサイズを買った。だが、小さかった。ワイドサイズと比較したら当然と言えば当然なんだろうが、それにしても小さい。RP5なら1サイズ上にすべき。

シマノ・ビンディングシューズRP4の外観。

sh-rp400 (SHIMANO)

RP4だろうがRP5だろうが、BOAシステムが導入されてる。ダイアルを回すだけでシューズ紐を締められる。とても便利な機能だが、強引に動かすと壊れる。

初めてSPD-SLのビンディングペダルで走行!シマノRP4シューズを評価。
前回記事「ビンディングシューズのサイズ選び!通信販売で買う時の注意点」の続き。購入したライトアクションのペダル(EPDR540LA)とシューズ(SH-RP400)をロードバイクに装着して試乗した。 SPDよりSPD-SLの方が...

2本のマジック式ベルトで固定し、1番上のベルトをダイヤルで調整。すると全体が引き締まって調整完了。RP4の黒を買ったが、艶があって高級感もある。

クリート種類を紹介!SPD-SLビンディングシューズへの装着方法。
初めてSPD-SLのペダルにするならそれなりに準備が必要。ビンディングペダル・シューズ・クリートだ。クリートとはペダルとシューズを繋ぐ物。赤青黄色の3色ある。当然色には意味があって赤は上級者・青は中級者・黄色は初心者向け。 黄...

ワイドサイズだけあって履き心地も抜群!乗車するスピードスターSEは黒だからシューズも黒で統一。クリートは黄色だけどね(笑)

シマノ・ビンディングシューズRP5の特徴。

RP5 SPD-SL Binding shoes

ビンディングシューズRP4と違って、ベルトは1本だけ。それでもBOAダイヤルを回すだけでシューズ全体の紐を調整できる。

シマノSPD-SLにするか迷ったら読む!ビンディングシューズの必要性。
前回記事「シマノSPD-SLビンディングペダル比較!クリート種類とお勧めシューズ」の続き。これまでビンディングペダルは「PD-T400  EPDT400LR」を使用し、シューズはシマノクリッカー(SH-CT41G )を使っていた。 ...

と言うより、紐を締めなくてもいいくらいサイズが小さい。縦の長さは良いのだが、横幅がないから窮屈きゅうくつ。外観は白だからか、高級感はない。

最初のビンディングペダルはPD-RS500に決定!シマノ3種類を比較。
2019年にPD-RS500(EPDRS500)が発売されるまでは初心者定番のペダルだった。PD-RS500(EPDRS500)は7年後に発売されただけあってかなり進化してる。まず、見た目がPD-R7000(EPDR7000)に似ている。新型PD-RS500(EPDRS500)は格好良い。

それでも乗車するスーパーシックスエボは白だから統一できる。ロードバイクを2台所持してて1台はズイフト用なんだ。(まだズイフト導入してないけど)

ビンディングシューズRP4と5比較!シマノSPD-SL

RP5 SPD-SL Binding shoes

RP5はカーボンファイバー&強化ナイロンソールで高額なビンディングシューズ。若干、安いのがRP4(ロードパフォーマンス)だが、性能はあまり変わらない。

RP5 SPD-SL Binding shoes

裏側も特に違いはないが、RP5だとカーボン・ファイバー・リインフォースド(特殊プラスチック)と書かれている。RP5は表の先端がメッシュになってる。

スポンサーリンク

ビンディングシューズRP4と5のどちらを買うべき?

JCF公認ヘルメットが安い!安全規格を証明する公認シール付き(rh+)

RP4は1万円、RP5は1万5千円はする。そんなに性能差はないからRP4で充分。それにRP5は白黒の2色しかないが、RP4は4色構成。

ロードバイク速度アップのカスタマイズ!おすすめ改造順番はこちら。
ロードバイクを買って乗り慣れたら次の段階に進みたい。次の段階とはロードバイクの各種部品を交換してより速く快適にするのだ。 1つの部品を交換するだけで劇的に変わる事もある。あれこれ無計画に交換すればいいってもんじゃない。部品購入費用に対...

特にオレンジレッドとネオンイエローは素晴らしいカラーリング。そしてRP4には通常サイズとワイドサイズがある。色とサイズで選ぶならRP4に決定。

関連記事ロードバイクに100万円使った結果!買って良かったランキング

ロードバイクに100万円使った結果!買って良かったランキング。
これまでロードバイクに出費した費用を合計すると100万円になっていた。ロードバイク4台にキッカーコア(ダイレクトドライブ)と大金を使ってきた。 その中で、購入して良かったロードバイク用品をランキングで紹介。買って良かったのはロードバイ...
ワフーキッカーコア体験!ダイレクトドライブのスマートトレーナー。
Zwift(ズイフト)をする為にダイレクトドライブ(スマートトレーナー)を買った。タックス(FLUX2SMART)とワフー(KICKR CORE)のどちらを買うか散々迷った。 結局、タックス(FLUX2SMART)は売り切れ状態が続い...
ビンディングペダルとシューズ選び完全版!SPDとSPD-SLを徹底比較。
ロードバイクを買ってしばらくするとこう思う。最初はフラットペダルだったのが、ビンディングペダルやビンディングシューズに挑戦したくなる。実際にビンディングシューズとペダルにした方が楽になる。そんなSPDとSPD-SLのを徹底比較した。
サイクルコンピューターはGPS搭載、地図ナビゲーション付きを選べ。
ロードバイクに装着するサイクルコンピューター(略してサイコン)サイクルコンピューターがあればロードバイク走行が楽しくなる。 なんと言ってもロードバイクでの走行距離・速度・心拍数・パワー・ケイデンスの5つがわかるのが嬉しい。走行後は地図...
ホイール買うならWiggleとPBKどっち?海外通販サイト比較した結果。
ロードバイクに1年、2年と乗ってると欲しくなるのがホイール。ホイールを変えると走りも変わる。同じロードバイクとは思えない変化が起きる。 初めてホイールを買うならフルクラムレーシング5か、カンパニョーロゾンダがお勧め。そんなロードバイク...
シマノ CS-R8000 11S 11-32T 12346802582 ICSR800011132
シマノ(SHIMANO)
SHIMANO(シマノ) ULTEGRA CS-R8000 カセットスプロケット11-32T(11S) ICSR800011132

ビンディングペダル・シューズ関連記事。

コメント

トレイルラン初心者向けの教科書を無料配布してます。読みたい方はLINEを登録後に「トレイルランニング大学」とメッセージしてください。直後に記事URLが送信されます。LINE登録は下のボタンからどうぞ!

友だち追加

WEBライター・スポーツライターの仕事を募集しています。資格は社会保険労務士とファイナンシャルプランナー2級があります。仕事の依頼はお問い合わせページからどうぞ!
当ブログは皆様からの寄付で運営しています。寄付はamazonギフト券で受け付けています。協力して頂ける方はお問い合わせページからamazonギフト券のコードを送信してください

プロバイクキット(PBK)クーポン1割引

激安通販【ProBikeKit】

クーポン「LF4I-R1」で10%割引
タイトルとURLをコピーしました