トレイルランニング装備はこちら
Sponsored Link
人気記事一覧

仙台国際ハーフマラソン目前でスポーツ整形外科に通う。

仙台国際ハーフマラソンのパンフレット ハーフマラソン
Sponsored Link

今日もいつも通り全身筋肉痛状態で歩く度に痛みが走る(゜o゜) と言うのも5月開催のハーフマラソンに向けて実践的練習を行ったから。 今回の特訓内容はLSDで20Km以上走れるかの挑戦!!?

結果23.8Kmの道のりだったが、やはり15Km付近になると足が痛くて走れなくなる。 だが、心肺機能に問題なく、呼吸も乱れない。 とりあえず3月中に18Km、4月中に20Km走れるようにしたいものだ◎

Sponsored Link

仙台国際ハーフマラソンの完走を目指して。

3月16日、2回目のハーフマラソントレーニングを行った。結果は約3時間10分で21Kmを走破(若干の徒歩&休憩含む) 個人的に時間はどうでもいいので、20Km以上走れたのは良かった♪

だが、その翌日からただでさえ毎日が全身筋肉痛状態なのに更に重症化(゜o゜) 特に腕と足が痛い。そして疲労からか頭も痛くなった。現在は歩くのがやっとの状態である(+o+) まずは疲労回復が重要なので、ランニングクリニックの日まで回復に専念しよう。(トレーニングできないのは本当に苦痛だ)

Sponsored Link

仙台国際ハーフマラソン目前、動かなくても膝が痛い。

初のハーフマラソンが迫ってきたが、膝の痛みは相変わらず(何もしなくても痛い) このままではまずいので、整骨院に行ってみる。 電気治療を行い、マッサージしたが外傷もなく、腫れてもいないので病院に行った方が良いとの事。

そして病院(整形外科)にいったら案の定、腸脛靭帯炎だった。だが、医師の話では2週間ほどで治るとの事。 完治まで3ヶ月はかかると思ってたので、驚き!!(・o・)

ぜひとも痛みの無い状態でレースを走らせてくれ!☆ ・・と願うのであった。(ワコールのCW-Xを履くとだいぶ痛みも軽減された)後日追記 結果ドクターの言う通り2週間では治らなかったが、無事に仙台国際ハーフマラソンを完走出来た。

4月15日。第23回仙台国際ハーフマラソンの案内が届いた(^O^) 案内が来たと言う事は間違いなくエントリー完了しているので、一安心。

だが、今は腸脛靭帯炎&鵞足炎のWパンチで100mも走れない状態(T_T) 昨年から3回レースに出たが、いずれも膝を痛めた状態で走り、完走している。(たまにはまともに走りたい) 10Km程度のレースなら多少膝が痛くてもカバーできるが、さすがに21Kmは無理^^;

コメント

トレイルラン用品紹介

以下の記事を読むとトレイルランニングに詳しくなれます。

山を走るならサロモンのアドバンスドスキン12セットが最適な理由。
世界で最も使用されているトレイルランニング用ザック。それはサロモンのアドバンスドスキン12セットだ。UTMFやUTMBを含むあらゆる大会で使われている。アドバンスドスキン12セットなのは2016年モデルまでで、2017年からは「ADV SK…
速くなるウルトラマラソン・トレイルランのトレーニング方法を紹介。
フルマラソンを完走したら次の目標はウルトラマラソンを目指すランナーもいるだろう。また、ウルトラトレイルランナーとして100マイル(160Km)を目指すランナーもいる。

フルマラソンの教科書は山ほどあるが、これらウルトラ…

トレイルランやロードレースで必須の補給食やサプリメントを紹介。
これまで、トレイルランニングで使える装備品を紹介してきた。バックパック(リュックサック)やシューズ・ヘッドライト・レインウェア等。これらの装備を一通り揃えたら普段使ってる補給食やサプリメントを確認したい。充分な水分と栄養素があるからこそ力を…
最速で水分補給できるサロモンのハイドレーションとソフトフラスク。
トレイルランニングの大会ならいち早く水分補給したいものだ。いちいちバックパックから取り出して給水なんてあり得ない。現在は背中に背負うハイドレーションか、胸に付けるソフトフラスクの2種類がある。そのハイドレーションとソフトフラスクの違いを紹介…
春夏の日差し対策!軽くて涼しい紫外線を防ぐCW-Xのランニング帽子。
日焼けしたくないので、帽子は1年中活用している。特に春から夏は必須の日焼け防止アイテムである。日焼けを帽子で防止するのだ(笑)冬でも帽子があれば暖かいからあって損はない。冬は一般的な帽子とニット帽を併用している。お陰で部屋の中は帽子だらけに…
長距離走で力を発揮するアミノ酸とは?糖質と蛋白質が豊富な携帯食料。
いよいよUTMF(STY)に挑戦する。3度目の抽選でようやく当選したのだ。UTMF(STY)に出場するには2段階のステップがある。まずは必要ポイント数の獲得。その後の抽選だ。特に2017年大会は開催されなかった為、出場に4年掛かった。

Sponsored Link