トレイルランニング装備はこちら
Sponsored Link
人気記事一覧

大豆プロテインが女性の美容健康や骨粗鬆症に役立つのは本当か?

読書・その他
Sponsored Link

プロテインと言えばホエイプロテインで決まり。だが、他にもカゼインや大豆のプロテインがある。今回は消化吸収が良くて効率的に力を発揮するプロテインを探す。市販されているプロテインの主材料は牛乳と大豆である。更に牛乳にはホエイタンパク質とカゼインタンパク質がある。
https://utmb.utmf.info/stoop-improvement/
ホエイとカゼインならホエイの方が消化吸収が速い。タンパク質の栄養価を計る指数として「アミノ酸スコア」がある。このアミノ酸スコアはホエイ・カゼイン・大豆といずれも高品質の100が表示される。品質では互角でも「体内でどれだけ利用されたか」が重要。

Sponsored Link

ホエイタンパク質とカゼインタンパク質。

鉄板の上に乗ってる分厚いステーキ。
ホエイタンパク質は消化吸収が速くて利用効率も高い。ホエイプロテインの利用効率が92ならカゼインタンパク質は76だ。だから筋肉づくりで最も必要なプロテインとされている。筋肉づくりを追求するボディービルダーはホエイプロテインを好んで使う。
https://utmb.utmf.info/health-and-physical-fitness/
カゼインタンパク質にも利点は消化吸収が遅い事。消化吸収が遅ければ長い時間血中のアミノ酸量を高めてくれる。なので、ホエイプロテインとカゼインプロテインを組み合わせればトレーニングの前からトレーニング後まで活躍してくれる。

植物性の大豆タンパク質はどうなの?

奥宮俊祐のガーミンfenix3J Sapphire HRと鴨井夕子235J比較。
ホエイプロテインやカゼインプロテインより消化吸収が遅く、利用効率も劣る大豆タンパク質。そんな大豆タンパク質にも利点がある。それは米国食品医療局で大豆タンパク質が心臓疾患の改善に効果あると発表し、別の研究ではガンの予防に役立つとされているからだ。
https://utmb.utmf.info/diet-and-body-fat/
大豆タンパク質のペプチドにも消化管内でコレステロール・胆汁酸と結合して球種を妨げる作用がある。更に大豆タンパク質には悪玉コレステロールを血中から取り除く作用もある。体脂肪とコレステロールを減らすのが大豆タンパク質の特徴。

大豆プロテインで美しく健康に。

フルマラソン後のダメージと筋肉痛のケア、食事・睡眠・練習再開時期。
その他、大豆に含まれる大豆タンパク質以外の成分も重要だ。大豆にはガンの予防やエストロゲン(女性ホルモンの一種)のレベルを正常化して骨粗鬆症を防ぐ効果が確認されている。大豆に含まれるレシチンにはトレーニング前後の筋肉分解を抑える効果が報告されている。
https://utmb.utmf.info/importance-of-protein/
大豆をプロテインで摂取する場合は消化効率とパウダーの溶けやすさで劣る。それでも筋肉づくりをしつつ心臓疾患やガンの予防等、健康に様々な効用をもたらす。多様的な働きをするのが、大豆プロテイン(ソイプロテイン)と言える。お薦めの大豆プロテインは明治ザバスのソイプロテインである。

コメント