スポーツライター
美山走希

UTMFを目指すトレイルランナー。その前に彩の国100Kmを完走したい。ロードバイクはブルベ300Kmが目標。

美山走希をフォローしよう!

藍井エイルと茅原実里のアルバム入手!トレーニング中に聴いた。

藍井エイルと茅原実里のアルバム入手!トレーニング中に聴いた。ランニング用品紹介
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

外でのランニング時にはお気に入りの曲を聴くわけだが、同じ曲を聴いてると飽きてくる。なので、新曲を導入する事にした。

良さそうなCDを探してたら藍井エイルBESTのAとEを発見!これまでアルバムのAUBEとD’AZURを聴いてたので藍井エイルの曲に決定。

藍井エイルの曲を知ったのはアニメ「ソードアートオンライン」のオープニングテーマを歌ってたからだ。

アニメと言えば声優茅原実里の「Innocent Age」を入手した。CDアルバムが3枚あれば40曲は入ってるだろうしばらくはこれで充分だ。

音楽を聴きながら快適にトレーニング!無線対応のスポーツ用イヤホン。
ロードランナーのトレーニングに使いたいのがスマートフォンとイヤホン。音楽を聴きながら走れば苦しいトレーニングも楽しく走れる。最近はブルートゥース対応のイヤホンで走りに集中できる。ブルートゥースの仕組みを使えばスマートフォンとイヤホンを無線で...
スポンサーリンク

Bluetooth接続でイヤホン不要(無線で音楽を聴く)

音楽を聴きながら快適にトレーニング!無線対応のスポーツ用イヤホン。

ランニング中に曲を聴くと音飛び必須で、イヤホンのコードが邪魔だったのはいつの日か。近年は技術の進歩により高音質の音を音飛びなく聴けるようになった。

スポーツ仕様のイヤホンでさえBluetoothがあってスマートフォン本体には標準装備の時代だ。

通常のイヤホンだと走ってる最中に耳から外れてトレーニングの集中を欠く時があった。このBluetoothイヤホンの存在をもっと早く気付くべきだった。

美山学長
美山学長

Amazonだとスポーツでも使えるBluetoothイヤホンが3000円あれば買えるのでお薦めだ。

音楽を聴いて走るならこれを選択!高音質・長時間の無線イヤホン。
ロードランナーのトレーニングに使いたいのがスマートフォンとイヤホン。音楽を聴きながら走れば苦しいトレーニングも楽しく走れる。最近はブルートゥース対応のイヤホンで走りに集中できる。ブルートゥースの仕組みを使えばスマートフォンとイヤホンを無線で...
ワイヤレスイヤホン bluetooth 5.0 瞬間接続 カナル型 自動電源オン/オフ マイク付き ハンズフリー両耳通話 CVC8.0ノイズキャンセリング 自動ペアリング IPX7防水 イヤホンbluetooth 片耳両耳 日本語説明書
Kinganda
Bluetoothイヤホン5.0+EDRが搭載されているため、ワイヤレス イヤホンは充電のケースから出し入れするだけで電源ON/OFFの切り替えと、端末とのペアリング設定モードが自動で起動します。2度目からは自動で機器に接続します。

走った距離はポラールM400HRで計測。

ポラールM400HRを装着するポニーテール金髪の若い女性。

2016年1月から6月までの月間走行距離を調べる。

  • 1月80Km
  • 2月91Km(ロードバイク45Km)
  • 3月60Km(ロードバイク70Km)
  • 4月133Km
  • 5月143Km(ロードバイク81Km)
  • 6月85Km(ロードバイク50Km)

※ロードバイクは別計測総計507Km走って281Kmロードバイクに乗った。トレッドミルは(M400HRでは)距離を計測できないから除外している。

2016年は2月に東京マラソンがあるから走る距離を倍増した。これまで月間30Kmしか走らなかったのを100Kmを目標に走りまくった。

そもそも100Km走るのは当然で本来300Kmを目指すべきなんだがな。トレーニングのモチベーションはM400HRでの計測とお気に入りの曲を聴く事にある。

効率的にトレーニングできるポラールのハートレートモニター使い方。
これまでトレーニングやスポーツイベントに計測機器を持たずに参加していたが、心拍数を把握してトレーニングするとその日の疲労感や調子がわかってより効率的に練習できそうだ。 だが、本質的なのはそこではなく、モチベーションが飛躍的に上がる事。...
【2021革新モデル ENCノイズキャンセリング】 Bluetooth イヤホン ワイヤレス イヤホン ブルートゥース イヤホン HIFI高音質 マイク4本内蔵 クリアな通話 Bluetooth 5.0+EDR 自動ペアリング AAC/SBCコーデック対応対応 小型/軽量 タッチ操作 快適装着 左右分離型 片耳/両耳 Bluetoothヘッドセット 音量調整 Siri対応 Type‐C充電対応 ビジネス/WEB会議/テレワーク/仕事/通学/ウォーキング 技適認証済
Axloie
♪【ENCデュアルマイク対応Bluetooth イヤホン】ENCノイズキャンセリング(Environment Noise Cancellation)を通じて、音声通話の際に周囲の様々な雑音を除去することができます。街の喧噪、風の音などの音声通話の妨げとなる環境ノイズを約90%以上除去します。計4基(片側2基)のマイクを搭載しており、一つのマイクが音声を相手に伝え、もう一つが周辺の環境ノイズを逆位相で相殺することにより、通話相手に、よりクリアな音声を届けることを可能にしました。クリアな通話品質のため、ハンズフリー通話に対応しているだけではなく、テレワーク中のリモート会議(WEB会議)にも活用することができます。

3日連続で15Km走ったらフルマラソンよりキツかった。

ポラールM400HR心拍センサー付GPSランニングウォッチを付けたランナーの女性。

走りながら曲を聴けるのは街中を走る「ロードランニング」だからこそ。トレイルランニングなら山だから鳥の歌声(鳴き声)でも聴いた方が良い。

そのロードランニングだが、15Kmを3日連続で走るトレーニングを実行した。しかし、3日間に分割すると速い速度で45Km走るから疲労が大きい。

フルマラソンを1日で走るより45kmを3日間で走る方が負担が大きいと言う結果になった。これを機にアマゾンミュージックに登録しよう。

6500万曲以上が聴き放題だからな。ちなみに藍井エイルも茅原実里もアップテンポの曲が多くてトレーニングに最適だった。

音楽を聴きながら快適にトレーニング!無線対応のスポーツ用イヤホン。
ロードランナーのトレーニングに使いたいのがスマートフォンとイヤホン。音楽を聴きながら走れば苦しいトレーニングも楽しく走れる。最近はブルートゥース対応のイヤホンで走りに集中できる。ブルートゥースの仕組みを使えばスマートフォンとイヤホンを無線で...
Apple AirPods Pro
Apple(アップル)
包み込むようなサウンドを生み出すアクティブノイズキャンセリング

コメント

スポーツライター(ブロガー)
美山走希

UTMFを目指すトレイルランナー。その前に彩の国100Kmを完走したい。ロードバイクはブルベ300Kmが目標。

美山走希をフォローしよう!

大会前の宿泊予約は楽天トラベルで!

タイトルとURLをコピーしました