トレイルランニング装備はこちら
Sponsored Link
人気記事一覧

マラソンで膝が痛い!腸脛靭帯炎を治療の為、スポーツ整形外科へ。

スポーツ整形外科の女医。 読書・その他
Sponsored Link

2013年4月に初めて20km走をやって負傷した膝の皿周辺の痛みと腸脛靭帯炎。整骨院では拉致があかず、病院へ行くとオーバーワーク(オーバーユース)なので、走らないようにとの事。

そして現在12月になっても痛みは相変わらずの為、今度は違う整形外科へ。レントゲンでは異常なしで足に注射する事に。足に注射とは初めてだし、なんだか世界を舞台に戦うアスリートみたいだ(笑)

まあフランスのウルトラトレイル・デュ・モンブラン(UTMB)で走るのはまだ先の話だが、最近になってPTAならぬPTLと言うのがあると知った。※(PTL モンブラン山群をフランス・イタリア・スイスをまたぎ300kmを踏破するレースで累積標高差は25kmにも及び、富士山7回分に相当する。)

Sponsored Link

運動しなくても膝が痛い。

UTMF44Kmに距離短縮女子2位鴨井夕子STYは雨で中止。

スポーツ整形外科での治療。そう言えば病院(スポーツ整形外科)に行って膝の皿周辺の痛みと腸脛靭帯炎について医者に見てもらい注射と湿布(モーラステープ)をした。1週間経過したら何が効いたのか知らんが痛みは軽減された。

バーベルスクワットで鍛えられたのかも知れないし謎だ。 病院に行ってもどうせレントゲン撮影して湿布をよこすだけで効果はないだろうと思っていたし、前回、別の病院(整形外科)に行った時は飲み薬・湿布を貰って超音波!?を当てたが、全く効果なかった。

モーラステープの副作用は強烈?

UTMF・STYの抽選で落選して追加募集のエントリーに挑戦した女性。

今回一か八かで病院に行ったのだが無駄ではなかったようだ。 このモーラステープって見た目はとっても小さくてしょぼい湿布なのだが紫外線に当てると接触皮膚炎、貼った部分の膨疹、動悸、顔面・眼瞼の浮腫、水疱・びらん、色素沈着、皮下出血、じんましんと言った副作用が出るようだ。

夏でも冬でも1年中紫外線を避けてる(対策してる)私には関係ないが。 さて本題、このランニング・コア・メソッドという本はひたすらストレッチについて書かれている。 それぞれの痛みに対応した内容なので、参考にできそうだ。(割愛しすぎ)

東日本大震災後に4河北新報気仙沼つばきマラソンが復活。

奥宮俊祐選手のトレイルランニング大会FunTrails100KのFT50体験記。

さて2014河北新報気仙沼つばきマラソンだが、そもそもこのような大会があったとは知らなかった。東日本大震災の影響で休止になっていたマラソン大会が来年2014に復活する。

遠方で前泊が必要なので参加しないが、震災から復興していくのは良いことだ。大会会場まで船(フェリー)で行くと言うのも面白い。(開催は平成25年4月21日)

読書好きで読む時は1日5冊以上読むが、今回も面白そうな本を見つけてきた。 その名も「ランニング・コア・メソッド」体幹を使えば驚くほど軽やかに完走できると書いてある。足を痛めるまではトレーニング前後にストレッチなんて一切しなかった。 効果があるのか不明だが今では(少しは)ストレッチする事にした。

コメント

トレイルラン用品紹介

以下の記事を読むとトレイルランニングに詳しくなれます。

山を走るならサロモンのアドバンスドスキン12セットが最適な理由。
世界で最も使用されているトレイルランニング用ザック。それはサロモンのアドバンスドスキン12セットだ。UTMFやUTMBを含むあらゆる大会で使われている。アドバンスドスキン12セットなのは2016年モデルまでで、2017年からは「ADV SK…
速くなるウルトラマラソン・トレイルランのトレーニング方法を紹介。
フルマラソンを完走したら次の目標はウルトラマラソンを目指すランナーもいるだろう。また、ウルトラトレイルランナーとして100マイル(160Km)を目指すランナーもいる。

フルマラソンの教科書は山ほどあるが、これらウルトラ…

トレイルランやロードレースで必須の補給食やサプリメントを紹介。
これまで、トレイルランニングで使える装備品を紹介してきた。バックパック(リュックサック)やシューズ・ヘッドライト・レインウェア等。これらの装備を一通り揃えたら普段使ってる補給食やサプリメントを確認したい。充分な水分と栄養素があるからこそ力を…
最速で水分補給できるサロモンのハイドレーションとソフトフラスク。
トレイルランニングの大会ならいち早く水分補給したいものだ。いちいちバックパックから取り出して給水なんてあり得ない。現在は背中に背負うハイドレーションか、胸に付けるソフトフラスクの2種類がある。そのハイドレーションとソフトフラスクの違いを紹介…
春夏の日差し対策!軽くて涼しい紫外線を防ぐCW-Xのランニング帽子。
日焼けしたくないので、帽子は1年中活用している。特に春から夏は必須の日焼け防止アイテムである。日焼けを帽子で防止するのだ(笑)冬でも帽子があれば暖かいからあって損はない。冬は一般的な帽子とニット帽を併用している。お陰で部屋の中は帽子だらけに…
長距離走で力を発揮するアミノ酸とは?糖質と蛋白質が豊富な携帯食料。
いよいよUTMF(STY)に挑戦する。3度目の抽選でようやく当選したのだ。UTMF(STY)に出場するには2段階のステップがある。まずは必要ポイント数の獲得。その後の抽選だ。特に2017年大会は開催されなかった為、出場に4年掛かった。

Sponsored Link