トレイルランニング装備はこちら
Sponsored Link
人気記事一覧

白石蔵王高原マラソンの起伏と激坂&ポラール時計初使用。

白石蔵王高原マラソンに咲くピンク色のコスモス。 ハーフマラソン
Sponsored Link

白石蔵王高原ハーフマラソン後編。

スタート直後は無理しない程度に飛ばす。私が力を発揮できるのは下りのみ。

関門閉鎖時間は15Km地点で11時35分、17.5Km地点で11時50分。

私の走力では15Kmの関門をギリギリで通過すると次の関門に間に合わない。なので、関門を5分前に通過する事を目標に走る。

絶えず登りと下りが続く。平坦な場所はないかも知れない。

起伏については松島ハーフマラソンに似ているが、激坂があるので白石蔵王高原ハーフマラソンの方が大変である(^_^;)

白石蔵王高原ハーフマラソン最大斜度10.5%の激坂に挑戦。
9月13日はロードバイクイベント「ツールド東北」の開催日である。去年同様「走行管理クルー」をするつもりだったが、気付いた時には募集終了していた(ノ∀`)アチャー仙台泉ヶ岳トレイルランまで日数があるので、13日は「白石蔵王高原ハーフマラソン大...

これまでマラソン大会でスピードを意識して走った事は1度もない。それが今回は制限時間が短いので、可能な限りスピードを上げなければならない。

完走すれば最近のトレーニング(トレッドミル・坂道ダッシュ・階段ダッシュ)の効果があったと実感できる。

Sponsored Link

起伏と激坂のコースをスピード勝負せねばならん。

エイドステーションで提供されているのは水とアクエリアスとスポンジのみで食べ物はない。

この日は暑かったので全エイドでスポンジを使用した。

ポラールM400HR心拍センサー付GPSランニングウォッチを付けたランナーの女性。

思えばスタートからゴールまで走り続けるのはかなり久しぶりだ。と言うのもトレイルランでは実力者でなければゴールまで走り続けるのは無理。

時には歩いて景色を眺めながら進むのが好きなのだ。山の景色と路面を楽しむ為にトレイルランナーをしていると言えるかも知れない。

坂が終わってまた坂が出現するの繰り返し。タイムは微妙。

ポラール製ランニングウォッチM400HRの出番だ。

ポラールM400HRを装着するポニーテール金髪の若い女性。

10Kmから関門の17.5Kmまでは新しく投入したポラールM400HRを頼りに進む。

練習では2回使用したが、大会で使うのは初めてだ。

今回はスピード勝負のガチバトルなので、動きを少しでも阻害するハートレートモニターは装備しない。

元々の用途が練習時に心拍数を図る為なので問題なし。

使ってる人しかわからないかも知れないが、当日の練習記録をまるで映画を見るかのように振り返る事ができるのが気に入っている。(GPS計測)

ポラールM400HR心拍センサー付GPSランニングウォッチ。
これまでトレーニングやスポーツイベントに計測機器を持たずに参加していたが、心拍数を把握してトレーニングするとその日の疲労感や調子がわかってより効率的に練習できそうだ。だが、本質的なのはそこではなく、モチベーションが飛躍的に上がる事。と言うの...

ポラールM400HRを購入してモチベーションが上がったのは間違いない。月間120Kmは走りたい。(これまでは月間40Km前後)

肉体も精神も必死の状態で進む。

予定通り第1関門を閉鎖5分前に通過。問題は第2関門。

これまでのトレーニングのお陰であまりスピードを落とすことなく、やはり閉鎖5分前に通過。これで精神面が楽になった。後はゴールしかない。

ポラールM400HRハートレートモニター付き登録と使い方。
初めてランニングウォッチ(ポラールM400HR心拍計付き)を購入したが、使い方がわからん(^_^;)時計本体で設定するものと思っていたらそうでもないらしい。ポラールのホームページを見ると初期設定はUSB接続して行うようだ。ランニングウォッチ...

エイドでのアクエリアスが飽きてきたので、たまに水を摂取。

そしてゴール!制限時間12時10分に対して12時5分にゴールした(^o^)v

大会前は制限時間内に完走できると思ってなかった。

今後の仙台泉ヶ岳トレイルランやハセツネカップに向けて良いトレーニングができた(^^)

コメント

トレイルラン用品紹介

以下の記事を読むとトレイルランニングに詳しくなれます。

山を走るならサロモンのアドバンスドスキン12セットが最適な理由。
世界で最も使用されているトレイルランニング用ザック。それはサロモンのアドバンスドスキン12セットだ。UTMFやUTMBを含むあらゆる大会で使われている。アドバンスドスキン12セットなのは2016年モデルまでで、2017年からは「ADV SK…
速くなるウルトラマラソン・トレイルランのトレーニング方法を紹介。
フルマラソンを完走したら次の目標はウルトラマラソンを目指すランナーもいるだろう。また、ウルトラトレイルランナーとして100マイル(160Km)を目指すランナーもいる。

フルマラソンの教科書は山ほどあるが、これらウルトラ…

トレイルランやロードレースで必須の補給食やサプリメントを紹介。
これまで、トレイルランニングで使える装備品を紹介してきた。バックパック(リュックサック)やシューズ・ヘッドライト・レインウェア等。これらの装備を一通り揃えたら普段使ってる補給食やサプリメントを確認したい。充分な水分と栄養素があるからこそ力を…
最速で水分補給できるサロモンのハイドレーションとソフトフラスク。
トレイルランニングの大会ならいち早く水分補給したいものだ。いちいちバックパックから取り出して給水なんてあり得ない。現在は背中に背負うハイドレーションか、胸に付けるソフトフラスクの2種類がある。そのハイドレーションとソフトフラスクの違いを紹介…
春夏の日差し対策!軽くて涼しい紫外線を防ぐCW-Xのランニング帽子。
日焼けしたくないので、帽子は1年中活用している。特に春から夏は必須の日焼け防止アイテムである。日焼けを帽子で防止するのだ(笑)冬でも帽子があれば暖かいからあって損はない。冬は一般的な帽子とニット帽を併用している。お陰で部屋の中は帽子だらけに…
長距離走で力を発揮するアミノ酸とは?糖質と蛋白質が豊富な携帯食料。
いよいよUTMF(STY)に挑戦する。3度目の抽選でようやく当選したのだ。UTMF(STY)に出場するには2段階のステップがある。まずは必要ポイント数の獲得。その後の抽選だ。特に2017年大会は開催されなかった為、出場に4年掛かった。

Sponsored Link