トレイルランニング装備はこちら
Sponsored Link
人気記事一覧

東京五輪目指すトライアスリート上田藍・佐藤優香・佐藤真海。

東京五輪目指すトライアスリート上田藍・佐藤優香・佐藤真海。 読書・その他
Sponsored Link

アスリートの魂「折れない心を トライアスロン 佐藤優香」を見た!劇中ではロードバイクでのコーナリングとランニングの練習が描かれていた。

佐藤優香選手はスイムが得意でランニングが苦手なんだな。上田藍選手(ITUトライアスロンW杯優勝)はスイムが苦手でランニングが得意とそれぞれの特徴が顕著に現れるからトライアスロンは面白い♪リオ・オリンピックでも活躍して欲しいものだ。

オリンピックロゴマーク

パラリンピック陸上女子走り幅跳びで2012年ロンドン大会まで3大会連続出場した佐藤真海さん(サントリーホールディングス)が、今春から2020年東京パラリンピックを目指してトライアスロンへ転向した。

陸上での実績が考慮され、日本トライアスロン連合の強化指定選手に選ばれた。「ツールド東北」に参加していた佐藤真海さん。出産後のトレーニングは大変だったようだが、パラトライアスロンでの活躍に期待。

Sponsored Link

ロードバイク大槌新山高原ヒルクライム開催。

東北地方の三陸海岸をスタートするヒルクライムイベント「おおつち新山(しんやま)高原ヒルクライム」が5月22日、岩手県大槌(おおつち)町で開催される。

コースには競技区間が含まれるヒルクライムの部と、計測をせずにサイクリングを楽しむパレードの部が用意され、大会前日には町役場で交流パーティーも催される。

大槌新山高原ロードバイク・ヒルクライム_公式ジャージ販売告知

「おおつち新山高原ヒルクライム」では大会公式ジャージも受注販売され、売上の一部はツツジ再生のためのチャリティーとなる。公式ジャージのデザインがピンク主体で非常に良いできだ。このジャージのみでも欲しいくらいだ。

ヒルクライムの部の走行距離は大槌町役場から新山高原頂上付近までの約23Km。途中、約13Km(標高差約820m)の区間が計測の対象となる。パレードの部は、同スタート地点から「産直つつじの里」までの8Kmを計測なしで走行する。

Sponsored Link

ライドワンソーラー アルチコンパス発売。

この時計はプロとしてロードバイクの世界で活躍する新城幸也選手とコラボした商品。ソーラー駆動で高度・方位・気圧・温度計測機能を兼ね備えたアウトドアウオッチだ。

■ ステンレスと強化樹脂素材の頑強なボディ
■ タウンでもアウトドアでも使えるデザイン性
■ ソーラー駆動でウルトラトレイルでも安心?

光を電気エネルギーに変えて駆動するソーラーモデルのため、フル充電を行えば約 5カ月間時計を動かすことができ、長時間のアクティビティにも耐えられる仕様。

長時間のトレイルランにも使えるのはポイント高いな。ソーラーだから大会中でも昼に充電して夜に備えられる訳だ。これだけの機能を備えている割には値段は控えめ。

新城幸也選手とのコラボモデルもラインアップ!

2016年も引き続き、プロロードレーサー 新城幸也選手と SOMA のアドバイザリー契約を継続し、新城選手のリクエストを反映した数量限定のコラボモデルを発売。

日の丸カラーをデザインし、新城選手の今期に抱える意気込みを表した。裏ぶたには新城選手のサインと限定数 500個を分母としたシリアルナンバーを刻印している。

新城幸也限定モデルは売り切れ店続出。買うなら今!

<SOMA> RideONE SOLAR ALTI COMPASS 数量限定モデル「Arashiro Limited」
品番:NS24703
価格:2万8000円 (税抜)
カラー:ホワイト/レッド
限定数:500個(専用ボックスつき)
2016年 3月11日(金)発売

コメント

トレイルラン用品紹介

以下の記事を読むとトレイルランニングに詳しくなれます。

山を走るならサロモンのアドバンスドスキン12セットが最適な理由。
世界で最も使用されているトレイルランニング用ザック。それはサロモンのアドバンスドスキン12セットだ。UTMFやUTMBを含むあらゆる大会で使われている。アドバンスドスキン12セットなのは2016年モデルまでで、2017年からは「ADV SK…
速くなるウルトラマラソン・トレイルランのトレーニング方法を紹介。
フルマラソンを完走したら次の目標はウルトラマラソンを目指すランナーもいるだろう。また、ウルトラトレイルランナーとして100マイル(160Km)を目指すランナーもいる。

フルマラソンの教科書は山ほどあるが、これらウルトラ…

トレイルランやロードレースで必須の補給食やサプリメントを紹介。
これまで、トレイルランニングで使える装備品を紹介してきた。バックパック(リュックサック)やシューズ・ヘッドライト・レインウェア等。これらの装備を一通り揃えたら普段使ってる補給食やサプリメントを確認したい。充分な水分と栄養素があるからこそ力を…
最速で水分補給できるサロモンのハイドレーションとソフトフラスク。
トレイルランニングの大会ならいち早く水分補給したいものだ。いちいちバックパックから取り出して給水なんてあり得ない。現在は背中に背負うハイドレーションか、胸に付けるソフトフラスクの2種類がある。そのハイドレーションとソフトフラスクの違いを紹介…
春夏の日差し対策!軽くて涼しい紫外線を防ぐCW-Xのランニング帽子。
日焼けしたくないので、帽子は1年中活用している。特に春から夏は必須の日焼け防止アイテムである。日焼けを帽子で防止するのだ(笑)冬でも帽子があれば暖かいからあって損はない。冬は一般的な帽子とニット帽を併用している。お陰で部屋の中は帽子だらけに…
長距離走で力を発揮するアミノ酸とは?糖質と蛋白質が豊富な携帯食料。
いよいよUTMF(STY)に挑戦する。3度目の抽選でようやく当選したのだ。UTMF(STY)に出場するには2段階のステップがある。まずは必要ポイント数の獲得。その後の抽選だ。特に2017年大会は開催されなかった為、出場に4年掛かった。

Sponsored Link