ツールド東北170Kmの道!ホテル観洋から北上経由で石巻専修大学へ。

ツールド東北170Km!ホテル観洋から北上河北経由で石巻専修大学へ。 ロードバイク
この記事は約3分で読めます。
スポーツライター
美山走希

UTMFを目指すトレイルランナー。その前に彩の国100Kmを完走したい。ロードバイクはブルベ300Kmが目標。

美山走希をフォローしよう!

ツールド東北の参加体験記も5作目。

  1. ツールド東北でボランティア!石巻大学に宿泊して南三陸コースへ
  2. 弱虫ペダルジャージの参加者も多数!女川・雄勝編
  3. ツールド東北にお勧めのライトとリアバッグ!神割崎から歌津町まで
  4. ツールド東北タイヤチューブと空気入れを準備!蔵内漁港とホテル観洋」の続き。
スポンサーリンク

ツールド東北・蔵内漁港からホテル観洋へ。

ツールド東北タイヤチューブと空気入れを準備!蔵内漁港とホテル観洋。

蔵内漁港を出てしばらくすると空が曇ってきた。あれだけ晴れてたのに意外だ。山岳地帯から街に近づいてる為、走りやすいコースになってゆく。

だが、制限時間に余裕がないから力の限りペダルを回す。100Km走行しても体調に異常はない。

ただ、これまでの道のりが過酷だっただけに筋肉は疲労している。たまにアミノバイタルを飲んでたが、気休めである。

心肺機能はまだしも足が披露して速度も低下する。平均速度25Kmを維持するのも大変だ。ひたすらホテル観洋を目指す。

1本おまけ?自転車用スポーツサングラス(ノーブランド)の秘密。
暑い熱い。2017年の夏は雨ばかり降って、連続雨記録を更新した。そして2018年の夏は猛暑で歴代最高温度を更新した。 もちろん、雨が降るくらいなら暑い方がいいのだが。この暑さによって家電量販店のエアコンが売れまくったとか。私は扇風機で...

ツールド東北・ホテル観洋でのフカヒレスープ。

ツールド東北にお勧めのライトとリアバッグ!神割崎から歌津町まで。

そしてホテル観洋に到着。ここは120Km地点で、14時40分に着いた。制限時間の10分前だ。既に到着した選手はまばらで、後続のライダーも少ない。

ここで、10名ほどのライダーが関門閉鎖にあった。このホテル観洋エイドではフカヒレスープが提供される。水分と栄養が染み渡る。

デオウ・リフレッシュシートの北斗の拳バージョンが置いてあった。デオウとラオウ?ケンシロウが「おまえはもう臭わない」と言っているパッケージだ。

激安通販【ProBikeKit】

クーポン「LF4I-R1」で10%割引
パールイズミのファーストジャージとサイクルパンツ購入!サイズ感は?
中でもお勧めなのが、ファーストジャージだ。パールイズミの基本となるジャージで、高性能でありながら価格控えめ。丈夫な作りなので、1度買えば何年でも使える。私も最初はファーストジャージを購入した。大会でも練習でも走りに集中できる立派なサイクルウェアだ。これさえあれば立派なロードバイクライダー。

北上・河北のグリーンダカラ。

ツールド東北にお勧めのライトとリアバッグ!神割崎から歌津町まで。

南三陸や気仙沼付近のような山岳地帯から平坦な街中へ。ホテル観洋から北上エイドを目指す。河北の次は北上エイドを通過して石巻専修大学に向かう。

北上と河北はウォータースターションで、水分補給が基本。全エイドを通じてグリーンダカラが提供される。

さすが、プラチナパートナー(スポンサー)のサントリーだ。北上エイドでは2リットルのペットボトル222本(37箱)、河北エイドでは108本(18箱)準備された。

パールイズミ和柄桜ジャージ評価!サイクルグローブとサングラスも。
今回購入した桜ジャージは翡翠(かわせみ)と言う2017年モデル。2018年モデルは「桜と橋」の名で販売されている。最近、「桜と橋」も値下がりして来たので、7000円付近になったら買う予定。デザインが素晴らしいので、部屋に飾っておこうかな。

南三陸フォンド170Kmゴール!

ツールド東北・南三陸フォンド170Km。

北上エイドには天然水・CCレモン・ペプシコーラもあった。炭酸を飲むと気分転換できるから嬉しい。この北上エイドのメインはウニめかぶ。

メカブは三陸特産ワカメの根元部分の厚く折り重なったひだ状の部分。細切りカットした味つきメカブに蒸しウニをトッピング。

食物繊維とミネラルが豊富で、水分豊富。150Km走行して疲労があってもサッと食べられる。この北上エイドを通過できれば制限時間はあって無いようなもの。あとは石巻専修大学にゴールするだけ。

パールイズミ限定サイクルウェア購入!お勧めレディースジャージ。
アマゾンで購入した和柄桜ジャージが届いた。実際に見ても素晴らしいデザインだ。桜の季節以外でも充分着れる。特に2018年の「桜と橋」は白が基調のシンプルデザインだから街中でも違和感なし。対する「翡翠」は自然の多い場所で着たい一品だ。
ロードバイクで使いたい!大容量6Lのトピークバックローダー購入。
ロードバイクは荷物を積む所が無い。それは当然だが、ロングライド(長距離走行)時にはそれなりの収納スペースが必要。 フレームにボトルを2本装着できるとはいえ、夏場では予備があれば安心。雨季ならレインウェアも積みたい。 これまでリア...

コメント

タイトルとURLをコピーしました