トレイルランニング装備はこちら
Sponsored Link
人気記事一覧

ワコールCW-XジェネレーターやバハダをFunTrails100Kで使った感想。

トレイルラン用品レビュー
Sponsored Link

FunTrails100KのFT50に参加したが、とても楽しい12時間だった。制限時間が15時と緩い大会だから時間を気にしなくていいのだ。スタート時に降り続いた雨は13頃には止んだ。トレイルランニングに限らないが、晴れと雨では難易度が全然違う。

Sponsored Link

ワコールCW-Xジェネレーターの使用感。

FunTrails100KのFT50で使ったCW-Xジェネレーターやバハダの感想。
FunTrails100Kの開催日が近づくにつれ必携品が増えていった。レインウェアの上下や防寒具のフリース・ランニングタイツ等。雨の中での開催だったが、CW-Xのジェネレーターのみで寒くなかった。その上にレインパンツを履いたら暑いのと走りづらいのとで苦戦しただろう。
FunTrails100KのFT50で使ったCW-Xジェネレーターやバハダの感想。
今回参加したFT50は20Kmまでは疲れなく走れたが、それ以降は疲労が溜まってきた。そんな時にCW-Xジェネレーターは役に立つ。何故なら太腿やふくらはぎが軽く締め付けられるので、筋肉痛を感じにくいのだ。また、厚めの作りなので多少の寒さは感じない。転倒時にも足を守ってくれたり、至れり尽くせりの一品だ。

モントレイルランニングシューズ・バハダ。

FunTrails100KのFT50で使ったCW-Xジェネレーターやバハダの感想。
バハダは練習用として購入したので、トレイルランニング大会で使用するのは初めてだ。いつもはサロモン製スピードクロス3で参加してるからな。モントレイルランニングシューズ・バハダは標高1000mまでのレースに最適だ。と言うのもスピードクロス程のグリップ力はないからガシガシ登るのは難しい。
FunTrails100KのFT50で使ったCW-Xジェネレーターやバハダの感想。
なのでFunTrails100Kのような里山を走るのに向いている。グリップ力を除けばコーナリングや下りの時に軽い走りが期待できる。あと特徴的なのはロード(舗装路)も普通に走れる。違和感なくロードを走れるトレイルランニングシューズは他にないだろう。ワコールCW-Xジェネレーターモントレイルランニングシューズ・バハダの商品レビューは以上である。

ファントレイルズ50K参加時に使用したトレランギア。

FunTrails100KのFT50で使ったCW-Xジェネレーターやバハダの感想。
ヘッドライト「ジェントス・ヘッドライト・ヘッドウォーズHW-000X
ハンドライト「ジェントス 閃335(明るさ200ルーメンSG-335)
ライトの予備電池「パナソニック・エネループ・ファミリーセットK-KJ53MCC42S
レインジャケット「ノベルティーベンチャージャケットNP61515
レインパンツ「ノースフェイス・ ベンチャーパンツNP11635
防寒用フリース「ノースフェイス・マウンテンバーサ・マイクロジャケットNL21404
長袖シャツ「ミズノ・ドライサイエンス長袖クルーネックシャツA2JA5131
ランニングタイツ「ワコールCW-X ジェネレーターHZO639
バックパック「ノースフェイス・TRコンポ10
トレイルランシューズ「モントレイルランニングシューズ・バハダ2
1度買ってしまえば末永く使えるので、興味があったらピンクのテキスト文字から詳細を見ると良い。

コメント