マラソン大会等スポーツイベントに電車で行くなら週末パスがお得!
スポンサーリンク

マラソン大会等スポーツイベントに電車で行くなら週末パスがお得!

マラソン大会等のスポーツイベントに電車で行くなら週末パスがお得! フルマラソン
スポンサーリンク

世の中には様々なスポーツイベントがある。それなりに取り組んでる選手なら県外遠征も頻繁にあるだろう。車で行ける距離(常識的に)ならそれも良い。車なら大会会場付近で前泊もできるだろう。交通費と宿泊費が安上がりだ。

誰かの車に乗せられての移動なら本当に楽だ。だが、自分で運転して大会に出てとなると疲労は溜まるし、睡眠不足になりかねない。ならば飛行機・高速バス・電車(新幹線)が候補になる。飛行機のような超長距離は別として、高速バスと電車について考える

スポンサーリンク

高速バスと電車(新幹線)比較。

マラソン大会等スポーツイベントに電車で行くなら週末パスがお得!

ざっくり比較すると高速バスは新幹線の2倍の時間が掛かる。その分、乗車費用は半分。深夜でも運行してて、翌日早朝にたどり着ける。一見、時間と費用を浮かせられる印象だが、バスの中ではそんなに眠れるものではない。

FTR100早期エントリーと宿泊先確保が重要!タクシー営業時間も注意。
2017年11月17日(金)この日は大会前日と合って受付の為、大勢の選手達が秩父に集まった。必要な装備品(健康保険やレインウェア等)を受付で確認するのだ。52Kmと105Kmの部の2種類が開催される。この大会前日は晴れたが、翌日は降水確率7...

高速バスは2回とか3回の休憩があり、その都度目が覚める。そうでなくても隣に他人がいるのは気が引ける。周囲の音や状況を気にしない人なら交通費と宿泊費が浮くので一挙両得。バス会社によってシートの座り心地が結構違う。

電車や新幹線なら週末パスがお得。

マラソン大会等スポーツイベントに電車で行くなら週末パスがお得!

週末パスは前日までに購入する必要がある。券売機でも買えるから前もって準備しよう。そして土日の2日間だけ利用可能。なので、大会前日と帰りに利用できる。料金は8730円で、特急券を追加すれば新幹線にも乗れる。

マラソン大会等スポーツイベントに電車で行くなら週末パスがお得!

驚くのはその範囲の広さ。長野県や群馬県から新潟県と宮城県まで対応している。もちろん、東京都や茨城県も範囲内だ。これだけ広範囲だと「埼玉国際マラソン」「かすみがうらマラソン」「水戸漫遊マラソン」と範囲内の大会名を上げたらキリがない。

トレイルランや、ロードバイクの遠征で大活躍の週末パス。

ハセツネCUPは暑くて汗だく。水もエイドも無くて脱水症状になったら?

2日間乗り放題で、約9000円とは安い!私も頻繁に活用している。長野県の「スカイライントレイル菅平」群馬県の「スパトレイル」に行く時も役に立った。同じ群馬県の「スカイビュートレイル70」にも挑戦する。

UTMF・STYの装備チェック対策!雨具ライト電池タイツ防寒着の準備。
いよいよUTMF・STYに挑む1ヶ月前となった。ボランティアやサポート担当もそれぞれ準備している事だろう。2018年はSTYに挑戦するので、実際に必携品を揃えてみた。トレイルラン用品があまり売ってない地域もあるだろうから早めにアマゾンや楽天...

あとは東京都の日本山岳耐久レース(ハセツネCUP)だ。この2つの大会を完走して100Kmのトレイルラン(FTR100)に挑戦するのだ!それはさておき、新幹線ならロードバイクも詰めるから週末パスの使い勝手は抜群だ。

週末パスと特急券(新幹線)の組み合わせが最強。

マラソン大会等スポーツイベントに電車で行くなら週末パスがお得!

乗り放題の切符だと、青春18切符がある。JR全線対応のとんでもない切符。この切符は5枚セットで11850円。値段は安いが、買える期間と使える期間が短い。また特急券があっても新幹線には乗れない。やはり大会にいくなら週末パスがお勧め。

最後に週末パスについてまとめる。土日の2日連続で使えるフリー切符。価格は8730円で、子供は2560円。予定日の前日までに買う必要がある。8月のお盆期間中は使えない。特急券があれば新幹線も乗れる。宿泊先は楽天トラベルで予約するのがお得だ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました