トレイルラン・フルマラソン・ロードバイクの教科書が無料で読める!

泳げないからトライアスロンは無理?そんな人にはデュアスロンがある。

世界トライアスロンシリーズでロードバイクに乗る上田藍。 ロードバイク
スポンサーリンク

BSで第19回日本トライアスロン選手権を放送していたので見てみた。 スイム1.5km バイク40km ラン10kmのオリンピックディスタンスと言うやつか。 女性も華麗で力強く走っていた。

トライアスロンはスイム・バイク・ランの3種類だが、ラン・バイク・ランの2種類のみの競技をデュアスロンと言う。泳げる環境にない地域や泳ぎが苦手な人に最適らしい。走行距離は大会、クラスによって異なるが初心者向けのラン

0.5km+バイク5km+ラン0.5km程度の短いものから、体力を要するラン10km+バイク85km+ラン5km程度の長いものまである。世界選手権やワールドカップ等の公式距離はラン10km+バイク40km+ラン5kmである。このデュアスロンも面白そうだ。

スポンサーリンク

自転車(ロードバイク)イベントに参加。

ツールド東北の走行管理ライダー試験に合格!実技こんな内容だった。

ランニングのイベントはそれなりに参加しているが、ロードバイクのイベントは菅生桜スプリントカップしか参加してない。ロードバイクのイベントでは11月3日にツールド東北が開催される。

泳げないからトライアスロンは無理?そんな人にはデュアスロンがある。
BSで第19回日本トライアスロン選手権を放送していたので見てみた。 スイム1.5km バイク40km ラン10kmのオリンピックディスタンスと言うやつか。 女性も華麗で力強く走っていた。 トライアスロンはスイム・バイク・ランの3種類だ...

他に調べてみると 山形ツール・ド・さくらんぼ 上山ツール・ド・ラフランス ツール・ド・三陸 サイクルエイドジャパン サイクルフェスタ丸森 と色々あるあくまで参加優先順位はこのブログの名前通りトレイルラン>フルマラソン>ロードバイクであるが、機会があれば参加したい。

東京五輪目指すトライアスリート上田藍・佐藤優香・佐藤真海。
アスリートの魂「折れない心を トライアスロン 佐藤優香」を見た!劇中ではロードバイクでのコーナリングとランニングの練習が描かれていた。 佐藤優香選手はスイムが得意でランニングが苦手なんだな。上田藍選手(ITUトライアスロンW杯優勝)は...

さて最近アンパンマンの作者、やなせたかし氏が話題になったが、何の為に生まれてきたの?の問いに私ならこう答える 世界最強のトレイルランナーになるため!\(^o^)/と言う事でトレーニングは果てしなく続く(^^)

東根さくらんぼマラソン(ハーフマラソン)

スポーツ未経験のジョギング初心者が楽にフルマラソン完走する方法。

「ラン」と言えば2014東根さくらんぼマラソン大会のパンフレットが届いた。 この大会は小学生の応援が多く、参加費用も安い。何よりスタート地点が自衛隊駐屯地と言うのが特徴。 会場のすぐ近くに山形空港があり、公認のJRパックやバスツアーもある。

なのでアクセスし易い環境でもある。前回、第1関門でタイムオーバーになったので、今回はどうするかと思った。 リベンジしたい気持もあるが、今はトレイルランでもフルマラソンでもない大会に遠征しようと思わない。 更に6月は下記の2大会に参戦し、足を休める期間も必要と言う事で参戦を見送った。

車道を走るのが怖くて歩道を巡航。

ロードバイクに乗るならタイヤパンク時のチューブと空気入れも必要。

連日、30度を超える暑さでYAHOO!の熱中症指数を見ると「危険」今日は涼しい室内で!と書いてある。室内にいても暑い事に変わりないが、それだけ外の直射日光は熱中症の恐れがあるわけだ。夏風邪を引いていたが、1週間で完治した。

これで思う存分トレーニングできる。最近ロードバイクが2度もパンクした。パンクしても気付かないほど少しずつ空気が漏れてて自宅に着いてから気がついた。空気がなくなったのが、家に到着してからで良かった(^^)

炎天下の中でパンク修理なんて過酷すぎる。それと1度も使ってないゴムのりが暑さのせいかほとんど残量がなくなっている。どのように保存するのが最適なのだろうか?チューブも所持しているが、パッチを貼れば数十円の負担で済むのは魅力的だ。

あと1ヶ月でツールド東北が開催される。ボランティアの募集はされていたが、今年は「走行管理クルー」の募集はないものと思っていた。何気なくホームページを見たら走行管理クルー募集終了って書いてあった(^^;)これは9月の仙台泉ヶ岳トレイルランに向けて調整しとけって事だな。

世界トライアスロンシリーズ上田藍ランニングでの驚異の追い上げ。

トライアスリート向け!水で糖質補給できるマルトデキストリンとは?

BSで放送していた世界トライアスロンシリーズのアブダビ・オークランド・横浜大会を見た。どの大会にも言えるのは「グウェン・ジョーゲンセン」の圧倒的な強さ。

卓越した走力で多少スイムやバイクで遅れても「ラン」で追いつき更にリードを広げる。1分程度の差を物ともせずに優勝を果たす。現在はスイムもバイクもそつなくこなし、弱点のないオールラウンダーになりつつあるようだ。

ランニング技術なら上田藍選手も目を見張るものがある。

世界トライアスロンシリーズでロードバイクに乗る上田藍。

グウェン・ジョーゲンセン選手のように後半のランで挽回するシーンが多かった。トライアスロンならではなのが「トランジション」だ。スイムからバイク、バイクからランへと準備を行う。いかに早く次の競技の準備をするかがその後レース展開に影響する。

東京五輪目指すトライアスリート上田藍・佐藤優香・佐藤真海。
アスリートの魂「折れない心を トライアスロン 佐藤優香」を見た!劇中ではロードバイクでのコーナリングとランニングの練習が描かれていた。 佐藤優香選手はスイムが得意でランニングが苦手なんだな。上田藍選手(ITUトライアスロンW杯優勝)は...

ロードバイク走行もちょっとしたツールドフランスみたいで面白かった。録画したロンドン大会もあるので、トレーニングの合間に見ようかな。「東京五輪目指すトライアスリート上田藍・佐藤優香・佐藤真海」に続く。

コメント

メールマガジン無料登録

ブログ更新をメールでお知らせします。

タイトルとURLをコピーしました