仙台国際ハーフマラソンはコスプレランナーが多かった!スパイダーマンとか。

仙台国際ハーフマラソンはコスプレランナーが多かった!スパイダーマンとか。 ハーフマラソン
スポンサーリンク

前回記事「仙台国際ハーフマラソン前日受付で参加賞トートバッグ入手!」の続き。この付近でコスプレランナーをよく見かけた。ミニーマウスの女性・ゲゲゲの鬼太郎・目玉おやじ・タイガーマスク・スパイダーマン・SWAT等。ランナーではないが、伊達武将隊の人も沿道から応援していた。

自分の足と体力の事を考えながら走ってたので、じっくり周りを見る余裕は無かった^^;それでも声援が多く、盛り上がる場所だったので闘志が燃えるのであった(^^)v その後、再び青葉通りへ。

スポンサーリンク

関門閉鎖へのカウントダウン。

アシックスGT-2000NEW YORK7が新発売!旧モデルを2年間履いた感想。

全然疲れてないが、いつの間にか10Km地点に到着した♪10Km地点を通過し、3回めの給水ポイントである12.5Km地点を通過。お手洗いに並んで時間消費。制限時間に間に合うのか?

そこでお手洗いに向かうと5人程並んでいて5~6分のタイムロスとなる。 これまでは周囲のランナー達から「制限時間は問題無い」と言う声が聞こえていたが、コースに復帰した後は次の関門封鎖まで時間がない事を知る。

あくまで完走が目標なので、ここで温存していた「予備エンジン」を投入!(要するに体力を温存してた) 確かにスピードは上がるが、身体への負担も大きい(・・)この時、11時30分以降は走ってる人はまれで、歩いている人がほとんどだ。 なので、ごぼう抜きで、最終関門へ向かう!

仙台国際ハーフマラソンの制限時間。

奥宮俊祐選手のトレイルランニング大会FunTrails100KのFT50体験記。

最終関門(16Km地点)を目指す☆ 途中で坂道があったが、ロードバイクレースで地獄の坂道を克服した私にはそれほど影響は無かった。 そうこうしている内に最終関門へ到着♪12時10分で閉鎖される所を12時5分で通過。

関門ではランナーをストップする為の人が待機していたので、歩かずにひたすら走り続けて来て良かった☆この頃になるとコスプレランナー達の姿は見かけなくなった。 後はごぼう抜きしつつゴールである仙台市陸上競技場を目指すのみ!!

そして16Kmの関門を突破してから☆

大阪マラソン対策で山形まるごとハーフマラソンを走ってきた。

最終関門を通過したので、なんとか完走はできそうだ。 この頃は歩っている人達が大半で私のように走り続けている人はまれである。(周辺は初心者グループ)坂道などは歩っても良かったのだが、「走りに来たのに歩く事は許されない」と自分に言い聞かせて走り続けた。

それと力の限り戦って少しでもゴール時間と順位を良くしたかった。 以外にも故障している膝が持ちこたえてくれたのも良かった(^^)そして表示が「あと5Km」4Km・3Kmとゴールが近いことを知らせる。

足のふくらはぎが限界に近く、無理をすれば走れなくなりそうだ。

仙台国際ハーフマラソン、制限時間との戦い。

必死でもはやどこを走ってるのかわからない。 ただ前の走者を抜いて行くのみ! やがてスタート地点に近いクリネックススタジアムが見え始めた(^^♪ そこからゴールのある仙台市陸上競技場に入る。

そんな中、本日2度めのQちゃん事、高橋尚子さんの登場である☆ 再びタッチしてゴールを目指す。 トラック内でだんご状態となっているランナーを抜きつつ進む。 そして念願のゴールへ\(^o^)/

スポンサーリンク

初めてハーフマラソンに挑戦して無事完走。

大阪マラソンEXPOの受付後にナンバーカードを入手して大会当日は大阪城観光。

こうして1年前にTVで見た仙台国際ハーフマラソンに実際に参加して完走する事ができた◎ 当時はランナーではなく、最長でも3Km走れば凄い方だった。この初めてのハーフマラソンを完走する事ができたのは日々の修行の賜物である。

超楽しい時間を過ごせた☆超楽しい21.0975Kmだった☆☆ これがフルマラソンだったらどれだけの楽しさと感動を味わえるのだろう。 今の私ではフルマラソンは無理なので、今後も今までどおり修行の日々を送るのであった。 次のレースは6月、山形県の果樹王国東根さくらんぼマラソン大会。

ランナーズニーで奮戦した今大会を振り返る。

日本山岳耐久レース脱水状態で意識朦朧。 暑いから動くと汗が出る。汗が出ると水分が欲しくなる。水分は所持してないから運動を抑える。歩くだけだから進むのにかなりの時間を要する。とんでもない悪循環だ。初参加の時より2時間以上遅れて移動してる。まさか、第2関門の制限時間も危うくなるとは思わなかった。 例え、月夜見でポカリスエットを飲んでも完走は難しい。なので、月夜見直前(40Km付近)の所でリタイアした。トレイルランナーになってから30以上の大会に出場してきたが、自らの意志でリタイアするのは初めてだ。 日本山岳耐久レースを途中リタイアするとこうなる。 ボランティア・スタッフにリタイアを告げると既にリタイアした選手が寝ていた。この時深夜3時。第1関門から水を飲んでないので、1リットル貰って飲み干した。私も眠りたい所だが、回収車が来る地点まで移動するようだ。エスケープルートを15分ほど下ったらテントがあった。 テントで計測タグを回収され、名前を確認。その後、味噌汁とココアを飲める。充分な位、水は飲んだが、暖かい飲み物だと前進に染み渡る感じがする。眠いので、リタイア者用テントに移動。かなりの広さで、15人は寝れそうだ。20分ほど横になったら回収車が来た。 日本山岳耐久レースで15時間完走者を見送る。 回収車に乗せられてゴール地点に到着。続々とランナーがゴールしてる。朝4時なので、15時間前後のゴールである。車を使っても走って来たトレイルランナーより遅いんだもんな。6月に参加したスパトレイルを思い出す。 ハセツネCUPのゴールした選手達を横目に豚汁を食べる。前回入手できた完走証とフィニッシャーTシャツは得られず。今年は派手なピンク色だから欲しかった。今年はスパトレイル・蔵王トレイルラン・ハセツネCUPと全てゴールできなかった。 だが、11月にファントレイルズ100K(FTR100)がある。これを完走して2018年のSTYに挑戦するのだ。その前に体力回復が重要。武蔵五日市駅でサンドイッチとオレンジジュースを購入して新宿駅へ。新しくできたバスターミナル「バスタ」を利用して帰路に着くのであった。

仙台国際ハーフマラソンを走り終えたが、膝の状態は悪化しなかった。 しかし、改善もされてないので、次のさくらんぼハーフマラソンはどうなる事やら(-_-;) 完走賞Tシャツのデザインが楽しみである。

さて前回の仙台国際ハーフマラソンだが、走ってる時はキロ7分位で走ってるつもりだったが、実際はキロ6分30秒前後で走っていた事がわかった。 当然ながらスタート時の混雑で最初の1Kmが一番遅い。

体力の温存が仙台国際ハーフマラソンの完走に繋がった。

奥宮俊祐選手のトレイルランニング大会FunTrails100KのFT50体験記。

なんと!! 驚くべき事にゴール目前のラスト1Kmが最速となった(^o^)中盤以降の失速をまぬがれ、後半のラストスパートを可能にした予備エンジン1・2(体力を温存して発動)のおかげであろう。不発に終わる事もあるのだが、今回は非常に上手く行った(^^♪

仙台国際ハーフマラソン完走方法!女性限定のプリンセスランナーとは?
2019年の仙台国際ハーフマラソンは最近の5年間で最も天気が良い日だった。最高気温16度で、風の影響も少なかった。エントリー合戦で、先着7000名の座を勝ち取ったランナー。抽選で当たった1500人のランナーは存分に楽しめる1日だった。 ...

ランナーになってからハーフマラソン完走するまでちょうど1年だった。 マラソンレースとしては4戦目。そして目標はハセツネカップの完走とSTY・UTMFの完走である。 早く膝を治してせめて「通常」の状態で走りたい(・∀・)

仙台国際ハーフマラソン完走方法!女性限定のプリンセスランナーとは?」に続く。

コメント

タイトルとURLをコピーしました