ロードバイク

ロードバイク ロードバイク

ロードバイクのイベントや大会と日々のメンテナンスについて掲載。その他、ロードバイクに関するお勧め商品を紹介している。

スポンサーリンク
ロードバイク

ビンディングシューズRP4と5比較!シマノSPD-SL幅広ワイドサイズ。

よくシマノRP5はサイズが小さいと言われる。実際に買ったら小さかった。アマゾンのレビューで小さいとか小さくないとか書かれてるが、結論が出た。小さいと言っても足にしっかりフィットするからあえて小さく作ってるのだろう。シマノのビ...
ロードバイク

フルクラム・スポーツとカンパニョーロゾンダ比較!ホイールの重さは?

ロードバイクのホイールを買うならカンパニョーロ・ゾンダか、フルクラムレーシング3と言われる。どちらも4万円以上のホイールだ。趣味でロードバイクに乗るには高額なホイールだが、他のホイールの性能はどうだろう?もっと安くて高性能な...
ロードバイク

新車購入で選びたいCANNONDALE SUPERSIX EVOインプレッション!

キャノンデール・スーパーシックスエボを購入して2週間が経過。前のスピードスターSEも良かったが、カーボンフレームは断然違う。アルミフレームと比べて前に進む力が強い感覚。よくギアが1枚軽くなったとか言うが、アウターギア1枚軽く...
スポンサーリンク
ロードバイク

初心者必見4万円と30万円のロードバイクを比較した結果!違いは?

ロードバイクは10万円から30万円が標準的な価格。ではその価格差は何なのか?価格は2つの要素で変化する。まずはコンポーネント。略してコンポと呼ばれる変速ギア。シマノだとクラリス・ソラ・ティアグラ・イチマルゴ・アルテグラ・デュラエース...
ロードバイク

お尻が痛くなるサドルはこれで改善!ロードバイク柔らかクッション。

初心者あるあるロードバイク編。初めてロードバイクに乗るとお尻が痛くなる。クッションがないから当然なのだが、何とかしたい。ヒルクライムとか自転車レースにこだわるならサドルを犠牲にしても軽量化したい。だが、ロードバイクはロングライドした...
ロードバイク

カーボンとアルミフレームの違いは?ロードバイクの重さと性能差。

念願のカーボンフレーム完成車を購入した。その名もキャノンデール・スーパーシックスエボ。カーボンフレームでコンポはアルテグラだから定価は30万円。比較対象はスコットのスピードスターSEアルテグラ。アルミフレームの中でも上位グレードでア...
ロードバイク

キャノンデールのスーパーシックスエボ評価!アルテグラR8000の性能。

4台目のロードバイクを購入した。その名もキャノンデール・スーパーシックスエボ。初のカーボンフレームで、コンポはアルテグラ。定価は税込み30万円。今回はキャノンデール・スーパーシックスエボの特徴と乗り心地を紹介する。比較対象はスコット...
ロードバイク

ロードバイク速度アップのカスタマイズ!おすすめ改造順番はこちら。

ロードバイクを買って乗り慣れたら次の段階に進みたい。次の段階とはロードバイクの各種部品を交換してより速く快適にするのだ。1つの部品を交換するだけで劇的に変わる事もある。あれこれ無計画に交換すればいいってもんじゃない。部品購入費用に対...
ロードバイク

女子のロードバイク選び!最初の自転車は10万円のシマノSORAで充分。

ロードバイクの世界にようこそ!クロスバイクやマウンテンバイクではなく、ロードバイクを選んだあなたは素晴らしい。もちろん、マウンテンバイクにはマウンテンバイクの良さがあるのだが。これからロードバイクを買う女子の為にアドバイスす...
ロードバイク

最初のビンディングペダルはPD-RS500に決定!シマノ3種類を比較。

2019年にPD-RS500(EPDRS500)が発売されるまでは初心者定番のペダルだった。PD-RS500(EPDRS500)は7年後に発売されただけあってかなり進化してる。まず、見た目がPD-R7000(EPDR7000)に似ている。新型PD-RS500(EPDRS500)は格好良い。
ロードバイク

スタミナを爆発的に付ける方法!足を傷めず楽に長時間動き続ける。

自分の身体がエンジンで、体力がガソリン。速度は一般の自転車とは比べ物にならない。一般人でも時速30Km、プロなら60Km以上出せる。そんなロードバイクなら地面からの衝撃を受けることなく身体を鍛えられる。特に心肺機能・持久力が向上する。
ロードバイク

CAMPAGNOLO ZONDA C17の最安値は3万円?格安特価で買えるクーポン。

初めての買うホイールはカンパニョーロ・ゾンダと言われるほど高性能。ロードバイク完成車は鉄下駄と呼ばれる重い(2Kg)のホイールを装備してる。このホイールを変えるだけで走りが向上する。標準装備のホイールはとりあえず付いてるだけ...
ロードバイク

カセットスプロケット28Tと32Tの違いを検証!(CS-R8000・CS-5800)

カセットスプロケットを交換した。理由は2つあり、1つは旧式の105(CS-5800)だったから。2つ目はアルテグラ(CS-R8000)に変えたら性能が向上すると思ったから。※現在105は「CS-R7000」が最新。検証したの...
ロードバイク

JCF公認ヘルメットが安い!安全規格を証明する公認シール付き(rh+)

JCF公認ヘルメットとは?日本自転車競技連盟公認ヘルメットで、シールが貼られている。日本自転車競技連盟と加盟団体の大会ではシールが貼られてる事が参加条件だったりする。海外通販で買ったヘルメットには貼られないから日本国内で購入...
ロードバイク

カンパニョーロゾンダとフルクラムレーシング5比較!買うならどっち?

ロードバイクの完成車に付いてるホイールはとても重い。2Kgある事から鉄下駄と呼ばれる。そんなホイールを変えれば走りも変わる。ホイールはタイヤの次に地面に近いからこれを変えると全体が変わる。ならどんなホイールを買えば良いのか?...
ロードバイク

MIHO氏がLOOK785HUEZで登場!サイクルフェスタ丸森の赤いもん祭り。

前回記事「サイクルフェスタ丸森のコース試走!限定タピオカミルクティーとは?」の続き。丸森町とは宮城県最南端にあり、福島県に近い地域。この丸森町でロードバイクイベントが開催される。丸森町は自然に囲まれた地域だから景色に癒やされる。当然、ロング...
ロードバイク

Wiggleでゾンダ買ったら止められた?税関から名宛人に照会中とは?

つい最近フルクラムレーシング5を買ったばかりだが、カンパニョーロゾンダも購入した。フルクラムレーシング3でも大満足だが、ゾンダがだいぶ値下がりしたのだ。2019年春には4万円だったゾンダが夏には3万5千円になった。この機会は見逃せない。 ...
ロードバイク

ポールスミスとツールド東北!北上フォンド100Km走行した感想。

ツールド東北の北上フォンドを走行してきた。ツールド東北に参加するのは3回目。1回目は女川・雄勝フォンド、2回目は南三陸フォンド。そして今回が北上フォンド100Km。参加といってもボランティア(走行管理ライダー)としての参加だから自由に走れる...
ロードバイク

サイクルフェスタ丸森のコース試走!限定タピオカミルクティーとは?

2019年8月30日にサイクルフェスタ丸森の試走会があった。知る人ぞ知る「走行管理ライダー」を務めるロードバイク乗りが集結した。走行管理ライダーとはツールド東北で呼ばれる名称。参加者と共にコースを走り、パンク修理したり道案内...
ロードバイク

スプロケットとブレーキキャリパーを掃除!自動車洗車場を活用。

ロードバイクをどこで洗うか?収納スペースすらない状況で洗車は難しい。アパートやマンションに住んでるなら尚更だ。そんな時に使いたいのが自動車洗車場。ここなら気兼ねなくロードバイクを洗浄できる。やり方は簡単。ロードバイクに乗って...
ロードバイク

フルクラムレーシング5で鉄下駄卒業!ホイールとスプロケット交換。

Fulcrum Racing5ードホイールセットを購入した。選んだ理由は鉄下駄から開放されたかったから。鉄下駄とはロードバイク完成車に付属する重さ2Kgのホイールの事である。あまりの重さに鉄下駄(てつげた)と呼ばれる。鉄下駄...
ロードバイク

プロバイクキットのクーポンで激安特価!海外通販の関税と到着日数。

初めて海外通販サイトプロバイクキット(PBK)でホイール購入!ロードバイクを新調してしばらくした頃、新しいホイールが欲しくなった。なんたって完成車付属の鉄下駄だったから。鉄下駄とは2Kg前後のホイールセットの事を言う。鉄下駄...
ロードバイク

ファッション性が凄すぎる!斬新なデザインRH+のサイクルジャージ。

前回記事「RH+のサイクルウェアは何が凄いのか?デザインと品質を徹底調査」の続き。RH+(アールエイチプラス)はファッション性と機能性が優れたサイクルウェア。値段も高くて定価だと2万とか3万円する。ところがアマゾンだと破格で...
ロードバイク

亘理クリテリウム鳥の海大会は誰でも優勝と表彰台が狙える大会なのか?

2019年6月23日、亘理クリテリウム鳥の海大会が開催された。開催場所は宮城県仙台市より南の亘理町。仙台駅から岩沼駅で乗り換えて亘理駅に行ける。そこからロードバイク自走で15分。鳥の海会場に到着。もし、飛行機を使うなら仙台空...
ロードバイク

カペルミュールは女性に人気!千鳥格子リオン半袖ジャージ購入感想。

サイクルウェアについては「rh+アールエイチプラスの最高級サイクルジャケット購入!3着で9万円?」「ファッション性が凄すぎる!斬新なデザインRH+のサイクルジャージ」等で書いてきた。今回はカペルミュールについて書く。カペルミ...
ロードバイク

シマノSPD-SLにするか迷ったら読む!ビンディングシューズの必要性。

前回記事「シマノSPD-SLビンディングペダル比較!クリート種類とお勧めシューズ」の続き。これまでビンディングペダルは「PD-T400  EPDT400LR」を使用し、シューズはシマノクリッカー(SH-CT41G )を使っていた。...
ロードバイク

自転車買うならクロスバイク?マウンテンバイクとロードバイクとの違い。

日本人の大半が自転車は移動の手段としか見ていない。だが、スポーツ自転車に乗って爽快に走りたいと思う人がいるものだ。スポーツ自転車と言っても多種多様。どれが自分にとって良いのかわからない。そんなあなたに向けて書いた。まずは一般...
ロードバイク

RH+のサイクルウェアは何が凄いのか?デザインと品質を徹底調査。

前回記事「サイクルウェアの選び方!最高級品アールエイチプラスのジャージとは?」の続き。1着の定価が2万円するサイクルウェア。それがアールエイチプラスのジャージ。あまりにも高価で無縁の存在だが、アマゾンで安く売られていた。最初...
ロードバイク

ルコックスポルティフのジャージと格安NUCKILYサイクルウェア比較。

サイクルウェアついてはこれまでも書いてきたが、今回はNUCKILYとルコックスポルティフについて書く。日本ならサイクルウェアはパールイズミが定番。これを買えば間違いなし。だが、品質が良くてもっと安いウェアはないだろうか?究極...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました