ロードバイクに100万円使った結果!買って良かったランキング。

ロードバイクに100万円使った結果!健康で強靭な肉体になった。 ロードバイク

これまでロードバイクに出費した費用を合計すると100万円になっていた。ロードバイク4台にキッカーコア(ダイレクトドライブ)と大金を使ってきた。

その中で、購入して良かったロードバイク用品をランキングで紹介。買って良かったのはロードバイク(カーボンフレーム)とキッカーコア(ダイレクトドライブ)である。

買って良かったランキング(1位から6位までで100万円の出費)

  • 1位はロードバイク(スーパーシックスエボ・カーボンフレーム・アルテグラ)
  • 2位はワフーのキッカーコア(ダイレクトドライブ・スマートトレーナー)
  • 3位はホイール(フルクラム・レーシング5とカンパニョーロ・ゾンダ)
  • 4位はビンディングペダルとシューズ(シマノRP4とRP5)
  • 5位はブライトンのサイクルコンピューター(ライダー450)
  • 6位はアールエイチプラスのサイクルジャージ・グローブ・ヘルメット
スポンサーリンク

ロードバイクに100万円使った結果!ランキング1位は?

scott SPEEDSTER SE 2018

もっとも高額な買い物はロードバイクの車体。ジャイアントビアンキスコットキャノンデールと4台買って総額70万円。(買って良かったランキング1位)

超初心者がロードバイク購入!ジャイアントのウインドマーク2700とは?
ロシアのソチオリンピックのフィギュアスケートで羽生結弦選手が金メダル(^O^) 荒川静香がメダルを取った時を思い出す。 他にカーリングを見ていたが、緻密な戦術とそれを実行する技術が求められるスポーツだな。 でもやってる姿は掃除...

スコットのスピードスターSE(アルミフレーム・アルテグラ)が20万円、キャノンデールのスーパーシックスエボ(カーボンフレーム・アルテグラ)が30万円。

ビアンキのビアニローネ7SORAとシマノクリッカーを評価レビュー。
ビアンキのビアニローネ7を購入してから1年が経過したので、実際に使った感想を書く事にした。初めて買ったロードバイクはジャイアントのクラリスだったので、ジャイアントのロードバイクと比較しつつレビューする。(画像は初代ジャイアント) ...

この2台だけで50万円使っている。コンポーネントに関してはギア数が多くなってだいぶ楽になった。(ソラ9速からアルテグラ11速に変更)「シマノ・ソラからアルテグラに乗り換えた感想!コンポーネント比較

アルミフレームからカーボンフレームにした感想。

Cannondale Super Six Evo

コンポーネントをソラからアルテグラに変えただけでも楽になった。それ以上にアルミフレームからカーボンフレームにしたのが良かった。

cannondale supersix evo ultegra

足腰から伝えた力がフレームに伝達される感覚。カーボンフレームは軽いだけじゃなく、自分の力をしっかり推進力に変えてくれる。さすが30万円のキャノンデール・スーパーシックスエボ

関連記事キャノンデールのスーパーシックスエボ評価!アルテグラR8000の性能。

関連記事新車購入で選びたいCANNONDALE SUPERSIX EVOインプレッション!

関連記事カーボンとアルミフレームの違いは?ロードバイクの重さと性能差。

キッカーコア(ダイレクトドライブ・スマートトレーナー)購入。

Wahoo KICKR CORE Smart Bike Trainer

雨風を気にせず、室内でトレーニングしたい。なので、以前から気になっていたズイフトを開始した。ズイフトはバーチャルな世界でサイクリングできる代物。

ダイレクトドライブ(スマートトレーナー)はいわゆるローラー台。これをロードバイク後輪に付けると、ゲーム感覚でトレーニングできる。

現実世界でロードバイクのペダルを回すと、バーチャル世界の自分もペダルを回す。そして世界各地のコースを走る事ができるのだ。

このワフーのキッカーコアは12万円した。なので、ロードバイク4台と合わせて82万円使った事になる。100万円まであと18万円。

タックス(Tacx) FLUX S Smart サイクルトレーナー
タックス(Tacx)
安定したフレーム設計で、電動ブレーキ付きの直接ドライブトレーナーを特徴としています。 長いケージのディレイラーと互換性があります。
スポンサーリンク

フルクラムレーシング5とカンパニョーロゾンダの凄さ。

Campagnolo Zonda (CS-R8000・CS-5800)

初めてロードバイクに乗った時にはホイールを買う日が来るとは思わなかった。4万円前後のホイールを買ってもロードバイクが速くなるとは限らない。

Campagnolo Zonda C17 Wheel set

だが、速さと快適さに魅了され、海外通販でホイールを購入した。【ProBikeKit】 フルクラムレーシング5カンパニョーロゾンダを購入したのだ。

激安通販【ProBikeKit】

クーポン「LF4I-R1」で10%割引

どちらのホイールも素晴らしかったが、初心者はフルクラムレーシング5で充分。ロードバイクの性能に合わないホイールは無駄になる。

高級なホイールを購入してもロードバイク本体の性能が低ければどうにもならない。フルクラムレーシング5カンパニョーロゾンダで7万円使った。(合計89万円)

シマノのビンディングペダルとシューズ購入。

RP5 SPD-SL Binding shoes

ロードバイクの性能を活かすならビンディングペダルとシューズが必要。SPDとSPD-SLでどちらにするか迷ったが、最終的にSPD-SLを選んだ。

RP5 SPD-SL Binding shoes

ビンディングペダルは105(PD-R7000・EPDR7000)を選び、ビンディングシューズはシマノRP4とRP5を購入。クリート付きでお得。

PD-R7000(EPDR7000)

ビンディングペダルに1万円、ビンディングシューズに3万円使った。なので、ここまでの総合計は93万円。ロードバイクにこんな大金を使うとは…。

シマノ(SHIMANO) PD-R7000 EPDR7000
シマノ(SHIMANO)
ROADコンポ「105」グレードのSPD-SLペダル。■カーボンコンポジットボディ採用。

ブライトンのサイクルコンピューター(ライダー450)の持続性。

BRYTON RIDER 450T

ロードバイクに乗るならサイクルコンピューターが必要。日々のトレーニング結果を記録できるのはやる気に繋がる。常に速度が表示されるのも嬉しい。

そんなサイクルコンピューターはブライトンのライダー450を選んだ。長時間の電池持ちとナビゲーション機能で選んだ。

お陰で外出時と室内トレーニングの両方で使える。電池長持ちなので、充電回数が少なくて済む。サイクルイベントやブルベではナビがないと迷子になる。

宮城センチュリーライドで迷子になった!ナビゲーション必須の大会。
前回記事「サイクリングで164Km走行!センチュリーライドで宮城と福島を往復」の続き。前の記事では宮城センチュリーライドはブルベに相応するイベントと書いた。ブルベは各チェックポイントを通過してゴールする。 道案内はなく、水や食...

心拍計・速度計・ケイデンスセンサー付きで3万3千円。ズイフトにはサイクルコンピューター不要だが、心拍計とケイデンスセンサーは必要。ここまでで96万円の出費。

Bryton Rider 450E GPSサイクリング ブラック 2.3inch
ブライトン(bryton)
OSM※を収録。※OSM(Open Street MAP)道路地図などの地理情報を 誰でも利用・編集できるフリーの地理情報データ

アールエイチプラスのサイクルジャージ・グローブ・ヘルメット購入。

RH+のサイクルウェアは何が凄いのか?デザインと品質を徹底調査。

アールエイチプラスのサイクルジャージはデザイン性と機能性が抜群。サイクルジャージとパンツを買いまくって3万円の出費。ヘルメットも2つ購入して1万円を消費。

rh+のヘルメット購入(Z-Zero・Epsilon)購入。

シマノ製・カペルミュール製のジャージも素晴らしいが、アールエイチプラスのジャージがお気に入り。半袖と長袖で5着以上持っている。

rh+(アールエイチプラス) ヘルメット ヘルメット ゼット・ゼロ [Z-Zero] マットイエローフルオ/マットブラック XS/M(54-58) 230g JCF公認 EHX6075 15
アールエイチプラス(Rh+)
COMFORT FIT 2: 従来の横方向のダイヤルアジャスターに加え、縦方向に3段階スライドさせることが可能になった新しい調整システムです。この革新的な超軽量アジャスターは軽さとフィッティング性能、快適な通気性を実現する重要な機能を備えています。
スポンサーリンク

ロードバイク装備で買って良かったランキング。

Campagnolo Zonda (CS-R8000・CS-5800)

冒頭にも書いたが、買って良かったランキング1位はロードバイク(完成車)2位はワフーのキッカーコア(ダイレクトドライブ・スマートトレーナー)

3位はホイール(フルクラム・レーシング5とカンパニョーロ・ゾンダ)4位はビンディングペダルとシューズ(シマノRP4とRP5)

5位はブライトンのサイクルコンピューター(ライダー450)6位はアールエイチプラスのサイクルジャージ・グローブ・ヘルメットである。

ロードバイク用品に100万円使った感想。

Campagnolo Zonda (CS-R8000・CS-5800)

結果、ロードバイクに100万円使った。今回紹介した商品は全て買って良かった。100万円使ったけど、それ以上の効果を発揮してくれている。

サイクルコンピューター・ビンディングペダル・海外通販ホイールはロードバイク車体に装着。サイクルジャージ・グローブ・ヘルメットは自分で身に付ける。

これらサイクル用品のお陰で、快適にロードバイクに乗れている。100万円の出費は大きいが、持久力は向上し、より健康で丈夫な体になった。

美山学長
美山学長

100万円使ったかいがあった。

シマノ CS-R8000 11S 11-28T 12345791358 ICSR800011128
シマノ(SHIMANO)
SHIMANO(シマノ) ULTEGRA CS-R8000 カセットスプロケット11-28T(11S) ICSR800011128

コメント

タイトルとURLをコピーしました