スポーツライター
美山走希

UTMFを目指すトレイルランナー。その前に彩の国100Kmを完走したい。ロードバイクはブルベ300Kmが目標。

美山走希をフォローしよう!

RH+のサイクルウェアは何が凄いのか?デザインと品質を徹底調査。

5.0
RH+のサイクルウェアは何が凄いのか?デザインと品質を徹底調査。ロードバイク
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

前回記事「サイクルウェアの選び方!最高級品アールエイチプラスのジャージとは?」の続き。1着の定価が2万円するサイクルウェア。

それがアールエイチプラスのジャージ。あまりにも高価で無縁の存在だが、Amazonで安く売られていた。

最初はお試しで1着購入したんだが、その品質の高さに驚いて4着追加購入した。そもそも秋と春に着れるサイクルウェアを探してた。

薄手の長袖であれば良かったが、AmazonRH+を見つけたら欲しくなった。実際に購入した品番はSSCX563・ICU574・ICU586・ICU587の4種類。(586は2着購入)

rh+アールエイチプラスの最高級サイクルジャケット購入!3着で9万円?
新しいロードバイクを買った事で、新しいサイクルジャージが欲しくなった。ジャージなら高品質のパールイズミがある。これを買えば間違いなし。 品質だけでなく、耐久性やデザイン性に優れる。さすが日本メーカー。そんなパールイズミと同等の価格をす...
サイクルウェアの選び方!最初の1着で買うべきrh+のジャージとは?
前回記事「rh+アールエイチプラスの最高級サイクルジャケット購入!3着で9万円?」の続き。 初めてロードバイクを買って慣れてきたらジャージにもこだわりたい。仲間と走る時は毎回、同じジャージを着てられない。 大会やイベントでもそれ...
スポンサーリンク

持ち運び簡単RH+の緊急ポケットシェル。

RH+のサイクルウェアは何が凄いのか?デザインと品質を徹底調査。

RH+サイクルウェアの特徴。斬新なデザイン・バックポケットのチャック部分が増設拡張・防水防風仕様・ウェアの耐久性。RH+と言っても様々な種類があるので、防水防風仕様については商品によって異なる。

RH+のサイクルウェアは何が凄いのか?デザインと品質を徹底調査。

最初に紹介するのは夏でも使える防風保温ジャケット。とても薄くてたためばバックポケットにも収納できる。軽量コンパクトなジャケット。突然の雨や寒さを防ぐには最適な1品。品番はSSCX563で色R91を購入した。

ファッション性が凄すぎる!斬新なデザインRH+のサイクルジャージ。
前回記事「RH+のサイクルウェアは何が凄いのか?デザインと品質を徹底調査」の続き。RH+(アールエイチプラス)はファッション性と機能性が優れたサイクルウェア。 値段も高くて定価だと2万とか3万円する。ところがだと破格で購入できる。安い...

アールエイチプラスの春秋ウェア。

RH Plus Cycle Jersey

薄手の長袖ジャージを探していた。春と秋に着れて、車からの視認性も高いジャージ。それがファッション・ラボ・ジャージICU587色12P。薄くて柔らかい素材で着心地抜群。赤・桃・黄色のデザインが素晴らしい。

RH Plus Cycle Jersey

これなら車からの視認性も高い。車の運転手に気づかれないと危険性も高まる。なので、ロードバイクに乗る時は明るい派手なデザインを意識している。

とは言え、これでもまだ地味な方だが。このICU587は気温15度前後に最適。

コールドシェイドサイクルパンツ評価!夏でも涼しいのは本当か?
パールイズミのサイクルパンツで有名な「コールドシェイド」を購入した。これまでコンフォートパンツを使ってたが、予備のパンツが欲しかったのだ。 なので、今回はコールドシェイド・ツアーパンツとコンフォートパンツを比較する。そしてコールドシェ...

アールエイチプラスのウインドジャケット。

RH Plus Cycle Jersey

ロードバイクで買い物する時にも使えるウェアを探していた。ショッピングモールやデパートでも違和感のない地味な奴を。(街乗りなら地味で良い)そんな条件を満たしたのが品番ICU574色909のウエアだった。

RH Plus Cycle Jersey

このウェアも春秋に着れる。少し厚みのあるウェアなので、気温10度以下になったら使いたい。だが機能はそれだけではない。防水防風機能も高く、厚みがあって保温性も高い。春秋は風が強い次期でもあるからこのウェアで防ぎたい。

パールイズミのブライトタイツ評価!冬でも温かロードバイクパンツ。
パールイズミのブライトタイツ(995-3DR)を買った。冬用のロングタイツが欲しかったのだ。この記事ではパールイズミのブライトタイツの性能を評価する。 ブライトタイツは冬用10度対応のロングタイツ。タイツと言ってもお尻のパッドがあるの...

アールエイチプラスの冬ウェア。

RH+のサイクルウェアは何が凄いのか?デザインと品質を徹底調査。

春秋に着れるウェアを紹介したので、次は冬ウェア。見つけたのは鉄壁の防風能力があるICU586。色は黄色03Pと赤03Pを購入。冬は寒いから暖かくすれば良い。それもそうだが、風も防がないと寒いのに変わりない。

RH+のサイクルウェアは何が凄いのか?デザインと品質を徹底調査。

その保温と防風を良質したウェアだ。さすがにTシャツの上にこれを着ただけで冬は過ごせない。インナーは別途必要だが、防寒着としての性能はかなりのもの。

気温0度前後でも活躍できる。RH+のウェアを1着は持っておきたい。

イグナイトはレースで使えるサイクルジャージ!インプレッション。
今回はパールイズミの「イグナイト」を紹介。このイグナイトはレースの為に作られ、身体に密着するサイクルジャージである。空気抵抗を極限まで防ぎ、自転車レースで勝利する。レース仕様のサイクルジャージだけあって、身体に密着する。サイズが小さく感じるほどの密着感。

ロードバイクのサイクルウェア(ジャージ・パンツ)の記事。

ツールド東北・南三陸フォンド170Kmボランティア。

コメント

スポーツライター(ブロガー)
美山走希

UTMFを目指すトレイルランナー。その前に彩の国100Kmを完走したい。ロードバイクはブルベ300Kmが目標。

美山走希をフォローしよう!
タイトルとURLをコピーしました