JCF公認ヘルメットが安い!安全規格を証明する公認シール付き(rh+)

JCF公認ヘルメットが安い!安全規格を証明する公認シール付き(rh+) ロードバイク
スポンサーリンク

JCF公認ヘルメットとは?日本自転車競技連盟公認ヘルメットで、シールが貼られている。日本自転車競技連盟と加盟団体の大会ではシールが貼られてる事が参加条件だったりする。

ファッション性が凄すぎる!斬新なデザインRH+のサイクルジャージ。
RH+(アールエイチプラス)はファッション性と機能性が優れたサイクルウェア。値段も高くて定価だと2万とか3万円する。ところがアマゾンだと破格で購入できる。安い時は3千円前後から買える。 値段は常に変動してるから頻繁にアマゾンを...

海外通販で買ったヘルメットには貼られないから日本国内で購入しよう。シールが剥がれても再発行不可。事前に透明テープで補強すべき。

rh+のヘルメット購入(Z-Zero・Epsilon)購入。

JCFのヘルメットじゃないと参加できない大会があるらしいが、遭遇した事はない。だが、安全性や強度が認められたヘルメットなのは確かだ。

スポンサーリンク

JCF公認ヘルメットは安全と耐久性が認められた製品。

rh+のヘルメット購入(Z-Zero・Epsilon)購入。

これまで無名のヘルメットを使ってきた。だが、7年間使ったら上部のプラスチックが剥がれてしまった。ノーブランド品で3000円だし、そろそろ新しいのを買いたい。

rh+のヘルメット購入(Z-Zero・Epsilon)購入。

そこで購入したのがrh+のヘルメット(Z-Zero・Epsilon)だ。rh+とはアールエイチプラスと読み、名前は全ての人に受け入れてもらえるブランドである為に血液型で大半を占めるRH+型から付けられた。

rh+のヘルメット購入(Z-Zero・Epsilon)購入。

rh+のヘルメット購入(Z-Zero・Epsilon)購入。

これまでrh+製品を愛用し、ウェアは10着持っている。デザイン性が高くて機能面も素晴らしいので使ってた。定価は数万円だが、アマゾンだと数千円で売られている。

rh+のヘルメット購入(Z-Zero・Epsilon)購入。

ウェアが良かったので、ヘルメットを2個購入した。Z-ZeroZ-Epsilonと言う商品だ。Z-Zero(マットイエローEHX6075)はエントリーモデルで、定価8500円。

rh+のヘルメット購入(Z-Zero・Epsilon)購入。

Z-Zeroは昔ながらの形状で、トゲトゲしたヘルメット。それでも通気性は抜群で軽量。サイズ調整システム「COMFORTFIT2」で、従来の横方向のダイヤルアジャスターに加え、縦方向に3段階スライドさせることが可能。

JCF公認ヘルメットZ-Epsilon(EHX6074)

rh+のヘルメット購入(Z-Zero・Epsilon)購入。

Z-Epsilon(EHX6074)はZ-Zero(EHX6075)の上位モデル。エアロ形状で空気の流れが向上した。後頭部のアジャスターは小型化され、暗い場所で反射するリフレクターが付いている。

rh+のヘルメット購入(Z-Zero・Epsilon)購入。

重さはZ-Epsilon(EHX6074)と変わらないが、上位モデルだけに高級感がある。定価は14000円だから5000円以上の差がある。このZ-Epsilon(EHX6074)にだけ専用袋が付属する。

rh+のヘルメット購入(Z-Zero・Epsilon)購入。

なので、普段はZ-Zero(EHX6075)を使って大会やイベントではZ-Epsilon(EHX6074)を使う事にする。頭部へのフィット感も良いからrh+のヘルメット(Z-ZeroEpsilon)を購入して良かった。

ロードバイク
スポンサーリンク
関連記事
音楽聴きながらトレーニングするならアマゾンミュージック。

記事を読んだらいいねしよう!
最新情報をお届けします。
この記事を友達とシェアしよう!
美山走希をフォローしよう!
メールマガジン無料登録

ブログ更新をメールでお知らせします。

トレイルランナー
美山走希

UTMFを目指すトレイルランナー。まずはFTR100K・武尊山140Km・阿蘇ラウンドトレイル完走が目標。

美山走希をフォローしよう!
トレイルランの相談はLINEで!
友だち追加
トレイルランニング大学(女性初心者講座)大会装備紹介ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました