トレイルランニング装備はこちら
Sponsored Link
人気記事一覧

アマゾン秋のランニング特集開催!最大30%割引クーポンを獲得せよ。

アマゾン秋のランニング特集開催!最大30%割引クーポンを獲得せよ。 フルマラソン
Sponsored Link

アマゾン秋のランニング特集が開催される事となった。運動会シーズンだけに掘り出し物を買っておきたい。アマゾンは不定期でクーポンを配布してるがそれは10%の物。今回はなんと!30%OFFのクーポンも配布されてるのだ。

サブ5・サブ4の練習に最適!大会で結果を出せるマラソンシューズ。
シューズのアッパーや、サイド部分には柔らかい素材が使われていて足を保護する。ソールはニューヨーク6に似ていて、滑りにくい。ニューヨーク6を履いてたなら違和感なくDSトレーナー23を履ける。サブ5からサブ4を目指すなら必須のシューズだ。

この機械を逃す訳には行かない。クーポン対象商品はマラソンシューズ・ウェア・ワイヤレスイヤホン・プロテイン・ドリンクボトル・GPS時計である。今回はブルートゥース対応イヤホンとお勧めマラソンシューズを紹介。

Sponsored Link

音楽聴くなら無線イヤホン(ブルートゥース)。

音楽を聴きながら快適にトレーニング!無線対応のスポーツ用イヤホン。

イヤホンを選ぶにあたっての基準は走ってて耳から外れない事。それでいて長時間バッテリー&防水。当然ながらブルートゥース対応である必要がある。音質にはこだわらない。今の時代どんなイヤホン・ヘッドホンを使っても品質は悪くない。防水対応も今は常識。

音楽を聴いて走るならこれを選択!高音質・長時間の無線イヤホン。

現代のブルートゥース・イヤホンでも使用時間は4~6時間程度。トレーニングで30Km以上、走るなら毎回充電が必要である。当然ながら充電中は使えないので、イヤホンを2個購入した。これで片方が充電中でももう一方を使用できる。

日々進化し続けるブルートゥース・イヤホン。

音楽を聴いて走るならこれを選択!高音質・長時間の無線イヤホン。

次に購入したイヤホンCCK(Nkomax)って奴。アマゾンのタイムセールで安かったのだ。このCCK(Nkomax)を購入したのは2017年。サウンドピーツのQYシリーズよりも進化してイヤホン部分がコンパクトになった。それでいても細くて邪魔にならない。

3つ目に購入したブルートゥース対応イヤホンは「Eonfine Bluetooth イヤホン」。2018年の最新型だけあって、コンパクトな作りだ。最初に紹介したCCK(Nkomax)との違いはリモコンが付いてる事。これで音量を変えたり、電話に出たりできるのだ。次はお勧めマラソンシューズを紹介。

Sponsored Link

5時間内完走を目指すウェーブライダー21。

アシックスニューヨーク5とミズノウェーブライダー20比較レビュー。

長年、アディダスとナイキのマラソンシューズを使ってきた。ある日、国産であるアシックスとミズノ製品を使ってみたら履き心地が良かった。それ以来、アシックスとミズノ製品を使用し続けている。東京マラソンと大阪マラソンも走った。

アシックスニューヨーク5とミズノウェーブライダー20比較レビュー。

ミズノのウェーブライダーを見て思ったのはかかと部分のクッションが分厚い。ミッドソールには特殊技術が使われていてクッション性と軽量化を両立している。ミズノ製ウェーブライダー22の良さは徹底したクッション性である。

4時間内完走ならゲルDSトレーナー23。

GEL-DS TRAINER23評価!アシックス最新作でサブ4目指して走る。

ライトレーサーTS7も軽くて走りやすいのだが、サブ4達成で有名な「GEL-DS TRAINER23」に興味があった。2月に新しいモデルが発売とあって予約した。色はもちろん、黄色を選択。今まで、黄色を履いた事が無いのだ。

GEL-DS TRAINER23評価!アシックス最新作でサブ4目指して走る。

それに黄色ならハッピーな気分になれる。ライトレーサーTS7が真っ赤だったから使い分けできる。購入後、DSトレーナー23が到着。実物を見ると全身黄色のカラーリングが素晴らしい!アマゾンの画像で見た通りだ。

GEL-DS TRAINER23評価!アシックス最新作でサブ4目指して走る。

アマゾン秋のランニング特集でシューズを購入するなら「ランニングシューズの選び方チャート」を見ておきたい。このチャートにはサブ5・サブ4・サブ3.5に分けてお勧めのシューズを紹介している。ぜひとも活用しよう。

コメント