初めてのトレイルランニングでお薦めのノースフェイスとサロモン製品。

初めてのトレイルランニング体験でお薦めのノースフェイスとサロモン製品。 ランニング用品紹介
スポンサーリンク

2013年にトレイルランナーになった私が使用した歴代装備品を公開。ハセツネCUPで使用したヘッドライトやストック。仮想STY・UTMF・UTMB対策で用意したザック等を紹介。※商品画像から詳細が見れる。

初心者向けトレイルランニング用品お薦め装備をまとめて公開。
夏真っ只中で暑い日が続くが、6月と7月は膝を痛めて殆ど走ってない。ロードバイクでのトレーニングとウエイトトレーニングがメインである。回復したら山を走りまくろう。外は暑いし、日焼けするのでスポーツジム内がいいかな。それでも寒い冬より暑い夏の方...

2013年のトレイルランナーになりたての年はどれを買えば良いのかわからなかった。なので、とりあえずアマゾンや楽天市場で見つけた物を買っていた。無知だっただけに買って失敗した事は多数ある。なので、初心者はこの記事を参考にすると良い。

スポンサーリンク

トレイルランナー初心者おすすめ装備品。

ノースフェイスとサロモンザック にハイドレーションとウエストポーチ・ランニングバイザーを並べた画像。

最初に選んだザックはノースフェイスの「マーティンウイング10」だ。これは2016年になってからも使っていた万能品だ。腰部分にポーチが2個付いていてジェルやアミノ酸等を収納できる。私が購入した時期よりも現在の最新型はもっと使いやすい。

なので、初心者にお薦めするザックはノースフェイスの「マーティンウィング10 」だ。もちろん、ハイドレーション2Lを収納可能。

プラティパスの2リットルハイドレーション(ビッグジップ)

最速で水分補給できるサロモンのハイドレーションとソフトフラスク。

初心者の時はどの位の水を持てば良いのか把握しづらい。なので大容量のハイドレーションを使うのが良い。プラティパスの通常品だと水を入れる場所が狭くてレース中でも補給に時間がかかる。

STY女子優勝の宮﨑喜美乃選手使用のTRコンポ10を評価レビュー。
改めて2015年のSTY入賞者を見てみると優勝が宮﨑喜美乃選手で2位が大石由美子・3位が上宮逸子選手。今更ながら上宮逸子選手って3位だったんだな。送別会で会った時にサイン貰っておけば良かった。でも上宮逸子選手と乾杯したぜ! 宮﨑喜美乃モデ...

そんな時プラティパスのハイドレーション「ビッグジップ 」であれば入り口が広いので、水を補給しやすい。私もビッグジップを使用していた。

スポンサーリンク

ノースフェイスとサロモン製トレイルランザックを評価。

ノースフェイスのマーティンウィング10と16のザック。

トレイルランナーになった当初から購入した装備を書いてみる。最初に購入したザックはノースフェイスのマーティンウィング10だ。一般のリュックサックと違ってその軽さと機能性に驚いたものだ。

初心者向けトレイルランニング用品お薦め装備をまとめて公開。
夏真っ只中で暑い日が続くが、6月と7月は膝を痛めて殆ど走ってない。ロードバイクでのトレーニングとウエイトトレーニングがメインである。回復したら山を走りまくろう。外は暑いし、日焼けするのでスポーツジム内がいいかな。それでも寒い冬より暑い夏の方...

マーティンウイング10腰部にポーチが付いていて収納がとても便利。トレイルランニング大会中でも即時に物を取り出せる。その一方でアミノバイタル(顆粒)のような小さいものは取り出し時に落とさないよう注意が必要。

トレイルランニング大会で人気のベスト型バックパック5選まとめ。
トレイルランニングを始めてからどれだけのバックパックを使っただろうか。ノースフェイスの「マーティンウイング」「FRレースベスト」「エンデュランスベスト」「TRコンポ」サロモンの「スキンプロ14+3セット」「スキンプロ12セット」。 ...

次に購入したのは同じノースフェイス製のマーティンウイング16 。これはハセツネCUP(日本山岳耐久レース)やウルトラトレイル・マウントフジ(STY・UTMF)に使うために購入したのだ。

女性用トレイルランニングお薦めウェアとシューズの完全ガイド。
このブログで、トレイルランニングのザック(リュックサック)やウェア・時計を紹介してきた。これからトレイルランニングを始める人向けに「まとめ記事」も書いたが、女性に特化した記事を書いてなかったので、機能性を保ちつつデザイン性も重視した商品を紹...

マーティンウイング10 より大容量なのは勿論、両サイドにストックを収納しやすい。ストックを落とす恐れもなく、確実に装備できるのは非常に助かる。その後、サロモンのスキンプロ14+3 を購入した為、使う機会がないままヤフオクで旅立って行った。

スポンサーリンク

サロモンのスキンプロとS-LAB12SET。

サロモンのアドバンスドスキン12とソフトフラスク

奥久慈トレイルレースに参戦した時、さかいやで売られていたS-LABを胸に2つフラスクを装備できる。これはいいなと思ったが、2万円もするザックは買えなかった。なので、楽天市場で安く売られていたスキンプロ14+3 を購入。

日本山岳耐久レースはこれで完走した!ハセツネCUPで使った装備。
今回はハセツネCUP完走時の装備品を公開する。2016年のハセツネCUP開催日は10月9日と翌10日。 しかし、2015年のハセツネカップは10月31日から11月1日で開催された為、夜はとても寒かった。2016年は10月上旬開催だから...

このスキンプロも胸部分に2箇所収納可能で、背中のハイドレーションと併用可能。注意点としては胸部分に小物を入れると落とす可能性がある事とフラスクは別売である事。

ノースフェイスとサロモン製トレイルランニングザックを評価。

ハセツネCUP(日本山岳耐久レース)で使ったが、使い勝手は非常に良い。背中に背負っても背負ってないかのような軽さと密着感。17Lに拡張すれば収納性も抜群!ウルトラトレイルでも問題なく使える。

UTMBで使える世界最高のザック紹介!ストック収納可能な12Lサイズ。
世界最高のザックと言えばアドバンスドスキン12セット(ADV SKIN 12 SET)UTMBだけでなく、日本国内での使用者も多い。トレイルランで使われる。サロモン・ノースフェイス・アルティメイトディレクションの中でもかなりの使用率。 ...

購入した色が黒だったので、普段の練習にも使えたが、楽天市場でS-LAB赤を購入したのをきっかけに(スキンプロ14+3 も大して使われる事無く)ヤフオクで旅立って行った。

念願のS-LAB(ADV SKIN3)12SETを評価。

ノースフェイスFRレースベストとサロモンS-LAB12SETザック

S-LAB(ADV SKIN3)12SET は楽天市場では黒が売り切れで水色と赤の在庫があった。暖色系が好きな私は赤を選択。シャア専用ならぬ私専用ザックで、通常より3倍のスピードで山を駆け抜けたいものだ。

シナノのトレイルランポール13.6プロとブラックダイヤモンド比較。
シナノのトレイルランポール13.6プロとブラックダイヤモンド比較した。トレイルランニングで使うならどちらのストックが良いのか?実際に両方使った感想を書く。シナノのトレイルランポール13.6プロとブラックダイヤモンドのウルトラマウンテンFL(...

特徴としては小物を収納する箇所が多い。フラスクも2個セットで付いてくる。さすがスキンプロの進化系だ。これがあればあらゆるトレイルランニングの大会で戦える。だが、それを使用する私自身が未熟なので、トレーニングに励まねばならん(^_^;)

トレイルランニング用シューズはサロモンがお勧め。

サロモントレイルランニングシューズ・スピードクロス4。

シューズはサロモン製をお勧めする。サロモン製はグリップ力が高くて水に濡れても水捌けが良いので乾きやすい。レース序盤で浸水しても後半までに乾いている事が多々ある。

SUUNTO9Baroは最長120時間計測!手首心拍計でトレイルランに最適。
SUUNTO9(Baro)を買ったので実機レビュー。スント9と言っても種類豊富でBaroと心拍計が付くかで値段が変わる。価格は5万円から10万円の幅がある。 「Baro」は気圧計の事であり、天気と高度を大気圧で規則する。トレイ...

また、シューズのアッパー部分が硬いので、木の根っ子に躓いた時に足を守ってもらえる。なので初心者はサロモン製が良いだろう。

シューズで重要なのは金銭を惜しまない事。トレイルランニングでのシューズ性能は命に関わる重要な選択だ。コーナーを曲がり切れずに崖から転落する事も十分ありえるのだ。

女性初心者の練習トレーニング方法を紹介!トレイルランニング大学。
これからトレイルランニングを始めたい。始めたいけどどうすれば良いかわからない。そんな人向けの記事である。一般のマラソンを走る人の中で、トレイルランに興味を持つ人も多い。 だが、ロードランナーより数が少ないトレイルランナーの友達...

自分自身の走りとサイズにあった物が見つかればそれを購入すべきだ。私はサロモンのスピードクロス3を愛用しているが、最新型のスピードクロス4 もお薦めだ。「ハセツネCUP完走の為に使用したトレイルランニング用品一覧」に続く。

トレイルランニング関連記事。

コメント

タイトルとURLをコピーしました