初心者女子のザックの容量は8L以上が最適な理由!お勧め品も紹介。

初心者女子のザックは3つから選ぶだけ!トレイルランで使うサイズ。 ランニング用品紹介
この記事は約6分で読めます。

これからトレイルランを始めるならザック(リュックサック・バックパック)が必要。だけど、種類が多くてどれを買えば良いのかわからない。

トレイルランのザックは材質・軽さ・収納性やポケットの多さなど色々あるが、中でも容量は大事。買うなら8L~12L(Lはリットル)で選ぶ。それは何故なぜか?

大会前の宿泊予約は楽天トラベルで!
大会前に予約しよう!

楽天トラベル

初心者女子のザックの容量は8L以上が最適な理由!

ADV SKIN 12 SET LC108770(SOFT FLASK)

トレイルランの練習時はともかく、大会では水食料の他に防寒着レインウェア、ファーストエイドキットを収納する。ザックが8L以下だとすぐに満杯になって入らない。

だからと言って12Lを超えると大きくて走りにくい。必要以上に大きいザックはただ重くなるだけ。だからトレイルランザックは8L~12Lの容量が必要なのだ。

トレイルランニングのザックは8L~12Lのどれを使う?

ADV SKIN 12 SET LC108770(SOFT FLASK)

トレイルランのザック容量は8L~12Lが最適とわかった。ならば具体的にどれを選ぶべきかそれぞれの大きさ(容量)で考える。

8Lサイズは普段の練習に問題なく使える大きさ。山を30Km走る程度なら8Lサイズで充分。容量が少ないので小さく、女性でも扱いやすい。

active-skin8set

8Lの容量でおすすめなザックはサロモンのアクティブスキン。( ACTIVE SKIN 8 SET)2020年の完全新作モデル。ベスト型なので、山を走る時も揺れずに安定する。

山でのトレーニングはもちろん、中距離レースでも使える10L。

the north face martin wing 10

ザックの容量が10Lあれば50Kmまでの大会に使える。それでも「必携品」が必要な大会だとギュウギュウ詰めになる。

the north face martin wing 10

防寒着レインウェアはかさばるからザックが満杯になりやすい。もちろん、必携品が必要な大会に出ないなら10Lの容量は練習でも大会でも使える万能型と言える。

the north face martin wing 10

10Lの容量でおすすめなザックはノースフェイスのマーティンウイング。ベスト型ではないものの、ウエストポーチが付いていて初心者でも使いやすい。

the north face martin wing 10

ウエストポーチはちょっとしたお菓子を入れたり、スマートフォンの取り出しが楽。ウエストポーチがあっても走りに影響しないのも嬉しい。

100マイル(160Km)レースでも使える12Lサイズ。

山を走るならサロモンのアドバンスドスキン12セットが最適な理由。

トレイルランザックの容量も大は小を兼ねる。なので、12Lの容量を選べば短距離から長距離まで使える。12LあればUTMFやUTMBのような100マイル(160Km)のレースでも使用できる

山を走るならサロモンのアドバンスドスキン12セットが最適な理由。

女性でも12Lのザックを使うのは珍しくない。「最初は8Lのザックを買ったけど、大会に出るようになったら12Lが必要だった」って事もない。

美山学長
美山学長

大は小を兼ねる。

12Lでお勧めザックはサロモンのアドバンスドスキン12セット。(ADV SKIN 12 SET)ソフトフラスク2本が付いて、ポケットも豊富。軽量なベスト型ザックで荷物を背負ってるのを忘れるほど軽い。

サロモンのアドバンスドスキン12とソフトフラスク

実際にトレイルランの大会での使用率も高いが、値段も高い。12Lの容量で価格を抑えたいなら1万円でお釣りがくるサロモンのアジャイル12セット(AGILE12T)がおすすめ。

初心者女子のトレイルランザックを容量と価格で選ぶ。

女性用トレイルランニングお薦めウェアとシューズの完全ガイド。

初めてザックを買うなら価格は抑えたい。なので、1万円前後で買えるザックを改めて紹介。とりあえず安いザックが必要ならサロモンのアクティブスキン8。( ACTIVE SKIN 8 SET

active-skin8set

ウエストポーチにスマートフォンやサプリメントを収納したいならノースフェイスのマーティンウイング10。着込むようなベスト型ザックではないからベスト型よりは揺れやすい。

the north face martin wing 10

今後の長距離レースを見据えて12Lの容量を買うならサロモンのアジャイル12セット。(AGILE 12 SET)これもベスト型ではないが、低価格(9,000円前後)で、ソフトフラスクが2本付いてくる。

Agile 12 Set

究極にして最高のザックはサロモンのアドバンスドスキン12セット。

ADV SKIN 12 SET LC108770

金額はともかく、究極のザックが欲しいならサロモンのアドバンスドスキン12セット。(ADV SKIN 12 SET)これは15,000円から20,000円する。

UTMBで使える世界最高のザック紹介!ストック収納可能な12Lサイズ。
世界最高のザックと言えばアドバンスドスキン12セット(ADV SKIN 12 SET)UTMBだけでなく、日本国内での使用者も多い。トレイルランで使われる。サロモン・ノースフェイス・アルティメイトディレクションの中でもかなりの使用率。 ...

毎年新しいモデルが発売され、外観と収納性が変更される。当然、2019年モデルと2020年モデルでは全くの別物。買うなら最新モデルを選ぶべき。

UTMBで使える世界最高のザック紹介!ストック収納可能な12Lサイズ

【結論】初心者女子は安くて揺れないアクティブスキン8に決定。

奥宮俊祐選手のトレイルランニング大会FunTrails100KのFT50体験記。

どれか1つのトレイルランザックを選ぶならアクティブスキン8セット。安くて軽いだけじゃなく、ベスト型ならではのフィット感がある。

active-skin8set

ベスト型は一般的なスポーツバッグ(リュックサック・バックパック)と違い、服のように着るタイプなので、山を走ってても揺れない。

しかもソフトフラスク2本が標準装備。通常、ソフトフラスク2本なら5千円はする。なので、ソフトフラスク付きで1万円のザックは安すぎる。

SOFT FLASK 500ml/SALOMON

初めてザックを買う初心者女子(男子)にしてはかなりの高性能。アクティブスキン8セットなら30Kmまでのトレイルレースに対応できるから最初のザックにおすすめだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました