最速で水分補給できるサロモンのハイドレーションとソフトフラスク。

最速で水分補給できるサロモンのハイドレーションとソフトフラスク。 ランニング用品紹介
この記事は約4分で読めます。

トレイルランニングの大会ならいち早く水分補給したいものだ。いちいちバックパックから取り出して給水なんてあり得ない。現在は背中に背負うハイドレーションか、胸に付けるソフトフラスクの2種類がある。

ボトル装着で快走できる!エンデュランスベルトとマンタレイの収納。
エンデュランスベルトなら水分と補給食を保持したまま快走できる。まさに夏仕様のウエストポーチだ。防水性も高いので、突然の雨にも対処できる。スマートフォンが防水でなくてもジッパーポケットに収納すれば安心。水分と補給食を持って走るのがトレイルランニングの常識。これまで山を走る時はザックだったが、エンデュランスベルトだとより軽い走りができた。

そのハイドレーションソフトフラスクの違いを紹介する。ハイドレーションもソフトフラスクもサロモンがお勧め。サロモンのバックパックを使用してるなら尚更だ。しっかしりた作りで、水漏れの心配もない。

登りに強い!コロンビアモントレイルのトランスアルプスFKTⅡ評価。
いつも使ってるのがサロモン・スピードクロス4で、2足持っている。このスピードクロス4はグリップ力に特化したシューズで、山岳地帯で無類の強さを発揮する。他にもモントレイルのバハダを使用。バハダは山も舗装路も走れる優れもの。 なの...

今回購入したのはサロモンのハイドレーションパック「SOFT RESERVOIR 1.5L(L32916800)」とソフトフラスク「L39390100L39448200」だ。

スポンサーリンク

ハイドレーションとソフトフラスクの違い。

最速で水分補給できるサロモンのハイドレーションとソフトフラスク。

ハイドレーションは背中に背負うので、水を持って走ってる感覚がない。つまり重さを感じないのだ。しかし、水は背中にある為、残量がわからない。サロモンのハイドレーションは1.5リットルなのだが、水以外の物を入れると洗うのが大変。放置してるとカビが生える。

一方のソフトフラスクは胸部分に2個装備する。ハイドレーションと違って水の残量をすぐに確認できる。ハイドレーションと違って胸に水の重さを感じる。また、均等に飲まないと左右の重さが変わって走りにくい。だが使い分けられる。

プラティパスのハイドレーション2Lを使った感想。

最速で水分補給できるサロモンのハイドレーションとソフトフラスク。

サロモンの話だけだと他社との違いがわからないので、プラティパスの使用感を書く。そもそも最初に購入したのはプラティパスのハイドレーションだった。大は小を兼ねる為、2リットルを購入した。

だが、2リットルだとトレイルラン用バックパックには大きくて入れづらい。1リットルだと少なくて大会で使いづらい。トレイルランよりも大容量のバックパックを背負う登山に使った方が合っている。

UTMBで使える世界最高のザック紹介!ストック収納可能な12Lサイズ。
世界最高のザックと言えばアドバンスドスキン12セット(ADV SKIN 12 SET)UTMBだけでなく、日本国内での使用者も多い。トレイルランで使われる。 サロモン・ノースフェイス・アルティメイトディレクションの中でもかなりの使用率...

あとプラティパスのクリーニングキットは使える。これはサロモンのハイドレーションも洗浄できるので、買いだ。ブラシが2つあるからハイドレーションソフトフラスクも洗える。

サロモンのソフトフラスクにはストローもある。

スパトレイルSTSK72Kmの必携品を準備して攻略方法を考えた。

サロモンのソフトフラスクは2種類ある。旧式の「L39390100」と新型の「L39448200」だ。基本性能は同じで、500mlの水を入れられる。違いはストローを着けられるかどうか。新型用にストローが販売されてるが、旧式用は存在しない。

シナノのトレイルランポール13.6プロとブラックダイヤモンド比較。
シナノのトレイルランポール13.6プロとブラックダイヤモンド比較した。トレイルランニングで使うならどちらのストックが良いのか? 実際に両方使った感想を書く。シナノのトレイルランポール13.6プロとブラックダイヤモンドのウルトラ...

新型のソフトフラスクは「スピード型」と呼ばれるだけあって、ストロー装備で最速の給水を可能にする。当然、旧式と新型では値段も1000円ほど違うし、ストローも別売り。なので、ストローが必要かどうかで判断したい。

ちなみに私はハイドレーションソフトフラスクの両方を使っている。大会ではハイドレーションとソフトフラスクの併用で2.5リットルまで入れられる。日本山岳耐久レース(ハセツネカップ)で活躍する。

SUUNTO9Baroは最長120時間計測!手首心拍計でトレイルランに最適。
SUUNTO9(Baro)を買ったので実機レビュー。スント9と言っても種類豊富でBaroと心拍計が付くかで値段が変わる。価格は5万円から10万円の幅がある。 「Baro」は気圧計の事であり、天気と高度を大気圧で規則する。トレイ...

あと、ソフトフラスクで好みの飲料を2種類入れられるのが嬉しいからだ。ソフトフラスクを収納するならサロモンのザックがお勧め「UTMBで使える世界最高のザック紹介!ストック収納可能な12Lサイズ」に続く。

補給食・プロテイン関連記事。

コメント

タイトルとURLをコピーしました