Sponsored Link

夏の猛暑でも快適に走る!ランニンググッズと日焼け対策を紹介。

夏の猛暑でも快適に走る!ランニンググッズと日焼け対策を紹介。 トレイルラン用品レビュー
Sponsored Link

冬は寒くて外に出たくないが、夏は暑くて走りたくない。だが、きちんとした装備をしてれば涼しく日焼けをせずに走れるものだ。まず大事なのが水分の補給。灼熱の暑さならスポーツドリンクを摂取したい。

夏の暑さと大会に勝つ為にポカリスエットとアクエリアスで水分補給。
さて目標であるウルトラトレイル・マウントフジに参戦する為、日程を考えた。 千葉アクアラインマラソンに当選したのが今年で良かった(^^)2017年はハセツネCUP に参戦するので大会を増やすと日程が厳しいし、トレイルラン以外での遠征も控えたい...

代表的なのはアクエリアスポカリスエットだ。喉が乾いてから水分を摂取するのは遅い。特に水はスポーツドリンクより体内に吸収されるのが遅い。このことから喉が乾く前にスポーツドリンクを摂取したい。重いから通販で買うと楽。

Sponsored Link

ランニングポーチとペットボトルホルダー。

ボトル装着で快走できる!エンデュランスベルトとマンタレイの収納。

街中で頻繁に自動販売機があるならそれで良いが、そうでない場合は「ドリンクホルダー」を用意したい。夏場の500mlペットボトルなんぞすぐに消費してしまうが、あるとないとでは大違い。自動販売機を見つけるまでのつなぎに使える。

ボトル装着で快走できる!エンデュランスベルトとマンタレイの収納。
エンデュランスベルトなら水分と補給食を保持したまま快走できる。まさに夏仕様のウエストポーチだ。防水性も高いので、突然の雨にも対処できる。スマートフォンが防水でなくてもジッパーポケットに収納すれば安心。水分と補給食を持って走るのがトレイルランニングの常識。これまで山を走る時はザックだったが、エンデュランスベルトだとより軽い走りができた。

ボトルが装着できるポーチは沢山あるが、お気に入りはノースフェイスのエンデュランスベルト。高価だが、ペットボトルの他にも大容量の収納ポケットが4つ付いてる。ロードだけでなく、トレイルランでも使える一品だ。

トレイルランニングならソフトフラスクを使う。

スパトレイルSTSK72Kmの必携品を準備して攻略方法を考えた。

山ではより水の重要性が高まる。山中では自動販売機は何処にもないから自分の持参した水だけが頼りだ。背中のハイドレーションを使うのも良いし、胸元のソフトフラスクを使うのも良い。サロモンから様々なソフトフラスクが発売されている。

最速で水分補給できるサロモンのハイドレーションとソフトフラスク。
トレイルランニングの大会ならいち早く水分補給したいものだ。いちいちバックパックから取り出して給水なんてあり得ない。現在は背中に背負うハイドレーションか、胸に付けるソフトフラスクの2種類がある。そのハイドレーションとソフトフラスクの違いを紹介...

ペットボトルだと飲み切って空になっても大きさは変わらない。だが、ソフトフラスクは水の容量分しか膨らまない。つまり、水を飲みきってしまえばソフトフラスクはペッタンコになる。なので、持ち運びが便利になるのだ。

Sponsored Link

夏でも日焼けさせない心構え。

春夏の日差し対策!軽くて涼しい紫外線を防ぐCW-Xのランニング帽子。

夏は日焼けして当然と思うかも知れないが、しっかりした対策をすれば夏でも日焼けしない。夏の日差しを避けるには帽子(キャップ)が必要。頭が直射日光にさらされると体全体に悪影響を及ぼす。

春夏の日差し対策!軽くて涼しい紫外線を防ぐCW-Xのランニング帽子。
日焼けしたくないので、帽子は1年中活用している。特に春から夏は必須の日焼け防止アイテムである。日焼けを帽子で防止するのだ(笑)冬でも帽子があれば暖かいからあって損はない。冬は一般的な帽子とニット帽を併用している。お陰で部屋の中は帽子だらけに...

最近は首裏まで保護する帽子も発売されている。ウルトラマラソンランナーがよく使う奴だ。決して普通のファッション用帽子を使ってはいけない。厚みがあって重いから快適に走れない。スポーツ用の帽子を準備しよう。

日焼け対策のアームカバーとレッグカバー。

水分と帽子について学んだら次はアームカバーレッグカバーだ。アームカバーも手の甲まである奴とか、指先まで長い奴もある。レッグカバーに関してはロングタイツがお勧め。これさえ履けば足全体を日焼けから守れる。

紫外線や日焼けを防ぐアーム&レッグカバーで灼熱の夏も快適に走る。
どんなに日差しの強い日でも日焼けしたくない。日焼け止めを塗っても汗で投げれてしまう。なので、アームカバーとレッグカバーを購入した。太陽に焼かれるような「ジリジリ」した感じは嫌だし、皮膚が焼けた後にボロボロと剥がれるのは嫌だ。 ...

あとは短パンにレッグカバーを付けるのも良い。レッグカバーってのはふくらはぎをカバーするもので、2000円前後で買える。トレイルランやロードバイクでも活躍する。日焼けだけでなく、足そのものを怪我から守ってくれる。

春夏のスポーツにお勧めのメンズ短パン!ランニングパンツを紹介」に続く。

トレイルラン用品レビュー
Sponsored Link
この記事を友達とシェア(共有)
星野希望をフォローする
Sponsored Link
トレイルラン・フルマラソン・ロードバイク等の趣味ブログ

コメント

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
タイトルとURLをコピーしました