Sponsored Link

雪も寒さも気にしない!アシックスのレーシンググローブ天下とは?

雪も寒さも気にしない!アシックスのレーシンググローブ天下とは? トレイルラン用品レビュー
Sponsored Link

何故、最初の画像(アイキャッチ)がカクレクマノミなのか?映画ファインディング・ニモの話が始まるのか?そうではないが、カクレクマノミのオレンジとホワイトの2色カラーが今回紹介するアシックスの「天下」を想像させたのだ。(後述)

雪も寒さも気にしない!アシックスのレーシンググローブ天下とは?

新年を迎え、2月になった。本格的に寒い季節の到来だ。走る時もそんなに寒さ対策してないが、さすがに寒い。これまでサロモンの「ACTIVE GLOVE U」を使っていた。指先が加工されてて、スマートフォンを操作できる奴だ。

Sponsored Link

サロモン・アクティブグローブU。

サロモンのアクティブグローブU。

サロモンの「ACTIVE GLOVE U」は若干厚手の作り。このことから極寒の寒さでこそ活躍する。ランニング中にスマートフォンで撮影する事もあるんだが、寒くて手袋は外したくない。そんな時、「ACTIVE GLOVE U」ならそのまま撮影できる。

真冬の寒さで使える防寒着!最新の暖かトレイルランニングウェア。
寒くて寒くて寒すぎる。毎年12月から2月のトレーニングは大変だ。春夏と違って走ってる時の体温調整も難しい。止まれば寒いし、走れば暑い。トレイルランナーはどんな状況でも走らねばならん。暑さ・寒さ・雨・風・雪・夜など。 日本山岳耐...

走っていても適度な温度で汗をかかない。この「ACTIVE GLOVE U」を2年使ったらほつれが出てきた。トレイルランは木を触ったりするからな。もちろん、縫い直せばまだまだ使える。保温性とスマートフォン操作が特長のグローブだ。

SALOMON BONATTI WP MITTEN U

雨や雪も関係ない!防水手袋と保温性が高いミッドレイヤー紹介。

雨の日でも使えるグローブを見つけた「SALOMON BONATTI WP MITTEN U」だ。ミトン型の手袋であるが、ストックを扱うには充分。上のカバーだけ外せるので、補給食を使う時も楽だ。大会でいちいち手袋外してられないからな。

雨や雪も関係ない!防水手袋と保温性が高いミッドレイヤー紹介。

SALOMON BONATTI WP MITTEN U」は薄手の作りで軽量だ。持ち運べる量に限界があるトレイルランナーに最適。極寒の寒さなら手袋を2重にすれば良い。防水性も問題ないし、サルファースプリング(Sulphur Spring)の色も気に入っている。

Sponsored Link

アシックスのレーシンググローブ天下。

雪も寒さも気にしない!アシックスのレーシンググローブ天下とは?

そしてアシックス・レーシンググローブ天下(TENKA・点火)のレビュー。まず届いて驚いたのが、右手と左手で色が違う事。オレンジ色の手袋と思ってたら左手は青色だった。これはこれで面白い。個人的には左手がオレンジの方が良かったが。

雪も寒さも気にしない!アシックスのレーシンググローブ天下とは?

持ってみた肌触りはサラサラしてて軽い。サロモン「ACTIVE GLOVE U」よりは薄手の作りだ。だからこそ、あまり寒くない秋から春まで活躍してくれる。デザインは武将の兜が描かれている。カクレクマノミみたいなオレンジも気に入っている。「アシックス・レーシンググローブ TENKA 3093A031」はこちら。

コメント

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
タイトルとURLをコピーしました