トレイルランニング装備はこちら
Sponsored Link
人気記事一覧

ボトル装着で快走できる!エンデュランスベルトとマンタレイの収納。

ボトル装着で快走できる!エンデュランスベルトとマンタレイの収納。 トレイルラン用品レビュー
Sponsored Link

夏は暑くて水分消費量が上昇する。これまで、ノースフェイスのマンタレイ(ベルト)を使ってたが、ペットボトルを収納できるウエストバックが欲しかった。アマゾンで、ロードでもトレイルでも使える収納性が高い物を探した。

最速で水分補給できるサロモンのハイドレーションとソフトフラスク。
トレイルランニングの大会ならいち早く水分補給したいものだ。いちいちバックパックから取り出して給水なんてあり得ない。現在は背中に背負うハイドレーションか、胸に付けるソフトフラスクの2種類がある。そのハイドレーションとソフトフラスクの違いを紹介...

もちろん、ノースフェイスのマンタレイも多機能で快適に走れる。夏以外の季節はマンタレイで充分だ。だが、夏だけはボトル収納の物が欲しいんでね。そして見つけたのがノースフェイスのエンデュランスベルト。まずはマンタレイを紹介。

Sponsored Link

マンタレイの豊富な収納ポケット。

ロードランナーにもお薦めノースフェイス製マンタレイベストを評価レビュー。

マンタレイ(NM61712)はベスト型のバックパックと腰に巻くベルト型マンタレイがある。今回紹介するのはベルト型のマンタレイである。ロードランナーでもトレイルランナーでもお勧めの一品である。

マンタレイの特長は高い収納性にある。ベルトの前後左右部分に4つの収納スペース(ポケット)がある。アミノバイタルスーパースポーツなら10個は入る優れものだ。500mlのペットボトルは収納できないので、ソフトフラスクで対応すると良い。

夏はボトルを収納できるエンデュランスベルト。

ボトル装着で快走できる!エンデュランスベルトとマンタレイの収納。

冒頭に書いたようにボトルを収納できるベルト。マンタレイにボトルを付けたのがエンデュランスベルトと言える。マンタレイより少し大きいので、収納性も向上している。スマートフォンも余裕で入り、カロリーメイトドリンク(缶)も入る。

ボトル装着で快走できる!エンデュランスベルトとマンタレイの収納。

ロードバイクで使う800mlのボトルも収納できた。だが、800mlだと重くてバランスが悪くなる。やはり、500mlのペットボトルを入れるのが良い。その他のポケットは3つあって、ジェルも3つ入れられる。

ノースフェイス・エンデュランスベルトで走る。

ボトル装着で快走できる!エンデュランスベルトとマンタレイの収納。

装着して走ってみても違和感はない。ロードなら30Km走に使える。だが、エンデュランスベルトが力を発揮するのはトレイルランニングだ。20Km程度の練習や大会ならザック不要である。夏にザックを背負ってると背中が暑く、汗もかく。

ボトル装着で快走できる!エンデュランスベルトとマンタレイの収納。

しかし、エンデュランスベルトなら水分と補給食を保持したまま快走できる。まさに夏仕様のウエストポーチだ。防水性も高いので、突然の雨にも対処できる。スマートフォンが防水でなくてもジッパーポケットに収納すれば安心。

ボトル装着で快走できる!エンデュランスベルトとマンタレイの収納。

これは良い買い物をした。夏にエンデュランスベルトを使い、秋・冬・春にはマンタレイを使う。水分と補給食を持って走るのがトレイルランニングの常識。これまで山を走る時はザックだったが、エンデュランスベルトだとより軽い走りができた。

コメント