トレイルランニング用品が激安超特価!
PR

CW-Xジェネレーターとエキスパート比較!ワコールロングタイツ。

CW-Xジェネレーターとエキスパート比較!ワコールロングタイツ。 フルマラソン・ハーフマラソン・ウルトラマラソン用の商品をレビューした。
この記事は約11分で読めます。

数年前にワコールからCW-Xが発売されてからずっと気になっていた。

ランナーは膝を怪我しやすいので、膝をサポートしてくれるロングタイツを探していた。

ロードバイクなら「セミロング」で良いかも知れないが、トレイルランニング(マラソン)なら日焼けしない「ロング」が良い。

Sponsored Link

CW-Xジェネレーターとエキスパート比較!ワコールロングタイツ。

CW-Xジェネレーターとエキスパート比較!ワコールロングタイツ。

初めて買うワコールのCW-Xなので、値段が手頃なのを探した。

そうするとCW-Xスタイルフリーボトムとエキスパートが候補になった。

スタイルフリーボトムは1番安いが、膝に対するサポートが無い。なので、エキスパートモデル(HXO509・HXO519)を選択した。

Sponsored Link

フルマラソンでワコールCW-Xエキスパートモデルを使う。

大阪マラソン2016サブ5目指して大阪城公園前から御堂筋を走る女性。

ネットショッピングで注文してCW-Xエキスパートモデルが到着した。

思っていたよりコンパクトなパッケージだ。実際に履いてみると程よい締めつけ感で心地よい。

実際に走ると足が疲労しにくい。いつもより長時間走ってもあまり疲れない。特に膝への衝撃が軽減されている印象。

(シーダブリューエックス)CW-X スポーツタイツ エキスパートモデル 吸汗速乾 UVカット HXO509 BE M [メンズ]

ロードでのランニングのみならず、トレイルランニングでも怪我から足を守ってくれる。

吸汗速乾素材「クールマックス・ファブリック」により、走ってても汗をかかない。春から秋にかけて活躍できる。

夏にタイツを履くと涼しさは損なわれるが、UVカット素材により日焼けをしないのは助かる。

女性用だとHXY129HXY139の型番がある。

マラソンタイツで膝とふくらはぎの痛みをなくせ!筋肉疲労軽減。
膝やふくらはぎに痛みがある。だけど、マラソン大会があって休めない。そんな時はマラソン用タイツ(スパッツ)を履こう。マラソン用タイツ(スパッツ)は腰部分から足先まで保護してくれる。具体的には筋肉疲労を軽減し、膝とふくらはぎの痛みをやわらげてくれる。

ワコールCW-Xジェネレーターモデル。

アシックスのインナーマッスルタイツとワコールCW-Xで走った感想。

ワコールCW-Xエキスパートモデルを1年使った頃、更に優れたタイツが欲しくなった。

膝だけをサポートするエキスパートよりもふくらはぎを始めとする足腰そのものをサポートして欲しかった。

CW-Xジェネレーターとエキスパート比較!ワコールロングタイツ。

なので、当時の最上位モデルCW-Xジェネレーターモデルを選択。お金を惜しんで安物を買うと失敗する。

高値でも高品質のものを選ぼう。

CW-Xジェネレーターモデルは膝・腰・股関節の他におしり・ふとももの筋肉もサポートしてくれる。

特に必要としていたふくらはぎの筋肉もサポート。

アシックスのインナーマッスルタイツとワコールCW-Xで走った感想。

急に止まってからスタートしたり、足腰をねじったり、トレイルランニングに最適。

これまで購入したジェネレーターの商品番号はHZO639・HZO659・HZO669の3着だ。

(デザインが違うだけで、機能性は同じ)

アシックスのインナーマッスルタイツとワコールCW-Xで走った感想。
CW-Xジェネレーターは着圧感があるからあまり疲労を感じない。多少、姿勢が曲がっていても真っ直ぐに矯正してくれる優れものだ。どれか1つだけタイツを買うなら「ワコールCW-Xジェネレーター」以外ありえない。同じ種類のスタビライクスとレボリューションとあまり値段は変わらないのに機能性は1番なのだから。

ワコールCW-Xジェネレーターとエキスパート比較。

CW-Xジェネレーターとエキスパート比較!ワコールロングタイツ。

ジェネレーターもエキスパートもストレッチ・吸汗速乾性素材で快適に走れる。

膝だけを気にするマラソンランナーならエキスパートモデルで充分だ。

一方、複雑な足運びが必要なトレイルランニングはジェネレーターモデルが最適。

女性用はHZY339HZY359HZY369の3種類で、デザインだけが異なる。

マラソンを始めたばかりなら、ジェネレーターモデルの効果は有り難い。

未熟なランナーでもジェネレーターが足腰をサポートしてくれる。

ハーフマラソンとフルマラソンはエキスパートでも良い。

(シーダブリューエックス)CW-X スポーツタイツ ジェネレーターモデル (ロング丈) 吸汗速乾 UVカット HZO639 KO M [メンズ]

もしくは最初にエキスパートモデルを買ってある程度使いこなしてからジェネレーターモデルを買う方法もある。

もし興味があるならジェネレーターをお試しあれ。Amazonは30日間、返品無料だ(着払い)

関連記事「アシックスのインナーマッスルタイツとワコールCW-Xで走った感想

最速で水分補給できるサロモンのハイドレーションとソフトフラスク。
トレイルランニングの大会ならいち早く水分補給したいものだ。いちいちバックパックから取り出して給水なんてあり得ない。現在は背中に背負うハイドレーションか、胸に付けるソフトフラスクの2種類がある。そのハイドレーションとソフトフラスクの違いを紹介する。
Sponsored Link

トレイルランニングシューズはサロモンかホカオネオネ。

SPEEDGOAT5 HOKAONEONE

2016年11月19日開催のFunTrails100K(以下ファントレイルズ

この大会は105KmのFTR100と52Kmを走るFT50の2種類がある。

今回は雨の中、FT50に出場した。どれだけ雨が降ろうと泥だらけになろうと完走する事に変わりないのさ。

いつもトレイルランニング大会ではサロモン製スピードクロス3を使用しているが、諸事情により使用不可。

なので、モントレイル・バハダを使用した。週間天気予報を見て雨でなければバハダが走りやすいと思いきや当日は雨。

スピードクロス3に比べてグリップ力で劣るバハダを使用するのは不安があった。

[サロモン] トレイルランニング Speedcross 4 Gore-TEX Women (スピードクロス 4 ゴアテックス レディース) Black/Black/Metallic Bubble Blue 22.0 cm
SALOMON(サロモン)
抜群のグリップ力 : 柔らかいテクニカルトレイルを捉えて離さない強力なグリップで定評のある Speedcross ラグパターンの第 4 世代です。

ノースフェイス製レインウェア雨具とワコールCW-Xタイツ。

FunTrails100KのFT50で使ったCW-Xジェネレーターやバハダの感想。
スピードクロス3履いてる時と同様に砂利道を走っていたら足元がスリップ。

転倒により大会初使用であるレインウェア「スワローテイルベントフーディー」と「CW-X・ジェネレーター」が破けてしまった。

トレイルランニング歴4年で転倒したのは初めてだ。案の定バハダスピードクロスのグリップを求めるのは無理があった。

それにしても大会初使用のスワローテイルベントフーディーが破けたのはショックだ。

ジェネレーター使用期間2年だし、ワコールでの修理経験があるから今回も修理できるだろう。

スワローテイルベントフーディーに穴が空いたショックは大会中も頭をよぎる。

レインウェアにせよランニングタイツにせよ私を守ってくれた代償だと思ってレースを続行する。

ノースフェイス製品は修理可能か?

ノースフェイスのベンチャージャケット(NP61515・NP11536ザ・ノース・フェイスの 公式通販サイト で調べると修理可能と書いてある。

内容はゴールドウイン・ウェブストアで購入した商品はゴールドウイン・ウェブストアのサポートに連絡。

それ以外で購入したノースフェイス製品は直営店に持ち込む。

ノースフェイス製レインウェア雨具とワコールCW-Xタイツの修理方法。

洗濯してから店に持って行くのだが、レインウェアだけあって水を弾いて洗えない。

仕方なくそのままノースフェイス直営店に持ち込んだ。(インターネットでも修理依頼可能

結果、修理が可能である事と修理見積もり費用2000円を言い渡されて終了。修理完了期間は未定だった。

修理完了して戻ってきたら追記する。

※追記。商品と同じ記事はないと連絡があり、似たような緑色の生地で修理した。修理まで1ヶ月と2000円掛かった。

美山走希
美山走希

トレイルランニングのレインウェア、ストライク・トレイル・フーディーはこちら。

FUJI100miの必携品に最適!レインウェアのベンチャージャケットとは?
1月にモントレイル・バハダ、2月にスマートフォン本体のRM02を買ったせいか楽天市場の期間限定ポイントが溜まった。 なのでトレイルラン用のレインウェアを購入しようと思った。これまでは防寒・暴風・雨対策でノースフェイスのインパルスジャケット(...
【レインウェア】ノベルティーベンチャージャケットとパンツ評価。
ノベルティーベンチャージャケットは毎年、新しいのが発売される。防水性とか基本は同じだが、レインウェアの「色」は変わる。2020年はバッキーバレーカーキとバッキーバレーネイビーが発売されてる。私が買った時はバッキーバレーネイビーなんてなかった。いい色だな~。
Sponsored Link

ワコールも修理可能だが、条件がある。

FunTrails100KのFT50で使ったCW-Xジェネレーターやバハダの感想。
ワコールに修理依頼するのは2度目なので、ワコールのホームページにある「お客様センター」に修理依頼する。

そうすると担当者宛に(対面受取の方法で)送るように言われる。なので、レターパックライトで郵送。

そしたらなんと「修理不可能」と告げられた。これにはガッカリ。修理できなくて送料360円も無駄になったので愕然。

※機能ラインの縫製(ステッチ)部分にかかっている、あるいはそのステッチ部から

5mm以内にある破れ(上生地のみなら修理可)により、あいにく修理ができかねますことをお詫び申し上げます。

(修理につきましては、素材の状態を拝見し、修理をいたしました後も機能が保持でき、

引き続きご着用いただけると判断しました際に対応いたしております。

丁寧な文章なのは良いが、1文あたりの文字数が多い。適宜、区切った方が良い。

ちなみに修理可能だと以下の文面がメールで届く。

アシックスのインナーマッスルタイツとワコールCW-Xで走った感想。

担当部門より修理は可能との連絡がございました。

お急ぎのところ大変申し訳ございませんが修理が出来上がり次第、ご返送させていただきます。

約2~3週間のお時間を賜りますようお願い申しあげます。

なお、修理後のご返却の着払い方法は全国一律381円のポスパケットを予定しております。

修理可能と不可能とで返送料が異なる。修理不可能だと返送料はワコール負担。修理可能だと上記のようにポスパケット381円が発生する。

さて修理できなかったワコール「CW-XジェネレーターHZO639」はどうするか?

穴を塞いで使い続けるか、ヤフオクで処分するか考えておこう。

夏でも涼しいワコールCW-Xのジェネレーター(クールタイプ)関連記事。

アシックスのインナーマッスルタイツとワコールCW-Xで走った感想。