トレイルランの知識を増やすならこちら

必携装備品を準備してFTR100に初挑戦!ファントレイルズ完走へ。

必携装備品を準備してFTR100に初挑戦!ファントレイルズ完走へ。長距離走
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク
スポーツライター
美山走希

UTMFが目標!その前に阿蘇ラウンドトレイルと武尊山140を完走したい。FTR106Km完走済み。

美山走希をフォローしよう!

2016年にFT50を完走して2017年はFTR100に挑戦。

長距離のトレイルランは安達太良山日本山岳耐久レース(ハセツネCUP)武尊山スカイビュー70の3大会完走している。

だが、ハセツネCUPは走った距離12Kmで、歩いた距離が60Kmだった。なので、実質的に過去最高距離は50Kmだ。

美山学長
美山学長

武尊山スカイビュー70の時の装備はこちら「これで完走!上州武尊山スカイビュートレイル70攻略対策とお勧め装備

緑(女学生)
緑(女学生)

野沢温泉トレイルランの時の装備はこちら「マウンテントレイル野沢温泉65Km完走時の装備と攻略方法

スポンサーリンク

必携装備品を準備してFTR100に初挑戦!

必携装備品を準備してFTR100に初挑戦!ファントレイルズ完走へ。

果たして50Kmから105Kmの大会を完走できるか?いや、完走せねばならん。数年後にUTMFに挑戦する際の5ポイントは大きい。

それに信越五岳や阿蘇ラウンドトレイルの出走条件も満たせる。

FTR100は毎年11月中旬に開催される105Kmのトレイルランニング大会。一般的に100Kmクラスの大会だと制限時間25時間前後が多い。

そんな中、FTR100は制限時間33時間と多少歩いても完走できる時間設定。累積標高差は約6658mで、定員は600人。

FTR100はドロップバックも考慮して準備。

スカイビュートレイル70の必携品と完走装備(ハピネスみなかみカップ)

雑誌の人気大会ランキングに載ったからか2016年までは定員に達するまで1ヶ月かかったが、2017年からは数日で埋まる人気大会。

FTR100はドロップバッグも駆使して完走を目指す。他のトレイルランニング大会との違いはエイドステーション。

コカ・コーラやスポーツドリンクは勿論、うどん・そば・おにぎり・シュークリーム・フルーツポンチと充実している。

コース上にある9つのエイドステーションをいかに使いこなすかも重要である。

美山学長
美山学長
緑(女学生)
緑(女学生)

FTR100の必携装備品一覧。

必携装備品を準備してFTR100に初挑戦!ファントレイルズ完走へ。

必携品は2017年も2021年でも変わらない。ただ、受付時にコロナ陰性の提示が必要なので、面倒になった。

  1. 携帯電話
  2. 携帯コップ
  3. 1リットル以上の水
  4. 食料
  5. ライト2個
  6. サバイバルブランケット
  7. ホイッスル
  8. テーピング用テープ
  9. 携帯トイレ
  10. コースマップ
  11. 防寒用長袖シャツ
  12. 防寒用ロングタイツ
  13. 保温のための手袋
  14. 耳までを隠す帽子
  15. フード付きレインウエア上下
  16. ファーストエイドキット
  17. 反射板
  18. 健康保険証
  19. ザック
  20. 電車代

まず、ザックはサロモンの「ADV SKIN 12 NH L39483300」に決定。シリーズ最新作であり、旧モデルより収納性が格段にアップした。

ホイッスルとサバイバルブランケットはこのザックに標準装備。食料はカロリーメイトやアミノバイタルのジェルが中心。

美山学長
美山学長

2021年の出走時はトレーニングパック12を選んだ。「軽くて大容量のフライトトレーニングパック12レビュー!

緑(女学生)
緑(女学生)

防寒着はベントリックストレイルジャケットだよね!「ベントリックストレイルジャケット評価レビュー!サイズ感と暖かさ

FTR100アクセサリー準備編。

必携装備品を準備してFTR100に初挑戦!ファントレイルズ完走へ。

水を入れるハイドレーション(SOFT RESERVOIR 1.5)手袋(ACTIVE GLOVE)もサロモン製品。

レインウェアの上下はノースフェイスのベンチャージャケット(NP61515)とベンチャーパンツ(NP11635)

帽子はエンデュランスビーニー(NN41671)フリースもノースフェイス製マウンテンバーサ・マイクロジャケット

ライトはジェントスのヘッドライト(HW-000X)とハンドライト(SG-325)

携帯コップはトレニックワールドの参加賞・携帯トイレはモンベルのODトイレキット

美山学長
美山学長
緑(訓練生)
緑(訓練生)

疲労軽減にCW-Xジェネレーターを選択。

アシックスのインナーマッスルタイツとワコールCW-Xで走った感想。

ロングタイツはワコールCW-Xジェネレーターモデル(HZO639)ジェネレーターは最上級品のタイツで、筋肉疲労を分散させてくれる。

長時間の移動で、疲れても姿勢の維持に役立つ。基本のカラーバリエーションが7種類で、他に限定品用の色がある。

テーピングファーストエイドキットは何処でも買えるから好きなのを選ぶと良い。後は健康保険証だな。

最後にまとめると、ザックハイドレーションレインウェアの3つは超重要。決して安物を買ってはいけない。

迷ったらサロモンノースフェイス製品を選択しよう。

スポンサーリンク

お勧めトレイルランニング装備2020年版。

  1. サロモン・ソフトフラスク飲料カップ
  2. サロモン ADV SKIN 12 SET (バックパックLC1087700)
  3. サロモン・トレイルランナーショーツ
  4. サロモン・ミッドレイヤーAGILE HZ MID M(Reflecting Pond/Acid Lime)
  5. サロモン・スピードクロス4
  6. シナノ・トレイルランポール13.6プロ
  7. ノースフェイス・ノベルティーベンチャージャケットとパンツ
  8. アシックス・レーシンググローブ天下
  9. エプソン・GPS時計MZ-500(廃盤なのでスント9がお勧め)
  10. ジェントス・ヘッドライト(300ルーメン以上推奨)
  11. パナソニック・エネループ(電池)

トレイルランニング大会関連記事。

スポーツライター(ブロガー)
美山走希

UTMFが目標!その前に阿蘇ラウンドトレイルと武尊山140を完走したい。FTR106Km完走済み。

美山走希をフォローしよう!

大会前の宿泊予約は楽天トラベルで!

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました