UTMB2021年から参加方法変更!日程や必要ポイント数はどうなる?

UTMB2017のエントリー開始!日程や必要ポイント数はどうなる? 100Km以上の大会

UTMB2021の参加方法が発表された。ずばり言うとエントリーリスト(キャンセル待ち)と参加大会の振替えはない。

これまで定員に達した大会についてはまだ定員に達しない大会に振り分ける事もあった。2021年以降はそういった仕組みがない事が確認された。

スポンサーリンク

UTMB2021年から参加方法変更!

最速でUTMFに出場する方法!エントリー資格とポイント対象レース。

近年のUTMBで最も変化があったのがTDS。これまで120Kmの大会だったが、145Kmに拡張された。UTMBに挑む前哨戦にちょうど良くなった。UTMB各種大会に参加する時のポイント数も減少した。

UTMB :171km / 10,000mD+、制限時間46時間30分、定員2,300人235ユーロ
CCC :100km / 6,000mD+、制限時間26時間30分、定員1,900人143ユーロ
TDS :145km / 9,100mD+、制限時間42時間、定員1,600人 158ユーロ
PTL :約290km / 26,500mD+、制限時間152時間、1チームにつき880ユーロ
OCC :55km / 3,300mD+、制限時間14時間、定員1,200人 73ユーロ
MCC:40km / 2,300mD+、制限時間10時間、定員1,000人
YCC:2015年から始まった高校生・大学生の15Kmレース。30ユーロ

登りに強い!コロンビアモントレイルのトランスアルプスFKTⅡ評価。
いつも使ってるのがサロモン・スピードクロス4で、2足持っている。このスピードクロス4はグリップ力に特化したシューズで、山岳地帯で無類の強さを発揮する。他にもモントレイルのバハダを使用。バハダは山も舗装路も走れる優れもの。 なの...

UTMB:2015年1月1日〜2016年12月31日に3つ以内のレースで15ポイント
CCC:2015年1月1日〜2016年12月31日に2つ以内のレースで7ポイント
TDS:2015年1月1日〜2016年12月31日に2つ以内のレースで7ポイント
OCC:2015年1月1日〜2016年12月31日に2つ以内のレースで3ポイント

UTMB10ポイントTDS8ポイントCCC6ポイントOCC4ポイント。いずれも2大会でポイントを集める必要がある。

ランニングストーンと言う新たな優先出走権。

UTMF2018DVD

これまでのポイントとは別でランニングストーン制度を導入。これはワールドトレイルランニングツアーと言う世界中の大会で指定されたレースを完走すると与えられる石(ストーン)

日本ならUTMFが対象で、6石が付与される。ランニングストーンは4年間有効なので、UTMFを3回乾燥すれば石が18個貯まり、UTMBの抽選が免除される。

  • UTMB: 10 ITRAポイント(2年以内の最大2レースで)、ランニングストーン18個
  • TDS: 8 ITRAポイント(2年以内の最大2レースで)、ランニングストーン15個
  • CCC: 6 ITRAポイント(2年以内の最大2レースで)、ランニングストーン15個
  • OCC: 4 ITRAポイント(2年以内の最大2レースで)、ランニングストーン12個

UTMB2017のエントリー開始。

トレイルランナー鏑木毅がパタゴニア神の領域で使用したTRコンポ10。
2016年12月15日からUTMB2017のエントリーが開始された。2017年のUTMBは8月28日から9月3日に開催。エントリーは1月4日(水)までで抽選結果は1月12日(木)発表。

高タンパクで筋肉増強!トレーニング後に飲むべきミルクプロテインとは?
昔はプロテインと言えば高くてまずい物だった。それが進化して今では安くて美味しい物が出てきた。とは言え、携帯性の高いプロテインはこれまでなかった。アミノ酸なら携帯できる物が豊富に売られてるが、浮遊されるタンパク質は少ない。 大会...

落選したら翌年の当選確率が2倍になる。2年連続落選なら3年目は抽選無しで出場できる。その場合でも規定ポイントは必要。エントリー料:デポジットとして50ユーロをクレジットカードで払う(落選したら払い戻し)

スポンサーリンク

日本国内で開催のUTMFはいつも悪天候に見舞われる。

ウルトラトレイル・マウントフジ2015UTMFのコースマップ。

日本国内最高峰のトレイルランニング大会UTMF。そのUTMFは2017年に開催されないと発表された。9月開催に変更した2015年と2016年に大雨に襲われて距離短縮・中止になったからだ。元々9月開催は良くないと思っていた。

UTMF完走に必要な全装備品紹介!雨具ライト電池タイツ防寒着の準備。
いよいよUTMF・STYに挑む1ヶ月前となった。ボランティアやサポート担当もそれぞれ準備している事だろう。2018年はSTYに挑戦するので、実際に必携品を揃えてみた。トレイルラン用品があまり売ってない地域もあるだろうから早めにアマゾンや楽天...

日本の9月は台風が多いからだ。同じ9月でも上旬ならまだ暖かいし、台風もそれほど来ない。だが、8月下旬にUTMBが開催されるから9月上旬にUTMFは開催できない。だからUTMBから1ヶ月後の9月下旬に設定したのだろう。

雨や雪も関係ない!防水手袋と保温性が高いミッドレイヤー紹介。
トレイルランの大会はどんな状況でも開催される。朝も夜も走り、雨も雪も走る。その為の備えが必要だし、大会での必携品としても欠かせない。ランニング用の手袋(グローブ)はいくらでも販売されてるが、防水手袋は存在しない。 アマゾンでさ...

UTMFの次回開催は2018年の春となった。春開催の方が絶対にいい。春だとトレイルランニング大会が少ないからスケジュールが重ならない。上手く行けば桜が見れるかも知れない。

でも時期的に5月開催がいいかな。4月は色々と忙しい時期だし、富士山はまだ寒いだろうから。UTMFを完走したら次はUTMBの完走を目指す!

コメント

タイトルとURLをコピーしました