トレイルランニング装備はこちら
Sponsored Link
人気記事一覧

STY麓エイドで関門閉鎖?最大の難所、熊森山から本栖湖への道のり。

STY麓エイドで関門閉鎖?最大の難所、熊森山から本栖湖への道のり。 ハセツネCUP・UTMF
Sponsored Link

麓エイドを関門閉鎖時間の23時に出発した私。次の本栖湖エイドまでの10Kmを2時間20分で通過する必要がある。これがロード区間なら楽だが、壁のような端足峠を登らなければならない。既に50Km走った状態で、登り続けるのはかなり厳しい。

UTMF・STYの装備チェック対策!雨具ライト電池タイツ防寒着の準備。
いよいよUTMF・STYに挑む1ヶ月前となった。ボランティアやサポート担当もそれぞれ準備している事だろう。2018年はSTYに挑戦するので、実際に必携品を揃えてみた。トレイルラン用品があまり売ってない地域もあるだろうから早めにアマゾンや楽天...

STY出走前は天子山が最大の難所と思っていた。だが、実際に難所となるのは熊森山で、それはそれはかなりの急登だった。その後は下りが続いて麓エイドに到着。50Km地点で走る余力は残ってない。太腿やふくらはぎは筋肉痛で歩くのがやっとだ。

Sponsored Link

麓エイドをスルーして本栖湖を目指す?

UTMFもSTYも入り乱れて走る!天子山脈から本栖湖への過酷な道のり。

麓エイドに到着したのが、22時50分だから23時には出走しなければ失格だ。ほとんど、エイドに入って出ただけだ。全然、休憩できなかったが、冒頭のように次の本栖湖を目指す。この麓エイドに間に合わなかったり、諦めたSTY選手は多く見られた。

UTMF・STYの参加案内を準備して大会当日、富士山子どもの国で受付。
ウルトラトレイル・マウントフジ(UTMF・STY)の参加案内が来ない。大会まであと2週間なのに…と思っていた。そうしたらメールで参加案内や富士山こどもの国への入場券が届いた。大会直前に連絡来るんだな。コースマップだけでも10枚以上のダウンロ...

この時点でSTYの選手はほとんどいない。周囲のランナーはUTMFの選手ばかりだ。私も次の本栖湖エイドに間に合わないと思いつつ。この先のコースを知りたいし、何処までやれるか挑戦したかった。

STYに参加してるんだが、周囲はUTMF選手だけ。

STY3位上宮逸子・TJAR完走男澤 博樹選手と仙台泉ヶ岳を走った。

それにしても92Kmを走るSTY選手よりも、170Km走るUTMFの選手の方が圧倒的に速い。女性もかなりの速度で走っている。UTMFの選手達はどんな鍛え方をしてるのだろう?もちろん、UTMFの参加条件を満たしたランナー達だから相応の走力はあるだろう。

STY静岡から山梨まで92Km走った!大会前日の過ごし方と攻略体験記。
富士山を半周(STY)する為に電車とバスに乗って10時間。静岡県こどもの国に到着。当然ながら自然一杯の光景だ。ハセツネCUPのように大勢のランナーが敷地を埋め尽くすと思いきや、そんな事はなかった。それだけ広大な敷地って事だな。 ...

それにしても麓エイドの50Km地点からゴールの河口湖まで120Kmもあるんだぞ!私がSTYの後方を走ってるのもあるが、UTMFの選手達とこんなに力の差があるとはな。そんなUTMF選手達と林道を走る。端足峠に到着した。

天子山・熊森山、端足峠と急登のフルコース。

ハセツネCUP2017は暑さで水不足に!リタイアしたらどうなるか実践。

熊森山が最大の難所なら端足峠は最後の難所。ここを過ぎればだいぶ楽になる。逆に言えば天子山・熊森山・端足峠をどれだけ速く通過して、余力を残すかが重要。そんな端足峠に差し掛かるも思うように登れない。徐々に休憩する時間が長くなる。もはや本栖湖には間に合わない。

STYこどもの国から河口湖までの山中を走れ!92Km制限時間との戦い。
2018年4月27日UTMF・STY開催当日。静岡県こどもの国で受付を済ませて装備チェック。確認されたのはレインウェア上下・サバイバルブランケット・点滅灯・ライト2個と予備電池だった。必携品を全部背負うだけでもかなりの重量だ。 ...

端足峠のコース脇で休んでいたらSTYのスイーパーが現れた。つまり、STYで最後尾になったのだ。STYの募集人数は1000人だが、参加者は980人(推測)そして、コース途中でのリタイアがいて、ビリになったって事か。

STY92Km体験感想記!天子山でUTMF選手が続々出現するも天狗岳へ。
STYで最難関の場所は天子山と思っていたが、それは序章に過ぎなかった。天子山は標高1330mだが、熊森山は標高1575mの急登。天子山は最初緩やかな登りで、頂上付近で急激な上りになる。だが、熊森山は最初からかなりの斜面を登る事となる。 最...

結局、麓エイドから本栖湖まで、4時間30分かかった。関門に間に合う為には2時間20分で通過する必要がある。足はかなりの筋肉痛で、心肺機能も低下していた。下りでさえ歩くのがやっとの状態。さらばSTYのフィニッシャーベストと完走動画。次回に続く。

コメント

TRAIL RUNNER

UTMFを目指すトレイルランナー。2019年は上州武尊山スカイビュートレイルと日本山岳耐久レースの完走が目標。

TRAIL RUNNERをフォローする

ブログ内検索

トレイルランザック・ベスト3

中級者以上でも使い勝手の良さを実感!

大容量の収納ポケット。
ハイドレーション対応。
ソフトフラスク2本収納可能。

軽量で背中に密着するから背負ってる感じがしない。
40Km以上のトレイルレースに完全対応。

ハセツネCUPやUTMFを目指すなら持っておきたい。

初心者でも使いこなせる簡単設計!
トレイルランニングの基本となる10リットルの容量を確保。

ハイドレーション対応。
胸部分にペットボトル収納可能だから自動販売機で買ってもそのまま収納できる。

☆最大の特徴は腰部分のポーチ☆
ウエストポーチのようにポケットが付いてるから携帯食料やサプリメントを収納できる。

トレイル用ザックでは珍しいピンクを採用。
・[パック容量]12.4L([主要収納容量]9.4L [サブ収納容量]3.0L)
・[ボトル容量]0.5L×1
・10個以上のポケット
・独自のトレッキングポールホルダー
・背面ポケットの前面にバンジーコー
・背面にリザーバータンクを収納可能
・エマージェンシーホイッスル付き
・ショルダーと背面は軽量で耐久性のあるナイロンメッシュ
・適応胴囲 XS/S:58~81cm MD/LG:76~102cm

トレイルラン人気記事

以下の記事を読むとトレイルランニングに詳しくなれます。

山を走るならサロモンのアドバンスドスキン12セットが最適な理由。
世界で最も使用されているトレイルランニング用ザック。それはサロモンのアドバンスドスキン12セットだ。UTMFやUTMBを含むあらゆる大会で使われている。アドバンスドスキン12セットなのは2016年モデルまでで、2017年からは「ADV SK…
速くなるウルトラマラソン・トレイルランのトレーニング方法を紹介。
フルマラソンを完走したら次の目標はウルトラマラソンを目指すランナーもいるだろう。また、ウルトラトレイルランナーとして100マイル(160Km)を目指すランナーもいる。

フルマラソンの教科書は山ほどあるが、これらウルトラ…

トレイルランやロードレースで必須の補給食やサプリメントを紹介。
これまで、トレイルランニングで使える装備品を紹介してきた。バックパック(リュックサック)やシューズ・ヘッドライト・レインウェア等。これらの装備を一通り揃えたら普段使ってる補給食やサプリメントを確認したい。充分な水分と栄養素があるからこそ力を…
最速で水分補給できるサロモンのハイドレーションとソフトフラスク。
トレイルランニングの大会ならいち早く水分補給したいものだ。いちいちバックパックから取り出して給水なんてあり得ない。現在は背中に背負うハイドレーションか、胸に付けるソフトフラスクの2種類がある。そのハイドレーションとソフトフラスクの違いを紹介…
春夏の日差し対策!軽くて涼しい紫外線を防ぐCW-Xのランニング帽子。
日焼けしたくないので、帽子は1年中活用している。特に春から夏は必須の日焼け防止アイテムである。日焼けを帽子で防止するのだ(笑)冬でも帽子があれば暖かいからあって損はない。冬は一般的な帽子とニット帽を併用している。お陰で部屋の中は帽子だらけに…
長距離走で力を発揮するアミノ酸とは?糖質と蛋白質が豊富な携帯食料。
いよいよUTMF(STY)に挑戦する。3度目の抽選でようやく当選したのだ。UTMF(STY)に出場するには2段階のステップがある。まずは必要ポイント数の獲得。その後の抽選だ。特に2017年大会は開催されなかった為、出場に4年掛かった。

最強のトレイルランニングシューズ

究極のグリップ力を誇るサロモンのシューズ。
雨・砂地・コーナーの滑りやすい場所でもシューズを信じて走れる。

抜群のグリップ力で急登でも滑らない。
泥にも強いので、過酷な場所でも使える。

舗装路を走るのは不向きである。
靴紐はドローコードで調整し、アッパー部分に収納するから絶対にほどけない。

トレイルラン初心者に最適!

スピードクロス程のグリップ力は無い。
だが、山も舗装路も走れる仕様。

一般のマラソンシューズと同じ感覚で履ける。
雨や泥がない乾いた状態なら軽いステップで走れる。

ソールが分厚いホカオネオネのシューズ。
グリップ力ではスピードクロスにかなわない。

軽い走りならバハダ3でもいい。
値段も高価である。

このチャレンジャーの特徴は疲れない事。
50Km以上のトレイルランニングレースで力を発揮する。
分厚いソールが疲労を抑え、怪我を防止する。

Sponsored Link
タイトルとURLをコピーしました