トレイルランニング装備はこちら
Sponsored Link
人気記事一覧

白馬国際トレイルランはエントリー合戦の人気大会!宿泊と完走率は?

トレイルランニング
Sponsored Link

2018年の白馬国際トレイルランに行ってきた。9月9日開催なんだが、1週間雨が続いていた。これだけ雨が降れば山の状況を容易に想像できる。白馬国際トレイルランでは熊と蜂が多いが、今大会では更なる強敵が出現した。

ハセツネCUP直前対策!水食料の必要量と夜間走行の準備を万全に。
UTMBや信越五岳トレイルランが終了していよいよハセツネCUP(日本山岳耐久レース)の時期となった。ハセツネCUPに挑戦するのは2015年の時依頼、2回目。前回は走った距離12Kmに対して歩いた距離60Kmだった。結果22時間以上かけてのゴ...

当初、大会前日と当日は小雨の予報だった。詳しく書くと、土曜日が傘が必要な程の雨で、日曜日は小雨(傘不要)となっていた。なので、レインウェアと帽子は持たなかった。だが当日は土砂降りの雨。山の中は泥だらけのスリップ状態。

Sponsored Link

白馬国際トレイルランにエントリー。

ソネット0SIM・RM02のスマホとM400HR・MZ500の時計を評価した少女。

白馬国際トレイルランは例年5月下旬から募集開始される。ロング・ミドル・ショート・ファミリーの4カテゴリーあるが、数分で終了する人気大会。ロングは54Kmで、一万円と標準的な料金設定。定員は700人である。

UTMF・STYの抽選結果発表!装備チェックして新コースを走ろう。
UTMF・STYのエントリーが締め切られ、あとは抽選結果を待つばかり。ウルトラトレイル・マウントフジ2018の抽選結果は11月21日にメール送信される。応募者はUTMF2413人(定員1400人)STY1941人(定員1000人)だ。 ...

アクセスは新宿駅から白馬村への直通「あずさ」がある。片道4時間で、特急券は2400円ほど。高速バスもあるが、予約が殺到するのですぐ定員に達する。長野駅から直接、白馬駅には行けないからアルピコ交通のバス(1800円)が必要。

白馬国際トレイルランの宿泊先。

越後カントリートレイルランと黒姫優勝松岡宏美・TJAR出場者。

白馬国際トレイルランは白馬村での宿泊が原則。エントリー後に宿泊施設の予約が開始される。必ず大会経由で予約って事ではなく、自身で予約しても構わない。やがてどこの宿に予約したかのアンケートがあるが、回答しなくても大会参加に影響はなかった。

最速で水分補給できるサロモンのハイドレーションとソフトフラスク。
トレイルランニングの大会ならいち早く水分補給したいものだ。いちいちバックパックから取り出して給水なんてあり得ない。現在は背中に背負うハイドレーションか、胸に付けるソフトフラスクの2種類がある。そのハイドレーションとソフトフラスクの違いを紹介...

白馬村はあまり交通が良くないので、県外から来る人は前泊が基本。オリンピックが開催された場所だけあって宿泊施設は豊富にある。受付会場とスタート地点は白馬駅から1Km弱の場所なので、駅の周辺に予約すべし。

白馬国際トレイルランの完走率。

大阪マラソン2016サブ5目指して大阪城公園前から御堂筋を走る女性。

例年、8割から9割と高い完走率を誇る。だが、2018年大会は全く別。連日の雨で山中は泥だらけ。登るのも下るのも滑る滑る。まるで、スケートリンクを走ってるようだ。あまりにも滑るので、序盤から渋滞発生。2歩登っても2歩戻る(滑る)状態。

UTMF・STYの装備チェック対策!雨具ライト電池タイツ防寒着の準備。
いよいよUTMF・STYに挑む1ヶ月前となった。ボランティアやサポート担当もそれぞれ準備している事だろう。2018年はSTYに挑戦するので、実際に必携品を揃えてみた。トレイルラン用品があまり売ってない地域もあるだろうから早めにアマゾンや楽天...

そんな過酷な状況でも関門時間は変わらない。結果、多くのランナーが31Km地点(おかるの穴エイド)で、回収バスに乗る事となった。最初の山で渋滞が30分あって、これが響いた。それでもロング完走率は77%と高くて驚いた。

白馬国際トレイルランにストックは必要か?

ブラックダイヤモンドのトレイルランニング用ストック(ウルトラマウンテン)

完走を目指すトレイルランナーにとって重大な問題。どんな大会でもそうだが、ストックを持つって事は1Km以上の荷物が増える事でもある。白馬国際トレイルランは舗装路も多いので、単なる重りになってしまう。

ブラックダイヤモンドのトレイルランニング用ストック(ウルトラマウンテン)

だが、岩岳を含む2つの山を超えねばならん。標高700mから1300付近まで一気に登るのでかなり大変。この急登はストックが欲しい。山でストックを使うと疲労が3割減少する。足だけで登るより格段に楽になる。

ブラックダイヤモンドのトレイルランニング用ストック(ウルトラマウンテン)

特に雨の日と急登では必須とも言える。ロングコースの54Kmは歩いてると関門に間に合わない。そんな時、ストックがあればスイスイ登って行ける。お勧めはブラックダイヤモンドのストックだ。Zポールの機能で折り畳める。これならトレイル用ザックにも容易に収納できる。

コメント