トレイルランニング装備はこちら
Sponsored Link
人気記事一覧

ハセツネ30Kへ2度目の挑戦!会場への道のりと攻略する為の作戦。

トレイルランニング
Sponsored Link

2014年春、初めてハセツネ30Kに挑戦した。ハセツネ30Kには3つの関門があるが、第3関門で引っかかる人が多いようだ。※2015年大会では制限時間が30分延長されたので、楽になった。しかし、個人的にはそれ以上の関門がある。それはハセツネ30Kの会場である秋川リバーシオに着くまでの道中である。
https://utmb.utmf.info/32km/
今回の遠征にあたってはまず、無事に「新宿駅に到着する」事が重要!(笑)以前新宿で「駅はどこですか?」と聞かれたが、私自身が迷子になってるので答えられなかった(^_^;)到着しても都会のダンジョンと言われる新宿駅をいかに攻略するかが問題^^; 何度言っても迷子になるぜ(^^)v その辺の山より難しい。

Sponsored Link

ハセツネ30K初挑戦は2014年。

スパトレイルと信越五岳トレイルランを完走する為に走り込む。
次にJRの改札口に到着する事。(第1関門)JRの改札口に到着すれば駅員が居るから聴けばなんとかなるだろう(^^) そして電車を乗り間違えずに立川駅にたどり着けるか!?迷子になる事も考慮して移動や到着時間を複数設定済み。第2関門は恐るべき「乗り換え」である!
https://utmb.utmf.info/water/
立川駅に到着後、「武蔵五日市駅」に向かう電車に上手く乗り込めるか!?これは難易度が高い(T_T) 第3関門はこれらを踏まえて制限時間内に「武蔵五日市駅」に到着できるか!?実際、武蔵五日市駅に到着しても大会会場に行くまでに受付時間を超える可能性がある。なんて恐ろしいんだ(TOT)

ハセツネCUP30K2度目の挑戦。

UTMF・STY2018の参加に必要なポイント数と資格対象レース発表。
うまく予定時間内に駅に到着できればハセツネランナーが沢山いるだろうから会場まで付いて行けば良い(^^♪ なにはともあれ完走してくるぞ!!数日前に届いたハセツネ30kパンフレットによると今大会の制限時間は7時間。昨年は6時間30分だったので30分の延長である。
https://utmb.utmf.info/time-limit/
去年も制限時間7時間だったら完走できていた。スタート直後に1時間も長蛇の列で足止めを食らい時間内完走が遠のいた。制限時間が延長された影響で朝の受付時間が短縮されている。長距離遠征する者にとって結構きつい。今回は関門数も変更され、前回は3つだったのが2つに減っている。
時間的に第3関門を通過するのが難しかったので、少しは走りやすくなったと思いたい。 去年走った時は食料を持っていったものの、途中で食べ尽くして腹減った(・ω<)チョコレートとゼリーは必須アイテムだが食料をどの程度持って行くか考えねば。無事に完走してハセツネならではの賞状みたいな完走証を獲得して来年は参加しなくていいようにするぞ(^^)v

コメント