トレイルランニング装備はこちら
Sponsored Link
人気記事一覧

山を走る爽快感!ハセツネCUPに初めて挑んだトレイルランナーの物語。

トレイルランニング
Sponsored Link

2013年6月1日トレイルランニング歴2年になった私はパソコンの前にいた。それはハセツネCUPにエントリーする為である。ハセツネCUPとは別名「日本山岳耐久レース」と言って72Kmの道のりを24時間内に完走する大会。人気があり過ぎてエントリーが困難な大会でもある。
https://utmb.utmf.info/spa-trail-2017/
ランネットの画面で30分待機してエントリー画面に繋がったかと思えば「受付終了」と表示された。初めて挑んだハセツネCUPのエントリー合戦は敗退した。今思えばエントリーできなくて良かった。何故なら当時の私にはハセツネCUPを完走する力がなかったから。

Sponsored Link

ハセツネ30Kに2度挑戦。

スパトレイルと信越五岳トレイルランを完走する為に走り込む。
2014年のハセツネCUPは実力不足なので、回避した。なので、ハセツネCUPの登竜門である「ハセツネ30K」に出場。2014年の大会は制限時間が6時間30分だった。ゴールしたものの制限時間を超えた為、完走証は得られなかった。
https://utmb.utmf.info/utmb2017/
そして2015年の4月にハセツネ30Kへ2度目の挑戦。2015年は制限時間が伸びて、7時間となった。2014年から7時間になっていれば完走できたんだが…。どうせ挑戦するならと7時間ではなく、6時間30分内の完走を目指して無事ゴール。次はハセツネCUPへの挑戦だ。

ハセツネCUP2015のエントリー完了。

スパトレイル2017四万to草津開催決定!累積標高差や難易度は?
ハセツネ30Kを無事完走したので、次の目標はハセツネCUPだ。エントリー当日は開始から3分以内に受付を済ませた。トレイルランナー中級者なら16時間内に完走できる大会だが、制限時間が24時間なので、登山家も多数参加する。軽躁なトレイルランナーに対して登山家は重装備でゴールまで歩き通す。
https://utmb.utmf.info/stsk72k/
初めての72Km・夜間走行・エイドステーション無しとあってどの食料を持つか、水分はどれだけ持つか、かなり考えた。そうして迎えた2015年10月30日は曇り空で今にも雨が降りそうだ。着替えや荷物置き場となる体育館は人で一杯。外で準備する事となった。

ハセツネCUP2015スタート!

UTMF・STY2018の参加に必要なポイント数と資格対象レース発表。
2015年のハセツネCUPには前年優勝の上田瑠偉の姿はなかった。芸能人の梅宮アンナはハセツネCUP出場予定だったが、あまりの過酷さから出場を辞退していた。ハセツネ30KやハセツネCUPは渋滞が名物。あまり後ろに並ぶと渋滞にはまり、走る意欲が削がれる。
https://utmb.utmf.info/hakuba-international-trail-run/
当時、水分より食料を多く持つ事を重視していた。その為、2.5リットルの水は第1関門前に無くなった。ハセツネCUPはエイドステーションがないから補給を受けられない。例外的に42Km地点(第2関門)に行けばポカリスエットを得られる。
まだ10Km弱の地点にいるのに(水無しで)そこまで行くのは困難。しかし、可能性があるなら挑戦すべき!第2関門目指して進むのであった。続きトレイルランニング歴3年目にしてハセツネCUPに挑戦した記録

コメント