トレイルランニング装備はこちら
Sponsored Link
人気記事一覧

やっぱり参加できなくなった!エントリー後でもキャンセルする方法。

やっぱり参加できなくなった!エントリー後でもキャンセルする方法。 トレイルランニング
Sponsored Link

どんな大会でもエントリーした全員が参加する事はあり得ない。エントリー者の8割参加が平均だろう。大会への参加エントリーは数ヶ月前から始まるが、大会当日になると仕事や怪我で参加できなくなる事もある。高額な参加費用を捻出したのに全てが無駄になる。

GEL-DS TRAINER23評価!アシックス最新作でサブ4目指して走る。
サブ4を達成するにはどの靴を履けば良いのか?フルマラソンはサブ4さえ達成できれば満足だ。と言うか、サブ4.5でも満足だがな(笑)それはさておき、靴を買うならまずはメーカーだ。これまで、ナイキとアディダスを使ってきたが、最近はアシックスとミズ...

ランネットやスポーツエントリーだと参加費用の他に手数料が取られる。ランネットなら5.15%、スポーツエントリーなら5%だ。これらの費用を支払っても参加できないとなれば残念すぎる。だが、ランネットだけは参加費用を取り返す(返金)チャンスがある。

Sponsored Link

ランネットの譲れる機能(ゆずれ~る)

ゲルDSトレーナーでサブ4確定?アシックスのマラソンシューズ比較。

参加費を取り返すと言っても全額は帰って来ないし、現金ではない。エントリー時の手数料は帰ってこないし、ゆずれーる成立時の手数料も発生する。譲る側の手数料は10%だ。(譲られる側の手数料は540円)つまり、エントリー時とゆずれーる成立時の手数料は失うのだ。

春夏の日差し対策!軽くて涼しい紫外線を防ぐCW-Xのランニング帽子。
日焼けしたくないので、帽子は1年中活用している。特に春から夏は必須の日焼け防止アイテムである。日焼けを帽子で防止するのだ(笑)冬でも帽子があれば暖かいからあって損はない。冬は一般的な帽子とニット帽を併用している。お陰で部屋の中は帽子だらけに...

それでもエントリー時の大部分は回収できる。回収したランネットポイントは次回のエントリーに使える。エントリー費用の全額を失う事を考えれば大半が戻ってくるのだから上等だ。だが、ランネットのゆずれーる機能はあまり知られてないんだよな。

実際にランネットの「ゆずれ~る」を使ってみた。

ソネット0SIM・RM02のスマホとM400HR・MZ500の時計を評価した少女。

6月のスカイライントレイル菅平と7月の北丹沢12時間耐久レースをエントリーしていた。だがそこにツールド東北の走行管理ライダー養成講座が入ってきた。走行管理ライダーは6月か、7月の特定日に受講する必要がある。しかし、養成講座は2大会と同日開催だったのだ。

音楽を聴きながら快適にトレーニング!無線対応のスポーツ用イヤホン。
ロードランナーのトレーニングに使いたいのがスマートフォンとイヤホン。音楽を聴きながら走れば苦しいトレーニングも楽しく走れる。最近はブルートゥース対応のイヤホンで走りに集中できる。ブルートゥースの仕組みを使えばスマートフォンとイヤホンを無線で...

ランネットのゆずれ~る機能で譲られた事はあるが、譲るのは初めてだ。クリック合戦になるような超人気大会なら譲渡できるだろうが、普通にエントリーできる大会ではどうだろうか?今回、ゆずれ~るで出走権を譲渡するのは北丹沢12時間耐久レースだ。

出走権譲渡は無理なのか?ゆずれ~る後6日間経過。

UTMF・STYの抽選で落選して追加募集のエントリーに挑戦した女性。

北丹沢12時間耐久レースってそれなりに有名だ。トレイルランナーなら知らぬ者はいない。(知らない奴はトレイルランナーではない)既に募集期間は終了してるので、参加したい人はいるはずだ。だが、ゆずれ~るを使ってから5日間経過。もはやこれまでか…。

長距離走で力を発揮するアミノ酸とは?糖質と蛋白質が豊富な携帯食料。
いよいよUTMF(STY)に挑戦する。3度目の抽選でようやく当選したのだ。UTMF(STY)に出場するには2段階のステップがある。まずは必要ポイント数の獲得。その後の抽選だ。特に2017年大会は開催されなかった為、出場に4年掛かった。 ...

ならば北丹沢12時間耐久レースの参加費用を全額失ってもツールド東北・走行管理ライダー養成講座に出るしかない。と思っていた6日目にランネットからメールが届いた。なんと!出走権譲渡が成立したと書いてある。やったー!これで、参加費用が戻って来る。

突然のキャンセルにはランネットのゆずれ~る。

アシックスニューヨーク4とミズノウェーブライダー19比較レビュー。

ランネットのメールには「【RUNNET】お譲り申請が成立しました」と書いてあった。北丹沢12時間耐久レースには参加費10000円と往復バス代2000円払ってたので、1080円が引かれて10920ポイント帰って来た。

紫外線や日焼けを防ぐアーム&レッグカバーで灼熱の夏も快適に走る。
どんなに日差しの強い日でも日焼けしたくない。日焼け止めを塗っても汗で投げれてしまう。なので、アームカバーとレッグカバーを購入した。太陽に焼かれるような「ジリジリ」した感じは嫌だし、皮膚が焼けた後にボロボロと剥がれるのは嫌だ。 ...

DNS(スタートしなかった)は避けたいからな。んな訳で、参加したいけど参加できなくなった、エントリーは締め切られたけど、どうしても参加したい。って時はランネットの参加権譲渡機能ゆずれ~るを使って快適なマラソン・トレイルランニング生活をしよう!

コメント