トレイルランニング装備はこちら
Sponsored Link
人気記事一覧

ランナーはコラーゲンで関節強化しつつ怪我や病気から早期回復させる。

読書・その他
Sponsored Link

マラソンランナーなら膝関節を痛める事が多い。初心者ランナーなら尚更だ。マラソンランナーでなくても膝に痛みがある人は多いだろう。膝が痛い状態から更に負荷がかかると半年や1年といった長期間走れないのは勿論、悪化すれば運動してなくても痛みが出てしまう。
https://utmb.utmf.info/importance-of-protein/
また、筋力トレーニングをすると身体にストレスが掛かり、病気に対する抵抗が一時的に落ちてしまう。そんな時に飲んでおきたいサプリメントがコラーゲンだ。コラーゲンは爪・皮膚・髪の毛を美しくする。骨を丈夫にして関節の痛みを和らげると言った効果がある。

Sponsored Link

コラーゲンの特徴。

STY・UTMF・UTMBを完走する為に購入したトレイルランニング用品。
関節痛と言えばコラーゲンの他にもグルコサミンやコンドロイチン硫酸が挙げられる。グルコサミンとコンドロイチン硫酸は関節を強化するだけでなく、関節痛を和らげるコラーゲンと似た役割がある。
https://utmb.utmf.info/supplement-amino-acids/
コラーゲンは人体のタンパク質量3分の1を占める。それほど重要な栄養素である。上記の他にも病気や怪我からの早期回復や免疫力強化・眼精疲労(老眼・白内障)に役立つと言われる。

コラーゲンを体内に吸収させる。

腸脛靭帯炎ランナーズニー治療中のトレーニングと完治期間。
コラーゲンは重要な栄養素であるにも関わらず、体内での生産能力は十分でない。一般的な食料品からも必要な量をまかなえない事が多い。コラーゲンを豊富に含む食品としてゼラチンがあるのだが、ゼラチンを食べても体内に吸収できるコラーゲンはごく僅か。
https://utmb.utmf.info/soi-protein/
それは普通のタンパク質と同様に消化酵素の働きによってアミノ酸まで分解されるからだ。ゼラチンを始めとする蟹や魚をいくら食べてもその全てがコラーゲンとして体内に入る訳ではないのだ。

コラーゲンはサプリメントで摂取する。

フルマラソン後のダメージと筋肉痛のケア、食事・睡眠・練習再開時期。
コラーゲンはそのまま吸収させる方法がある。それは「ペプチド」の状態で摂取する事だ。ペプチドとは通常のコラーゲンより小さくなった物を言う。これならコラーゲンの特徴を保ったまま体内に吸収できる。コラーゲンペプチドは通常の食事から摂取するのはとても難しい。それなのに体内で生成されないからサプリメントを使う事になる。
https://utmb.utmf.info/glutamine-supplement/
サプリメントとしてのコラーゲンは既にペプチドの状態にされてるからそのままコラーゲンの効果を発揮できる。お薦めは明治製菓の「アミノコラーゲン」である。特に「プレミアム・スターターキット」は専用のスプーンと器が付いてるので、手軽に始められる。マラソンランナーだけでなく、女性の美容や健康にもお薦めのコラーゲンだ。

コメント