トレイルランニング装備はこちら
Sponsored Link
人気記事一覧

こんなに違うロードランナーとトレイルランナーの走り方と行動心理。

こんなに違うロードランナーとトレイルランナーの走り方と行動心理。 フルマラソン
Sponsored Link

街で見かけるロードランナー(一般のマラソン選手)荷物は持たずに走るのが基本。水分や補給食はコンビニエンスストアで購入する。平坦な舗装路を驚異的な速度で走れる。常に速度と距離を意識して走る。腕時計を見る頻度は多い。

まだ舗装路でマラソンしてるの?山を走るトレイルランを楽しもう!
「走る」と言えば舗装路を走るマラソンが一般的で、競技人口も多い。運動をしてない一般人からすればフルマラソンを完走するだけでも凄い事だ。フルマラソンを完走したらどうするか?もっと速くゴールできるようにトレーニングに励むのか?もっと長い距離を走...

一方、トレイルランナーは山を走る。山で水や食料を調達できない為、全て持参する。入山前にコンビニを活用する事もある。トレイルランニング専用装備を身に着け、障害物を避けながら走るのを得意とする。時間は気にしない為、腕時計は見ない。

Sponsored Link

舗装路を高速で走るロードランナー。

大阪マラソン2016サブ5目指して大阪城公園前から御堂筋を走る女性。

平坦な舗装路を走るのが得意なロードランナー。1Kmごとのタイムを刻んで走る。ハーフマラソンやフルマラソンをいかに速くゴールするかが重要。特にフルマラソンでの4時間切り(サブ4)は市民ランナーにとって大きな目標である。

ゲルDSトレーナーでサブ4確定?アシックスのマラソンシューズ比較。
初心者からサブ4を目指すランナーへ。マラソン用ランニングシューズはナイキ・アディダス・アンダーアーマー・アシックス・ミズノと主要メーカーがある。ランナーになった当初はナイキとアディダスばかり履いていた。 ある日、国産であるアシ...

だが、山のような上下運動(登り下り)が多い地形は苦手である。障害物を避ける技術も乏しい。フルマラソン4時間のロードランナーと5時間半のトレイルランナーが同じ山を走れば5時間半のトレイルランナーが勝利する。

山は任せろ!トレイルランナー。

蔵王トレイルランニングは雨と泥の過酷な大会!烏帽子岳での急登。

障害物だらけの山を走るのがトレイルランナー。障害物なんぞあって当たり前。人間が呼吸するのと同じ感覚で、石や岩を回避する。つまり無意識の状態で、避けるのだ。山は地面が土なので、足を傷めない。舗装路は硬いから足(膝)を痛める。

中級者なら挑戦すべき50Km以上のトレイルランニング大会一覧。
トレイルランを続けていて実力が付いたら挑戦したい大会がある。40Kmから80Kmクラスのトレイルランニング大会を完走して更に上を目指すのだ。真のトレイルランナーならUTMFやUTMBを完走したいと思う。その為にも中距離のトレイルランニング大...

トレイルランナーは舗装路を走るのが苦手。同じ景色がずっと続くのも飽きる。平坦な舗装路では到底ロードランナーにかなわない。対して山中では次々に路面と景色が変化する。やはり山を走ってこそのトレイルランナーなのだ。

ロードとトレイル大会での考え。

大阪マラソンでチャレンジランの岡崎朋美さんが走ってたので驚いた女性。

ハーフでもフルマラソンでもほとんど荷物は持たないロードランナー。途中にあるエイドステーションで賄えるからだ。通常5Kmごとにエイドがあるので、水分や食料に困らない。緊急時にもすぐに助けを呼べる。

GEL-DS TRAINER23評価!アシックス最新作でサブ4目指して走る。
サブ4を達成するにはどの靴を履けば良いのか?フルマラソンはサブ4さえ達成できれば満足だ。と言うか、サブ4.5でも満足だがな(笑)それはさておき、靴を買うならまずはメーカーだ。これまで、ナイキとアディダスを使ってきたが、最近はアシックスとミズ...

トレイルランニングではエイドに期待し過ぎると痛い目を見る。エイドの間隔がまばらだし、途中で急登があれば容易にたどり着けない。コース上に自動販売機があるわけでもない。なので、背中のザックに収納して走るのだ。

フルマラソンとトレイルランニング。

仙台泉ヶ岳トレイルランで後送担当ボランティアしたら驚愕の事実が!

ロードランナーは大会で、スタートからゴールまで走り続ける。歩くのは不名誉な事で、走力不足を意味する。常に時間を気にしながら同じような速度で走る。ハーフやフルマラソンの距離は固定されているが、トレイルは大会ごとに異なる。

あなたは完走できるか?100Km以上のトレイルランニング大会一覧。
長らく日本のトレイルランニング大会で長距離と言えばハセツネCUPの72Kmだった。最近は新しい大会が続々と新設されている。それらの中でも国内最高峰のレースがUTMFである。UTMFとは富士山を1周する170Kmのレースである。 ...

トレイルの大会はスタートからゴールまで走らない(走れない)トレイルランナーは登りが得意だったり、下りが得意だったり人によって異なる。だから、苦手な場所では歩いてやり過ごすのも立派な作戦。

トレイルランの世界基準(UTMB)は170Km。

STYこどもの国から河口湖までの山中を走れ!92Km制限時間との戦い。

だが、トレイルランニング大会は山だけではなく、林道や舗装路も走る。なので、トレイルランナーは舗装路もある程度走れないと厳しい。そんな事からフルマラソンやウルトラマラソンに出場する事も珍しくない。

UTMF・STYの装備チェック対策!雨具ライト電池タイツ防寒着の準備。
いよいよUTMF・STYに挑む1ヶ月前となった。ボランティアやサポート担当もそれぞれ準備している事だろう。2018年はSTYに挑戦するので、実際に必携品を揃えてみた。トレイルラン用品があまり売ってない地域もあるだろうから早めにアマゾンや楽天...

トレイルランの世界基準(UTMB)は170Kmだからウルトラマラソンを走って鍛えるのだ。大会では必携品と言って必ず持参すべき物が決まってたりする。その他、飲料や食料を揃えるのもトレイルランナーの楽しみなのだ。

コメント