トレイルランニング装備はこちら
Sponsored Link
人気記事一覧

トレイルランナーになった経緯と参加したマラソン大会。

キスする少女。 ハーフマラソン
Sponsored Link

最近プレイしたチャイルドオブライトと言うゲーム。 値段が安いから面白くないゲームだと思っていたが、違かった。 主人公や他キャラの魅力・パーティープレイ、バトルでの敵と自分のスピードを判断しての「妨害」。

今でも女性が主人公のゲームは少ないが、女性ならではのストーリーと言った感じで面白かった(^^♪

Sponsored Link

東京マラソン2015前日。

明日、2015年2月22日は東京マラソンの日。 これまで4回応募して当選は0回。 今回はふと思い立ったので、これまでのマラソン等参加大会を書いてみた。

私が走り始めたのは2012年の5月。 元々、東京マラソンがテレビで放送されたのを見て興味はあったがランナーになる事はなかった。

そして2012年の5月は仙台国際ハーフマラソンが初めて市民ランナーに開放された年で、それをテレビで見てランナーになる事を決意したのだ(^O^)

この時の目標は2013年の仙台国際ハーフマラソンに出場する事。 しかし、舗装路を走るロードレースにいつも物足りなさを感じていた。

参加する大会をネットで検索すると「トレイルラン」と言う大会があるらしい。 なんでも自然の中を走るようだ(・∀・)

そして人生初マラソン仙台泉ヶ岳トレイルランに参加。

・・・楽しすぎる(^O^)/私の求めているものはこれだ! と思いトレイルランに全てをかけると決意したのであった。

2012年 参加レース 9月 仙台泉ヶ岳トレイルラン 9km 10月 スイーツマラソン利府 10km 11月 阿武隈リバーサイドマラソン 10km

2013年 参加レース 5月 仙台国際ハーフマラソン 6月 東根さくらんぼマラソン 8月 蔵王トレイルラン 9月 外秩父トレイルラン43 10月 山形まるごとマラソン 10月 松島ハーフマラソン 11月 湯の街飯坂茂庭っ湖マラソン

2014年 参加レース 2月 いわきサンシャインマラソン 雪で中止 3月 板橋シティマラソン 4月 ハセツネ30k 5月

外秩父トレイルラン43 STYのポイント獲得 6月 ヒュッテヤレン杯・蔵王トレイルランニング大会 7月 東和ロードレース大会 7月 富士登山競走 五合目コース

9月 トレニックワールドIN越生 エリート STYのポイント獲得 9月 仙台泉ヶ岳トレイルラン 30km 10月 千葉アクアラインマラソン

コメント

トレイルラン用品紹介

以下の記事を読むとトレイルランニングに詳しくなれます。

山を走るならサロモンのアドバンスドスキン12セットが最適な理由。
世界で最も使用されているトレイルランニング用ザック。それはサロモンのアドバンスドスキン12セットだ。UTMFやUTMBを含むあらゆる大会で使われている。アドバンスドスキン12セットなのは2016年モデルまでで、2017年からは「ADV SK…
速くなるウルトラマラソン・トレイルランのトレーニング方法を紹介。
フルマラソンを完走したら次の目標はウルトラマラソンを目指すランナーもいるだろう。また、ウルトラトレイルランナーとして100マイル(160Km)を目指すランナーもいる。

フルマラソンの教科書は山ほどあるが、これらウルトラ…

トレイルランやロードレースで必須の補給食やサプリメントを紹介。
これまで、トレイルランニングで使える装備品を紹介してきた。バックパック(リュックサック)やシューズ・ヘッドライト・レインウェア等。これらの装備を一通り揃えたら普段使ってる補給食やサプリメントを確認したい。充分な水分と栄養素があるからこそ力を…
最速で水分補給できるサロモンのハイドレーションとソフトフラスク。
トレイルランニングの大会ならいち早く水分補給したいものだ。いちいちバックパックから取り出して給水なんてあり得ない。現在は背中に背負うハイドレーションか、胸に付けるソフトフラスクの2種類がある。そのハイドレーションとソフトフラスクの違いを紹介…
春夏の日差し対策!軽くて涼しい紫外線を防ぐCW-Xのランニング帽子。
日焼けしたくないので、帽子は1年中活用している。特に春から夏は必須の日焼け防止アイテムである。日焼けを帽子で防止するのだ(笑)冬でも帽子があれば暖かいからあって損はない。冬は一般的な帽子とニット帽を併用している。お陰で部屋の中は帽子だらけに…
長距離走で力を発揮するアミノ酸とは?糖質と蛋白質が豊富な携帯食料。
いよいよUTMF(STY)に挑戦する。3度目の抽選でようやく当選したのだ。UTMF(STY)に出場するには2段階のステップがある。まずは必要ポイント数の獲得。その後の抽選だ。特に2017年大会は開催されなかった為、出場に4年掛かった。

Sponsored Link